2010年2月22日 (月)

森と田んぼのようちえん (最終回)

今回は一年間にわたって集ってきた「森と田んぼのようちえん」も、いよいよ最終回の企画となりました。

最終回にふさわしく、空は青く晴れわたり、富士山も最近の天候ですっかり雪化粧をした美しい姿を見せてくれました。

今回のテーマは、「合鴨料理」。

ホールアースでは、田んぼの一部に合鴨をいれて、「合鴨農法」という手法を使ってお米を育てています。 昨年6月にかわいい雛を田んぼに放ったのも、この企画でした。

今回は、この合鴨田んぼを一年間お世話をしていただいたリピーターの方々で、合鴨を解体していのちを頂きました。

集合して、自己紹介やプログラム説明が終わるや否や、早速とり小屋へ。

ずいぶんと大きくなった合鴨たち3匹を放って、まずは水浴び。

水鳥だけあって、とっても寒いのに水の中に入っていきました。見ているだけで寒くなってくる・・・。

さて、子供たちに抱きかかえられた鴨たちと一緒に解体作業場へ。

合鴨たちは竹ざおにつるされ、ゴルゴの説明で鴨の頚動脈を切るところから始まりました。

子ども達はいったいどんな反応をするのだろう?? ニワトリの解体を見て鶏肉が食べられなくなった、という人の話も聞いたことがあるので少し不安・・・。

ところが、解体がいざはじまってみると意外に平気そう。   むしろ、大人の方が体が強ばっている様子。  それでも、実際にナイフを手に取ると子供の目つきも真剣そのものに。

Imgp0031

血を出し切ったら、脚をとって皮をはいで、ひとつひとつ丁寧に解体をしていきます。      子ども達は、鴨の羽を背中につけて、危惧していたこともどこへやら。。。Imgp0036

初日の夜の料理は、鴨のからだにリンゴや炒めた野菜、内臓などを入れてスタッフドチキンにしたものです。 ダッチオーブンを使ってみんなで焼きました。

フタを開けると、「お~~っっ」っと歓声が! 見事にいい焦げ目がついた鳥の丸焼きが完成!!   夕飯は、豆ごはん、菜の花、春菊のサラダなどとっても美味しいものばかりが並びましたが、やっぱりみんなで焼いたチキンは格別でしたImgp0042

Imgp0054

2日目は、いつものように朝から動物達のお世話をしてから、自分達の朝食です。     そのあと、田んぼに移動して、畦の整備をしました。  お米づくりでは、畦をちゃんと整備しておくことが大切です。  やはりみんなでやる田んぼ作業は楽しい時間です。 Sany0041 Sany0018

さて、作業もほどほどに、今度はお昼ごはんの合鴨カレーの準備。

スパイスもちゃんど砕くところから始めて、合鴨も臭みがなく最終的にはとっても美味しいカレーになりました。

鴨を解体するところから始まって、実際に食する。 人間にとっていたってシンプルな営みを忘れがちな現代において、この「いのちをいただく」ことを体験して、さまざまなことを感じられました。  

「人間は、所詮他の命をいただかないと生きていけないんだなぁ~、すべて支えあってつながってるんだ・・・ということを実感できた」 という感想が個人的には印象的でした。

午後は、涙なみだの卒園式

これまで1年間やってきた「森と田んぼのようちえん」の写真スライドをみながら、しみじみと懐かしさにひたり、子ども達の自然の中でおもいっきり解放された姿を振り返る、心和む時間を過ごしました。

次に、一人ひとり思い出を語っていただき、その後、スタッフ一同で作った、合鴨の羽をつけたドリームキャッチャーを手渡しして、卒園式を終了しました。

Imgp0080

とても暖かい方達に囲まれ、子ども達だけでなく、大人もスタッフも含め、全員がこの「森と田んぼのようちえん」を通して、様々な学びと歓びを得ることができたのではないでしょうか。

この企画に携わったすべての方に感謝いたします。                           ありがとうございました。

                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

田舎日和 ~里の道楽編~ 5月

記念すべき『田舎日和』第1回目~里の道楽編~が開催されました

チョッキーもぜっきーも参加者もドキドキの初対面。
まずはアイスブレイクのゲームでみんなの強張った表情も一気に和やかに。
そして初日のメイン、いざ「田植え」へ!
参加者のほとんどが初めて田んぼの泥の感触を裸足で味わい、
手で1本1本植えることでお米の大切さを皆さん黙々とひしひしと
頭と腰で感じていたようですね。1名おしりで感じてくださった方もいましたが(笑)。
田んぼ一枚の田植えが終えられ、達成感は十分でした。 
その後、食欲旺盛なヤギたちの世話をし、その食欲に負けじ劣らず私たちも
かぁちゃんの絶品料理を頂きましたね。野菜の甘みたっぷりで最高でした。
食後には、湯面でざぶとん化していたよもぎたっぷりの野草風呂につかり、
ドキドキの1日目の疲れを癒したのでした~。

090502_6 090502_3 P1200047

2日目は座禅体験からはじまりました。
みなさん優秀で心身ともに乱れがない座禅で素晴らしかったですね!
座禅後の精進料理では、食事作法についても住職さんから教えていただきました。
感謝する気持ちと「おかわり1回」みなさんお忘れずに。
本日はワーク満載!続いて、柚野山越えへ!!
かつては使用されていて今は眠っている古道を探り辿りながら、
少々リスキーでしたが無事に稲子の地へ着くことができました。

P1200056   P1200070
電気・ガスに頼らない生活を営まれているお宅にて、
自然に沿った農法のお話やお食事をいただきました。
川のせせらぎを聞きながら、キャンドルの灯火の中での野外の食卓。
電気・ガスに頼らずに暮らすことについて、普段の生活を思い出しながら
それぞれが何かを体で感じられたのではないかと思います。
09050204_48 P1200121

あっという間の最終日。
今日は筍堀り班と野草班に分かれての収穫三昧の日でした。
近くの竹林へ、敷地内の野原へ、
みんなハンターの目でそれぞれが筍掘りや野草探しに奮闘!
そして…まさかのザザムシ漁へ。頑張って貴重な7匹捕まえてくれました。
全てみんなで収穫した筍や野草+ザザムシを料理して、
材料費ほぼゼロ円とは思えない豪華な昼食を作っていただきました。

P1200138 P1200153 P1200179

最後は、みんなの手で摘んで 揉んで さっくんの懐で発酵させた紅茶と
近所の牛舎の方から頂いた搾りたてのミルクで作った
「柚野産ロイヤルミルクティー」を片手に3日間をふりかえりました。

このあっという間な濃い3日間の体験を通して、それぞれが、思い思いに、
何かを思い、何かを感じたそんな瞬間があったら幸いです。
ふと何かを考え直すきっかけに、もしくはきっかけのきかっけになれればと思います。
そして何より、このメンバーで過ごした3日間が素敵な思い出となり、
またいつかお会いすることができたらと思います

さて、次回の『田舎日和~里の道楽編~』は7月です。
次回もお楽しみに~♪

| | コメント (2)

2009年1月12日 (月)

美しい里山シリーズ 1月 「三色だんごつくりとどんど焼き」

2009年初回の美しい里山シリーズは、前日までのお天気とは打って変わってのいいお天気。
よりいっそう美しく雪化粧をした富士山が参加者の皆さんを迎えてくれました。
今回は静岡県内(富士・三島など)から4組8名の方が集まりました。

Hujisan

まずは、いづみ加工所の佐野寿美子さんに教えていただいてお団子つくりです。
大きめのお団子はどんど焼きの時に焼いて食べる用。
握りこぶしよりちょっと小さいくらいのお団子を三又の枝に差しておきます。
残りのお団子は三色のきれいな飾りもちにします。
お団子をまるめて、いろんな形を作りました。

Make2_4  Make1  Danngo

俵型に丸めたお団子の真ん中を少しくぼませると、繭玉のできあがり。
昔、養蚕が盛んだったころには、「よい繭がたくさん取れるように」と願いをこめてつくったそうです。
寿美子さんのお話ではこの地区にも大きな製糸工場があって、80年ほど前には200人もの女工さんが働いていたそうです。
ほかにも、商売繁盛の願いをこめてソロバン珠のかたちにしたり。
ダイコンやサトイモの形をつくって農作物の豊作を祈ったそうです。
この飾りもちは、柚野の里では20日のオエベスさま(恵比寿講)の時に煮て食べるそうです。
ちなみに20日は「女正月」といって、お正月に忙しく働いていた女性が休む日とされていたということです。

今回、集まったメンバーは幅広い年齢層。
それぞれに創意工夫があふれた、色々な形の飾りもちが出来上がりました。
和菓子のようにきれいな花模様のおだんご、星だんごに月だんご、うさぎだんご・・・。
もちを蒸して冷ましたあとは、仕上げで枝にさして飾ります。
三色の色のバランスを考えてきれいに飾るには、センスが問われるところです。
作った飾りもちはお土産に家族で一つお持ち帰りとなりました。

Make3  Kazari

昼食は、みんなで持ち寄ったお弁当と、いづみ加工所の自家製味噌のお味噌汁と白菜のお漬け物がつきました。
そして特別サービスということで、自慢の手打ちそばがいただけるサプライズも!!
パン教室を開いているという参加者の方からは、全粒粉を使ったパンの差し入れもいただきました。
お腹も心も大満足のお昼ご飯になりました。

午後は佐野進司さんの案内で、道祖神めぐり。
柚野の里山に点在する道祖神さんをながめながら、道祖神さんやどんど焼きにまつわるお話を聞きました。
昔は、柚野の里でもどんど焼きは子どもたち中心でする行事でした。
地域の子どもたちが団結して準備から実施まで行ったそうです。
今のように、ゲームやおもちゃにあふれていない時代。
子どもたちにとってはこの行事が大きな楽しみだったことでしょう。

散策の道中では、畑作業をしていた近所のおばあちゃんから大根をいただけるという嬉しいサプライズもありました。
初めて大根をぬいたという子どもたちは大興奮でした。

Sinnji  Daikonhuji  

ホールアースに着いたら、一日早いささやかなどんど焼き。
12月のお正月飾りつくりの回で作った注連飾りを持ってきて焼いた方もいらっしゃいました。
三又の木に差したお団子を焼いて食べて、いづみ加工所の寿美子さんにつくっていただいたおぜんざいをいただきました。
おぜんざいに浮かぶお餅は、もちろん午前中にみんなで作ったものです。
地元の酒蔵、富士錦のおいしいお酒もいただきました。
焼きミカンにもチャレンジ。意外な味の良さ(?)に感動していました。

Yaki_2  Zentai_2

去年の秋から毎月一回、柚野地域を舞台にお届けしてきた「美しい里山シリーズ」。
4月からはさらにパワーアップして、柚野の里山のおいしい魅力をたっぷりお届けする予定です。
ご期待ください!!

(はせみ べーやん)

| | コメント (0)

2008年12月30日 (火)

美しい里山シリーズ12月 「里山・年の瀬~餅つきと正月飾りつくり」

「美しい里山シリーズ」の第3弾、年も押し迫った今月はお餅つきとお正月飾りつくりの体験です。
会場は今回もいづみ加工所。教えてくれるのは、おなじみの進士さん、寿美子さんご夫婦です。

挨拶と自己紹介をすませたら、さっそくお餅の準備。
まずは、もち米を蒸かしている間に、お餅につけて食べる具を用意します。
今日のメニューは、大根おろしのからみ餅ときな粉餅です。
なんと、きな粉は大豆を石臼で挽いてつくります。
ここで、先月のそばの回にも活躍した石臼の登場。
まるまる・コロコロの大豆の粒が、何回も石臼で挽いているうちにサラサラの粉に変わっていきます。
重たい石臼をまわすのには、お父さんたちが大活躍しました。

Img_7197 Img_7174

きな粉ができたら、そろそろもち米がいい様子。
いよいよ、お餅つきのはじまりです。
いづみ加工所の臼はとっても大きくて、重た~い杵を振り下ろせば、辺りにいい音が響きます。
ここでもまた、お父さんたちが大活躍。
子どもたちも、お父さんと一緒にがんばりました。
Img_7180_2 Img_7182 Img_7186

みんなで協力してついたお餅は、柔らかくってとってもおいしい!!
2種類のお餅と、いづみ加工所のお母さんたちが作ってくれたお味噌汁とお漬物で楽しいお昼ご飯になりました。

Hiruimg_7194   Wara3img_7201

午後はもち米のわらを使って、お正月のお飾りつくり。
大人は注連飾りを、子どもは宝船をそれぞれ作ります。

お飾りには縁起を担ぐ秘密がいっぱい。
縄の結び目は縁起を担いで七・五・三でわけます。
お飾りの材料に使う橙(ダイダイ)は「子孫代々(だいだい)の繁栄」にかけて。
ウラジロの葉には、家の裏(うら)に立派なお城(しろ)を建てるという願いがこもっています。 

お飾りつくりは細かくて根気の要る作業。
子どもそっちのけで、真剣になるお父さん・お母さんの姿がありました。
子どもたちはというと、だんご隊長と柚野探検隊を結成しご近所の探検に出掛けていきました。
大人たちは子どものいない間に、最後の仕上げ。
御幣や旗を飾って、完成です。

Waraimg_7202 Kazariimg_7236 Funeimg_7237

自分で作ったお飾りとお餅をお土産に持って解散となりました。
2009年がよい年になりますように。

次回は、1月10日(土)。柚野の里山でどんど焼きと、三色団子つくりです。
お正月にお宅で飾りつけたお飾りを持って、ぜひ柚野の里山へ遊びに来てください。

(だんご、べーやん)

| | コメント (0)

2008年11月16日 (日)

美しい里山シリーズ11月「そば刈りとそばうち」

「美しい里山シリーズ」第2弾の主役は、『そば』

まずは小雨交じりのお天気の中、そばを刈ります。
みんなで協力して刈ると、早いはやい!
見る間に、そばがはざ掛けされていきます。

Pb160013   Photo


今回刈り採るそばは、9月ごろ田んぼに種を蒔いたもの。
成長が早く、種まきから収穫までの時間が短いのが、そばの特徴です。
柚野の里では、稲刈りは8月の末ごろに終わります。
稲刈りが終わった後の田んぼにそばの種を蒔いてそば畑にしています。

そば刈りの後は、石臼を使ってそば粉ひき。
昔ながらの石臼は、ゴトゴトと音を立てながらまわります。
けっこう力がいる作業で、なんども繰り返して挽いているうちにだんだんと石臼が重くなっていきます。
子どもも大人も協力して頑張って廻しました。
5回、6回と繰り返しているうちにやっとそば粉の完成。
とっても時間のかかる気長な作業です。

Photo_2 Pb160046 Photo_3

お昼ごはんは、炊き込みご飯とハヤト瓜のお味噌汁。
そして、柚野の里山で採れた野菜を使ったお漬物や和え物などが4品並びました。
地元でとれた物をたっぷり使った食事にお箸がすすみます。
「うちの子は普段こんなに食べないのに」とびっくりしているお母さんもいました。
昼食後は、講師の佐野進士さんの案内で柚野の里山散策ミニツアーも行いました。

お散歩をして小腹がすいてきたら、いよいよそば打ち体験です。
いづみ加工所のおかあさん達に教えてもらいながら、そばを打ちます。
そば粉をこねてのばしてと、見様見真似でやってみますが、
簡単そうに見えても自分でやってみるとなかなかうまくいきません。
おかあさん達の熟練の技に感心しきりです。

Pb160100  Pb160109

完成したそばは、挽きたて打ちたて茹でたてで大満足の出来でした。
そば粉をお湯で練って食べる、そばがきもおいしい!!

来月は、お餅つきとお正月飾りつくりです。

(だんご、べーやん)

| | コメント (0)

2008年10月12日 (日)

美しい里山シリーズ 10月「里山の静かな名月 ~小麦まんじゅうと十三夜」

 
10月の気持ちいい秋晴れの日。はざかけの風景がとてもきれいな柚野
でのゆったりとした2日間。

1日目はススキを取りに行き、小麦まんじゅう作り。いづみ加工所の地域
のおかあさん方に教わりながら作ります。手作りのおまんじゅうの中身は
餡と栗の渋皮煮。なんとも贅沢です。蒸すとぷくーっとふくれあがって、
ふわふわ。夕食の稲荷寿司と巻き寿司も作りました。

夕方、温泉であったまった後に、お月見夕ご飯。田んぼにござを引いて
お月様を眺めながら。栗ときのこの煮物やお漬物、ふかしたさつまいも
…などなどのいづみ加工所のおかあさん方が作ってくださったお料理は
心がほっとする里山の味。おいしすぎて、みんなおかわりをいっぱい
しました。デザートはもちろん、小麦まんじゅう。別腹です。
地元酒蔵の湧水で作られたお酒も最高の味わい。
「お月様が動いてるー」子どもたちの声。素敵な夜の時間。

