« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月23日 (火)

洞窟アドベンチャー

今日は久しぶりの大晴天!
富士山がこんな綺麗に見える日はホントに久しぶりです。

それでは、富士山のお腹の中。
洞窟に行ってきます~

まずは、晴天の樹海をゆっくり散策。
秋の樹海はキノコだらけ!
細長いキノコから、オバケ舞茸みたいのまで様々。
みんな食べたいみたい・・・です。

そして、洞窟へダイブ!
せまーいトンネルを抜けると・・・
なんと!コウモリが寝てました。
かわいいコウモリの横を静かに抜けて、奥へ
ホントの洞窟の姿、真っ暗闇を体験。

お次は極せまの洞窟へ
みんな体をくねらせ、進みます。
せまーいとこから
外に出たときの開放感と言ったら・・・

最後は氷の洞窟。
氷の上をすべりまくり、
夏にアイススケートが出来るなんて(笑)

秋晴れの樹海で子どもに戻った、大人たちでした。

(じゅんじゅん)

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

満月カヌー~9月15日~

満月カヌー2日目を行いました。
明らかに雲が多く、雨が降りそうな天候でした。

ただ、今日は見えないだろうと思う日に、
満月が見えたり、逆の日があったり、
自然の天候を気にしても、なるようにしかなりません。

そんな中、富士山周辺の方から東京の人まで
さまざまな人が集まり、あるがままの自然を満喫していただきました。

夜の雨の本栖湖でのカヌー、特別な時間でしたね。

今回の目玉は初めての試み、
柚野の妙泉寺の副住職とのコラボ企画でした。
人が近づけない、富士山の溶岩の岸辺で、
満月の下(満月は見えないけど、雨は降っているけど)、
「満月とお釈迦様」のお話。
弟子に伝える場面の再現など、
私にとっても貴重な経験となりました。

最後にトラックの中で、みんなで話したことも、
懐かしいですねー

今年の満月カヌーはこれにて終了。
興味のある人は、来年をお楽しみに!
(ちょっきー、ごるご)

| | コメント (0)

清流シャワークライミング

夏の最後の遊び、清流シャワークライミングを楽しみました。

初めてであった仲間と協力しての滝登り、
ひざに乗ったり、おしりを押してもらったり、
全員で滝を乗り越えていきます。

親子での参加や、
夫婦での参加や、
一人での参加など、
参加のしかたはいろいろですが、
人と人とのつながり、
人と自然とのつながりを感じれたのではないでしょうか。

夏よ、さようなら~

P8310070 P8310056 P8310071 P8310074

| | コメント (1)

2008年9月16日 (火)

週末ワークキャンプ9月

稲穂の頭が垂れ、黄金色の里山で2日間。いい汗をかきながら、
地域の環境整備を支援する作業と食欲の秋を楽しみました。

竹林整備の初日は、地域のお寺へつなぎでGO!10mを越す大きな竹を間伐して、
手分けをして枝葉を落としました。切った竹はキャンプのティピーの柱の部分に使用されます。
夕食ではみんなで拾った栗をいれた栗ごはん&竹のコップで「お疲れサマ~!」。

2日目、田んぼ作業です。虫たちとたわむれながら、ヒエとり・稲刈りに精を出しました。
昼食は、昨日の竹で樋を作って、2008ラスト流しそうめん。団欒しながら作業をふりかえりました。

たくさん笑ってたくさん汗かいた1泊2日。次回は11月23、24日に行います。

(ジミー)

1_3 2_2 3_2

4_2 5_2 6_3

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

満月カヌー

今日は中秋の名月
日本有数の透明度を誇る本栖湖で満月カヌー
あたりは漆黒の闇。聞こえるのは湖面でわずかに波打つ水の音だけ
そんな中、水面を静かにカヌーで漕ぎ出す・・・

こんな静かな夜がいままであっただろうか

ポツリポツリと雨粒が落ちてきて、んー、今日はだめか!?と半分あきらめていたところ、雲の間から、まんまるい月が顔を出した。するとカヌーをこぐ皆の姿がモノトーンの映像となって浮かび上がる。

「わー、きれい・・・」
この一言に尽きる。

途中、カヌーでしか辿り着くことのできない溶岩の丘に上陸し、月見団子を頬張りながら、わいわいおしゃべりをしたり、エビ探しに興じてみたり。でも結局は満月に魅せられて、いつの間にか静かになる。

P9140034P9140051P9140071
                    


満月に向かって、自分の力でカヌーを滑らせる
水面からお月見
なんて贅沢な夜だろう

P9140025Photo













(ちょっきー、ありっちょ)

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

週末ワークキャンプ6月

梅雨に入り、濃い緑色が綺麗な里山での2日間。いい汗をかきながら、
地域の環境整備を支援する作業を楽しみました。

初日は、地元の特産「芝川のり」の保全作業。
芝川のりを研究をされている石川先生(先生もワークキャンプ参加!)より
レクチャーを受けました。
のりのつくところも近年減少している状況がわかり、その貴重な生育している場所へ
行きました。
のりには日光が必要ですが、用水路にはまわりから草が多い茂ってます。
のりの復活・保全に向けて、みんなで草刈り作業をして、用水路に日が届くように
しました。
石川先生立会いの下、のりを少し採取して、その特徴を調べたり、ついている虫
(ブヨの幼虫)を水洗いして、干しました。

2日目、昨日よりも強い雨。午前中はロープワーク教室を行い、現場作業や農作業で
必要な「つかえる紐の結び方」を楽しく行いました。
その後は田んぼでヒエとり作業。カエルの気持ちになってチャポチャポと田んぼを
巡りました。

たくさん笑ってたくさん汗かき、里の恵みも味わった1泊2日。
次回は9月14~15日に行います。

(ジミー)

PhotoPhoto_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5 Photo_6 

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »