« 2007年11月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年1月

2008年1月20日 (日)

森と畑のようちえん1月

今回は特別に、田貫湖ふれあい自然塾へ大集合。
富士山がいつもよりデーンと大きく見えました!
今回のテーマは「風であそぶ」。たくさん風がふき
おもいっきり走り回れる場所に集まりました!

風といえば「凧揚げ」。真ん中に穴の開いた変わった凧づくりに
挑戦し、凧が完成すると大人も子どもも大はしゃぎ。

走る!走る!走る! しかしいつの間にか走り続けているのは
子どもたちだけになり、大人たちは富士山と凧と子どもたちという
なんとも日本らしい!?光景にみんなニコニコ笑顔でくつろいでいました。

P1110626_2

さて夕方は風がないことを利用して遊ぶ「気球」です。
ゴオーッという大きな音と、巨大風船にびっくりでしたが、
空から見る景色に大感激でした。

2日目は森と畑のようちえんの定番、畑仕事です。
霜柱をふみながら、食事のためにダイコン・ミズナ・
ハクサイ・ブロッコリーの収穫です。
お昼ごはんもペッタンペッタンとおもちをついて
おいしいお雑煮を食べました。

他にも、風車や紙ヒコーキ、福笑いなどなど、今回も
たっぷり遊んだ森と畑のようちえん。
次回は3月にお会いしましょう♪

(ありっちょ)

P1110690_2 P1140513

P1140539  P1140549

| | コメント (0)

2008年1月14日 (月)

【洞窟アドベンチャー】08年1月14日

2008年1発目の洞窟アドベンチャー!
今回は3名の若々しい男性と冬の寒さ大満喫の
樹海へ行ってまいりました。

雪がところどころに残る樹海でしたが、足下に目を
向けると、アイスバーンになった場所にキツネや鹿の
カワイらしい足跡が見つかりました。
この寒さの中、動物たちは元気に走り回っている
みたいですね。

まず3人+ガイドじったんが目指すは縦穴がド~~ンと印象
的なメガネ穴。その中には冬の洞窟風物詩であるツララや
まるでニョロニョロみたいな氷筍(ひょうじゅん)がそれは
それは美しく出来ていました。
初めて見る氷の芸術に、殿方はカメラを熱く向けておりましたよ。

お昼を食べ、次に向かうは、かの狭さで有名な洞窟!
匍匐前進がまっていました!1人目すんなり、2人目も、
なかなかの腕前でスルッっと抜けてまいりました。
3人目の長身が・・・・出口で詰まってしまった!が、
冷静に一度、穴に引き下がり、体制を建て直し
再チャレンジ。そして・・・脱出!!皆で、抜け出る快感に
酔いしれておりましたね。

最後に待ち受けるは、氷の大洞窟でした。ここも天井から壁際まで
見事なツララがカーテンを作っており、奥の大ホールは氷の床から
ニョロニョロたちがニョキニョキと育っていました。

洞窟はもちろん1年中楽しめますが、寒いのに耐えさえすれば
冬の氷の芸術に包まれた洞窟が個人的には一番好きですね~
季節季節、樹海はそれぞれに最高の景色で向かえてくれます。
ぜひともまた、違う季節に遊びに来てくださいね。

そして、こんな世界が日本に、いや地球に会ったんだ!という感動を
また味わいに来てください。

(じったん)
080114_3 080114_14 080114_13

080114_7 080114_11

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年3月 »