宿泊は佐野さんのご自宅。夜はしんじさんの柚野のお話。アルバムの
たくさんの写真を見せていただき、柚野の様々なお話を聞かせていた
だきました。

翌朝、早起きして、清らかな水が流れる三区用水沿いをお散歩。
朝の澄んだ空気の中でのお散歩は気持ちいいものです。

2日目はこんにゃく作り。こんにゃくいもからの手作りこんにゃく。
すりつぶしたこんにゃくは混ぜるほど粘り気が出ます。すくって、
手で丸めると…まんまるのぴかぴかに輝くこんにゃく玉。

お土産に小麦まんじゅうと手作りこんにゃくを持って帰りました。

次回、11月は蕎麦の実の収穫と蕎麦うち体験をやります。
里山でゆったりした時間を過ごし、おいしいものを食べたい方、
ぜひ柚野へお越しください。

(だんご、なっち)

Photo_2Photo_5
Photo_6Photo_3
Photo_8Photo_9

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

週末ワークキャンプ9月

稲穂の頭が垂れ、黄金色の里山で2日間。いい汗をかきながら、
地域の環境整備を支援する作業と食欲の秋を楽しみました。

竹林整備の初日は、地域のお寺へつなぎでGO!10mを越す大きな竹を間伐して、
手分けをして枝葉を落としました。切った竹はキャンプのティピーの柱の部分に使用されます。
夕食ではみんなで拾った栗をいれた栗ごはん&竹のコップで「お疲れサマ~!」。

2日目、田んぼ作業です。虫たちとたわむれながら、ヒエとり・稲刈りに精を出しました。
昼食は、昨日の竹で樋を作って、2008ラスト流しそうめん。団欒しながら作業をふりかえりました。

たくさん笑ってたくさん汗かいた1泊2日。次回は11月23、24日に行います。

(ジミー)

1_3 2_2 3_2

4_2 5_2 6_3

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

週末ワークキャンプ6月

梅雨に入り、濃い緑色が綺麗な里山での2日間。いい汗をかきながら、
地域の環境整備を支援する作業を楽しみました。

初日は、地元の特産「芝川のり」の保全作業。
芝川のりを研究をされている石川先生(先生もワークキャンプ参加!)より
レクチャーを受けました。
のりのつくところも近年減少している状況がわかり、その貴重な生育している場所へ
行きました。
のりには日光が必要ですが、用水路にはまわりから草が多い茂ってます。
のりの復活・保全に向けて、みんなで草刈り作業をして、用水路に日が届くように
しました。
石川先生立会いの下、のりを少し採取して、その特徴を調べたり、ついている虫
(ブヨの幼虫)を水洗いして、干しました。

2日目、昨日よりも強い雨。午前中はロープワーク教室を行い、現場作業や農作業で
必要な「つかえる紐の結び方」を楽しく行いました。
その後は田んぼでヒエとり作業。カエルの気持ちになってチャポチャポと田んぼを
巡りました。

たくさん笑ってたくさん汗かき、里の恵みも味わった1泊2日。
次回は9月14~15日に行います。

(ジミー)

PhotoPhoto_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5 Photo_6 

| | コメント (0)

2007年6月23日 (土)

アウトドアクッキング初夏

6月23日、行われた梅雨時のアウトドアクッキング

近づきつつある梅雨前線にやきもきしながら
迎えた当日。なんとピーカンな太陽がさんさんと輝く
天気に恵まれたのでした!

集まった13名の参加者は年代も参加した理由も様々。個性豊かな自己紹介
で一笑いしました。

そして今日のメニューの発表!

~メニュー~
溶岩窯の焼きたてピザ
野菜ごろごろローストチキン
窯焼きパン、ねじねじパン
デザート お楽しみ♪

P1060179

ローストチキンに歓声を上げた参加者全員、
まずは野菜の収穫に畑へ。
森と畑の幼稚園の参加者がつくった野菜を
少し頂きました。
ぐんぐん育っているきゅうりやダイコンを
収穫。リッパなラディッシュも間引きしました。

P1060182

もどってさっそくローストチキンづくり。
まるごとの鶏が二羽。そのときすぐ側にホールアースの鶏がやってきて、
参加者たちは「まさか・・・」。
今回は近くの養鶏所からいただいた鶏でしたが、
まるごとのインパクトは強かった!

