« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年2月

2009年2月 3日 (火)

親子サイエンスツアー④

親子サイエンスツアー2008年度最終回。

数日続いていた雨が上がり、富士山が顔をのぞかせ、
6組15名の親子を堂々と迎えてくれました。

今回は初めてホールアースの敷地内でののんびりプログラム。
テーマはずばり「溶岩」。

溶岩の特徴を最大限に体験しました。

まずは火山○×クイズでビジョンの共有。
意外とトリッキーで、3問全問正解は2名となりました。

どうしてバ~ツ~?ということで、早速実験!
コーラの噴火は親子で大盛り上がり♪
スコリアのお菓子もマグマがあふれ出した子もいたけど、
失敗は成功のもと。でも電子レンジでブレーカーがあがって
しゅーりょーー(終了)…。
ホットケーキミック:ココア:水=1:1:1でうまくいくので
家でもぜひチャレンジしてみてね。
2つの実験が終わり、七輪でずっと熱していた溶岩をみんなでのぞくと
赤黒い塊が顔をのぞかせました。
ただし、やりたかったガラス状の繊維に伸ばしたい溶岩パウダーの
入ったるつぼはひっくり返ってしまい、観察することができませんでした。
やはり実験はなかなかこちらの思いどうりにはいきませんね。
大量の汗をかいたジミーでした(^_^;)

お昼はアイボン特製のピザを溶岩釜でやきます。
思い思いにトッピングをし、釜で一気に焼きました。
お皿洗いを手伝っていただいたお母さん、助かりました。感謝です!

サイトには動物たちも放牧中。食後はヤギ達やロバのメイ、
ポニーのダンに草をあげてくれ、いいふれあいができました。
他の子供達も見守ってくれたお父さん、ありがとうございます!

まだまだ、冬の最中で、午後の日陰では寒くなってきます。
午後は森の家で、溶岩染めプログラム。

あんなに硬い溶岩も指紋の溝に入るぐらいに細かくすれば、
顔料染めも可能です。
自分オリジナルのデザインをクレヨンで描き、スペースを
溶岩液で塗っていき、仕上げ準備。
家でしっかり乾かして、水洗いをして、再び乾かしたら完成です。
ぜひ普段の生活でランチョンマット(または箸袋)を使ってください。

最後はふりかえり。

科学とは宇宙(地球)に含まれるすべての事を理解するための方法で、
「なぜ?」は科学への一歩目です。

自分自身がドキドキワクワクする観察、実験を通して、毎回新たな気付きや
アイディアが浮かびます。

子供と大人が同じ目線で一緒に考える、夢中な時間が理想です。
来年度も富士山の発見、そして自然の奥深さに一緒にチャレンジして
楽しみましょう!

1年間ありがとうございました。

(ジミー)

1 2 3

4 5 6

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年4月 »