« 5月 里のめぐみのおすそわけ~葉っぱ楽~ | トップページ | 富士川カヌーキャンプ »

2007年5月20日 (日)

5月 ケイビング

5月のケイビングは気持ちよく晴れた青空の下
千葉、東京、神奈川から9名の参加者が集まりました。
樹海を抜け、心地よい新緑の森で深呼吸。
さあ、いよいよ洞窟だー!
「えー、どうやって降りるの!!」
1つ目の洞窟はなんとロープで垂直下降。
やってやれないことはないのです。
皆、無事に大きな穴ぼこに入洞成功!
お昼を挟んで2つ目の洞窟へ。今度は狭い!
ほふく前進に魅力を感じててしまった参加者は、
さらに狭い洞窟へ・・・出口寸前で
「えー、マジでここ通るの!?」
はい、そうです。入ったからには出るしかない!
何とかみんな、無事に生還。もう何もこわいものはない!
いよいよ最後の洞窟。入り口ではなにやら冷たい空気が・・・「寒い!」
そうです、待ち構えていた洞窟は見たこともない氷の世界。
自然と時間が織成す芸術品。「氷って、こんな形になるんだね~」
そんな具合に今回のケイビングも大満足のうちに無事終了♪
おつかれさまでした~!! (サム)

Photo_55

|

« 5月 里のめぐみのおすそわけ~葉っぱ楽~ | トップページ | 富士川カヌーキャンプ »

コメント

5月20日に富士市からケイビングに親子で参加したseiです。
初めてのケイビング、中学2年生の娘が足を引っ張るかと思いきや44歳の父親がちょっぴり引っ張ちまったなと感じます。(やっぱり娘は猿だ)
洞窟内はライトを消すと目を開いていても同じで臆病の私は内心ドキドキでした。又、取って置きの洞窟では、肩が通過せず3回程度、行ったり来たりの繰り返しで印象に残っています(動けなくなった時、心の内ではこのまま寝たいななんて思ったりして)。性格が優柔不断なせいか何事にも浅く広くの人生、いろいろな体験をしたいなと思う今日この頃、と言うよりも子供にいろいろなことを経験させたいな。
 参加者の皆さんも明るく(100ワットぐらい)、指導者の話術で参加者が一体になり、とても良いツアーになったと思います。(父親)     原さん、サムさんどーもアリガトウございました。ケイビングは、樹海からスタート(?)して珍しい植物など、ふだん見れない、出来ない体験楽しかったよ byユミコ  
※書き込み 不慣れの為ご了承ください。

投稿: sei | 2007年5月29日 (火) 23時11分

この記事へのコメントは終了しました。

« 5月 里のめぐみのおすそわけ~葉っぱ楽~ | トップページ | 富士川カヌーキャンプ »