岩塩とハーブ、こしょう、にんにくで味をつけたら、
おなかのなかにセロリ、そしてきゅうりや
ラディッシュもつめてみました。
あとはダッチオーブンにいれるだけ!
まるごとの野菜もごろごろと入れて焚き火にかけます。

お次は富士山の溶岩で出来た石窯でピザを焼きました。
天然酵母でふくらんだピザ生地をのばして好きなトッピング。
1分もたたないうちに焼ける溶岩窯の威力にみんなビックリ!
アツアツのところをいただきました。
ミニピザを13等分する素敵なみなさんでした。

P1060194

スタッフのワカお手製の梅ジュースを飲んで一呼吸つき、
ちょっと窯の温度が下がったところで、今度はパンづくり。
枝を拾ってきてパン生地を巻きつけたねじねじパンも焚き火にかざして
焼いてみました。

その間にダッチオーブンにまかせてあったローストチキンがこんがりと
黄金色に焼きあがり、お食事タイム!

P1060196 P1060214 P1060219_1

いただきま~すの声とともにぱくぱくぱくぱく・・・。
千切りの達人作の「向こう側が透けて見えるラディッシュ」に
感嘆の声をあげてサラダを食べ、ローストチキンの味にうなり、
こんがり焼けた窯焼きパンの姿をカメラでパチリパチリ。そしてモグモグ。
「自然の中で、みんなで食べるとおいしいね」との参加者の一言に
うなずきました。

みんなお腹いっぱいかな・・・と私が心配していると、
「デザートは別腹!」とキラリ輝く女性陣の目。
短時間で出来るアウトドアのごちそうデザートと言えば・・・

焼きリンゴ。くるりと芯を抜いたりんごにバターとレーズン、
お砂糖をつめてダッチオーブンにそっといれ、
後はダッチにおまかせ!

ツリーハウスと芝川の清らかな水の流れる川辺におりて思い思いの時間をすごしました。
ハンモックにゆられてお昼寝していた参加者も・・・(^^)

できた~!と、焚き火とダッチの扱いに手馴れた参加者が
焼きりんごの出来上がりを告げ、それを持って風の通り道のある小屋へ。

デザートに舌鼓をうったあと、
子どもたちはハンモックにゆられたりヤギと遊んだり。
オトナは今日インパクトに残ったことをそれぞれ5文字か7文字で考え。
組み合わせて俳句を詠みました。

ハンモック はらいっぱいよ ナイスデイ

肉汁が マイナスイオン 川の音

せせらぎの かおりただよう かわのおと

丸焼きだ ピザの早焼き ごちそうさま

(誤字脱字はないですよ!)

最後まで和気あいあいとした雰囲気の中一日は幕を閉じたのでした。
秋はきのこやサツマイモ、旬の素材をつかったアウトドアクッキング。
今から楽しみです。

| | コメント (0)

2006年11月18日 (土)

田んぼガッツ村 第八回

田んぼガッツ村 第八回
「脱穀と刈りあと運動会」

先月無事稲刈りを終えて、今月は脱穀。
稲がもみになります。

当日は秋晴れの晴天。脱穀日よりです。
参加者は10名ちょっと。なじみの顔の常連さん
に加え新しい方も来てくれました。

ヤギ村長のお言葉のあと、早速脱穀にかかります。
今日の手順は
稲からもみをはずす「脱穀」と
もみを選別していいもの(お米が入っているもの)を分ける「選別」
の二つです。
Imgp9318_2
ここで道具の登場「足踏み脱穀機」です。
踏み台を踏むとドラムが回転して、そこに稲を当てると
もみが飛んでいきます。

タイミングよく力をこめて踏まないと回りません。がんばって回してます。

つぎの道具は「唐箕」(とうみ)。
ハンドルを回すと風がおこり、こImgp9322_2の風でいいもみ、悪いもみを分けていきます。

下からお米がドンドン落ちてきています。
左側の穴からはわらくずなどのごみが出て行きます。

みんながんばって作業してくれました。
午後にはすべての稲を脱穀し終わりました。

それからは運動会の開始です!
第一競技は「田んぼ障害物競走」
Imgp9341
田んぼのでこぼこしている上を
  みんなかけていきました。


写真は資料袋ぴょんぴょん競争。 うまく飛ぶのは難しい。。

Imgp9348_1
次は田んぼサッカー。

最後はPK戦になる接戦となりました。

11月でも暑くなるくらいにみんな走り回りました。

みんな脱穀おつかれさま。
来月はピカピカの新米を用意して待ってるよ~。

鈴木ポール

| | コメント (0)