« いきもの自然紀行~4月~ | トップページ | なでしこアドベンチャー春 »

2007年4月15日 (日)

4月 里のめぐみのおすそわけ

春うららかな陽気の中、第1回の「里のめぐみのおすそわけ」を行いました。

四季おりおりの里山しごとで汗を流し、旬の里山のめぐみを味わい、
里山の知恵を知り、里山をアタマとカラダで味わいます。
今回のテーマは今が旬の「野草楽」!
春になってたくさんの野の花が咲き、野の草がでてきました。

まずは、キャンプサイトの野草を観察しながら、お散歩。
花からつり糸のようなものが垂れているウラシマソウや、
かんでみると…なんとキュウリのような味がするキュウリソウなどなど、
春の野にはおもしろい野草たちがたくさん出てきていました。

完成したばっかりのアボハウスで野草の楽しみ方をチェック。
野草茶の利き茶大会では9人中、正解者はたった2名!
ヨモギとドクダミのお茶を味わいました。
今日の講義は「野草楽」。野草と仲良くなる方法を皆様に伝授しました。
Photo_44Photo_52

お昼ご飯の時間が近づき、お腹が空いてきたところで野草摘みに。
ヒメオドリコソウ、カンゾウ、ノビル、タンポポ、レンゲ…などなど
おいしい野草をみんなで摘み、調理しました。
天ぷら、おひたし、和え物、サラダ、オムレツ…
たくさんのおかずが揃った野草料理のできあがり♪
感想は…
「おいしい!」「野菜みたい、なんでスーパーで売ってないんだろう」
野草の意外なおいしさにみんなびっくり!




Photo_50Photo_47

ご飯を食べてお腹が満たされた後は、カラダを使った森のための作業。
まずは木の皮むきに挑戦!!
みんなで協力して、木をおさえながら、ナタを使って皮をむきました。
この時期の木は水分をたくさんふくんでおり、手でもむけるくらいにむきやすい。
皮がむけた後の木はつるっつるっの美肌。
べりっべりっと皮が一気にむけると、とっても気持ちよく、夢中になってしまいます。
皮むきをした木は、エリア内の森遊びのための施設に利用します。

お次は、畑の開墾。くわ、スコップを持って、ざっくざっくと土を耕します。
草におおわれていた場所が、みんなの力で立派な畝の畑に大変身!
二十日大根、水菜、バジルなどを植え、これからの収穫が楽しみです。
来月から収穫して食べられるかな?

最後にみんなで今日の感想を俳句で読みました。
5・7・5をそれぞれ別の人が考え、それを組み合わせて作るという俳句。
どんな俳句になるのやらと思ったら…

「ヤギ達が 思わぬところ 野草かな」
「春うらら 春の味わい さきの足」
「春の陽に おいしいものが ありがとう」

おもしろおかしく、でも最後にはきれいにまとまりました。
春のめぐみをたっぷり味わった一日でした。

次回は、5月20日(日)「新緑のめぐみ」!
季節の里山しごとをして、新緑の葉っぱの不思議を学び「葉っぱ楽」、
新茶づくりやちまき作りもやります。
どなたでも、参加してみてください。おたのしみに!

Photo_48Photo_49Photo_51

|

« いきもの自然紀行~4月~ | トップページ | なでしこアドベンチャー春 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。