« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月18日 (日)

大人のこだわり工房

060618_2ようやく第一弾!の「大人のこだわり工房」。
今回は広葉樹を自分の手で削り、世界にひとつだけのマイ箸・スプーンづくりを行いました。
講師には地元の彫刻師の佐野あきひでさん。
ナイフ一本で、美しい彫り物を削れるプロの方です。

始めはただの木片。
今回は、サクラ・ナラ・クリの3種類を用意。060618_3
そこに思い思いのスプーンの形を描いてもらい、
ナイフひとつで削りだしました。

始めは、なかなか最終的な形が見えず、
「ほんとにできるの?」といった感じで、
不安になる参加者もいました。

しかし、そこは講師の力で、どんどんすすんでいきました。
060618_4 やすりをかけて、クルミ油を塗って完成!
完成したときは本当にうれしい!
みんな、とびきりの笑顔を見せてくれました。

講師が語ってくれたことは、
「ナイフで削り、作り出す達成感を味わってほしい。」
ナイフ一本で、木片に新たないのちが生まれるのを感じました。
060618_5 参加者のみなさん、自分で作った箸・スプーンで食べた食事の感想を聞かせてくださいね~(カール)

| | コメント (0)

2006年6月 5日 (月)

季節を感じるアウトドアクッキング

1_017_1 初夏のような青空が広がり、木々も葉っぱを広げています。
本日のテーマは“粗食”。材料は柚野の里で収穫された米や野菜を使い、調味料も2年熟成させたしょうゆ、にがり成分を残した塩、自分で削った鰹節などこだわりました。粗食は実はとっても贅沢な料理です。

ウエルカムドリンクは蒲原の農家から分けてもらったみかん100%ジュース!

メニューは玄米と雑穀ごはん。野草を摘んで、天ぷら。春キャベツと新玉ねぎのポトフ。採りたて野菜のサラダ(ニンジン・ラディッシュ・水菜)車麩のドーナツ。新じゃがの焼き芋。

1_006_1 スタッフの口癖は“適当”です。味も水加減も参加者におまかせ!素材が美味しいから失敗するわけが無い!

野草の天ぷらは揚げたてをみんなでつまみ食い。草がこんなに旨いとは!
畑から採ってきたばかりのニンジンやラディッシュをカリッとかじれば、青臭さや辛味といったしっかりとした味の主張が口の中に広がります。

1_013_1 ダッチオーブンを開ける瞬間、みんなの期待がふくらみます。開けた瞬間、白い湯気とともにいい香りが広がります。「わ~!」という歓声が上がり、思わず拍手!
その後は、「美味しい!」「うん、美味しいなぁ」という言葉しか出てきません。それだけで十分幸せになれます。

タンポポティーでほっと一息。
のんびりゆるゆる過ごしました。
美味しい空気と時間を気にせずのんびりと過ごす。これこそが贅沢!

1_047_2 その後、偶然が作り出す色でハンカチを染めました。

4歳から86歳の方まで幅広くご参加いただきました。
平日が休日の方を対象として月曜日にも実施しました。美容師やビジターセンターの職員、サービス業など。
職業もいろいろ、年齢もいろいろ、一期一会だなぁ。

次回は10月を予定しています。
1_067予定(は未定):天然酵母と地粉を使って石釜でピザを焼きますよ~。
ぜひぜひお越しになってください。お待ちしています。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »