キャンプ

2013年8月20日 (火)

王子の森・自然学校 2日目

王子の森・自然学校2日目。
今日は盛り沢山の1日です。
まず学びの一つ目は紙漉きで、伝統的な手法で個々の
ニーズに応じた和紙を制作する内藤さんの工房で
体験させていただきました。
後日仕上げをしいただいた和紙のはがきが子どもみんなに
届きますので、楽しみにお待ちください。
次の学びは朝霧高原にある王子の森でのレクチャーと
間伐作業。
橋本さんはじめとする多くのスタッフの方々より、
森の概要・見方、チェンソーによる間伐倒木を見学、
のこぎりによる10年以内の人工林の間伐と枝打ち作業を
教えてもらいました。
木を切ること(オーバーユース)を悪い事と思っていた子も、
アンダーユースである日本の森の現状を聞いて、人工林を
育てる過程で間伐作業をする意義を体験を通して、
腑に落ちたようです。
間伐材の活用は熱エネルギーにもつながります。
昼食は朝作ったおにぎりと、焚き火でやいたソーセージを
中心に美味しくいただきました。
デザートは予め作っておいた竹串にマシュマロをつけての
焼きマシュマロ。みんなの笑顔が印象的でした。
午前中の学びの後の午後は森で遊ぶ番です。
森の宝探しと称して、9つの宝を見つけたり、体験しながら
味わいます。体験ではビレイ付きでの木登りに調整して7m程
登る子もいれば、両引きのこぎりで2人組による丸太切り、
ハンモック&ツリーベッドで横になりながら見上げる森の様子、
スラックラインという綱渡りのようなバランス遊びを楽しみました!
他に動物の痕跡や香りのする植物や宇宙人の顔をしたような
葉っぱ、きのこさ探しに夢中にな子もいました、
途中小雨が降っても森の傘である木の葉っぱで遊び続ける事が
できました。今日は本当に1日森に感謝です!!
帰る途中でお風呂屋さんにより、汗を流し、戻って夕食後の
プログラムは、王子の森のチェーンソースタッフの方から
いただいた丸太の円盤をヤスリがけして、表面に絵を描いて
オリジナルのコースター作り。切りたての檜のコースターなので、
香りが部屋いっぱいに広がり、自信の作品が仕上がりました。
最後は明日の工場見学も含めての、王子の森に対する感謝の
想いをを模造紙にみんなでかきました。
明日お渡しするのが楽しみです。
(ジミー)
1 2 3
4 5 6
7 8 9_2

| | コメント (0)

2013年7月28日 (日)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~3日目

激動の冒険キャンプも折り返し地点。
なんだか3日目とは思えない充実ぶり。
天気も何とか持ちこたえ、行程も予定通り進んでいます。
今日の目玉はなんといっても「宝永山トレッキング」
宝永山とは、標高2693mにあたる、300年前に噴火を起こした
富士山の中腹にある富士山最大の側火山です。
今日は、その宝永山の山頂をみんなで目指しました。
朝、準備を済ませ朝食を食べ終わったメンバーは、
一気に富士山富士宮口五合目へ、
富士宮口の五合目は、世界遺産登録の影響と
日曜日ということもあって、すごい人でした。
メンバーたちはまずは高地に体を慣らし、
準備ができたら、人混みをかき分けて出発!
まずは、宝永火口を目指します。
Pen31240_3 Pen31252_3
宝永火口までの道のりで、いろんな植物や
溶岩に興味をもつ子もいました。
そして、火口目前でメンバーたちは
一列になって、目隠しをしながら火口に向かって歩きました。
火口の端まで来て目隠し開けてみると
そこには巨大な穴が!?ダイナミックな火口の全景を見て
メンバーたちは驚嘆の声を上げていました。
Pen31313_2
宝永火口でお昼ごはんを食べ
お昼すぎに山頂目指して登り始めました。
Pen31356_3 Pen31372_2
一見近そうに見えるのですが、
足元は砂利状の砂と石ころで、
登っても登っても、
まさに3歩進んで2歩下がる状態。
とっても大変でしたが、
全員が無事登頂!!
早く頂上についた子は、遅れてしまったこの元まで
わざわざ戻って、荷物を持ってあげたり、
励ましの声をかけたりと、お互いを思いやるとても
大切なモノが生まれた瞬間でした。
Pen31394_2
頂上では、ご褒美にメダルをゲット!!
集合写真を全員でとりました。
Pen31426_2
帰りはひとっ飛び、上りで1時間ほどかかった斜面を
たった15分くらいで降りて来ました。
そして、火口ではふたたびメダル探し、よりが隠したポイントは
かなり難しく、みんなとても苦戦していました。
Pen31465_2
最終的に無事五合目に戻ったメンバーたちは
バスに戻ると一瞬で眠りに落ちてしまいました。
お疲れ様。今日はとても大きなことをやり遂げました。
夜は、比較的時間に余裕があったので、
何人かのアイデアでキャンプファイヤーで歌う歌を
キャンプ長のギターに合わせて練習しました。
Pen49646
大分連帯感が生まれてきたこのメンバーたち。
明日は最大の難関「洞窟探検上級編」を実施予定です。
果たして、最大のお宝を発見することができるのか!?
(みっちー)

| | コメント (6)

2013年7月27日 (土)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~2日目

本日の起床は早朝5時。なぜなら、朝の凪の時間をねらって熱気球を飛ばすからです。
天気は曇り。熱気球体験には、ほどよい気温と風。みんなで力を合わせて気球を膨らませ、無事、空へ舞い上がらせました。順番で乗った気球に子ども達も大興奮。眼下の景色を眺めたり、友達に手を振ったり、帽子を飛ばして下の子がキャッチをしたり、人文字も作りましたよ。そして最後には、パラシュートに乗って降りてきた「指令書」を見て、メダルのありかを猛ダッシュで探しあてました。
Pen49256 Pen31007 Pen31044

その後は、軽食、朝食を残さず食べ、お昼までフリーチョイスの時間。
綱渡り、ハンモック、ヤギの散歩、池の生き物探し等、それぞれかなりの熱の入れぶり。お昼寝をしてもよかったのですが、ずっと寝ている人は誰もいませんでした。
そしてこの時間も、キャンプ長みっちーが隠したメダルを真剣に探す姿が!その気になる隠し場所とは、なんと、竹やぶ迷路の奥、ヤギのお腹の下、畑のナスの裏側、とかなりの難問でしたが、みんなで協力して見事、宝を探しあてました。

Pen49374 Pen49382 Pen31138

昼食にホールアース農場の美味しい冷やしうどんを食べた後は、フリーチョイス第2弾。
前半と後半に分かれ、クライミングウォールの高い壁を果敢に登りました。成功者は3名。なかには、ねばり強く20分も同じ場所に張り付いていた女の子もいました。
クライミングウォールをやらない時間の大人気種目は、綱渡りとハンモック。特に綱渡りは午前中と比べ、だいぶ先まで渡ることが出来るようになりました。
Pen49476 Pen31155Pen31180
Pen31183 Pen31182Pen311152_2
夕方、動物のお世話をし、夕食を食べたら、ナイトハイクへ出発!
お寺で肝試しをしました。何もなくても怖~い道のりに、スタッフの仕掛けた怖い罠。みんなキャーキャー言いながらも恐怖に打ち勝ち、ゴールにたどり着きました。

長い一日の帰宅後はもう、みんなあっという間にお休みモードになりました。
明日は宝永山へ登山だ!
おやすみなさい。
(より)

| | コメント (2)

2013年7月26日 (金)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~1日目

待ちに待った待望の夏休み!!
ホールアース自然学校今年最初の夏キャンプは
「遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~」!!
川に空に山に洞窟に富士山の自然を大冒険の5日間。
こんにちは。キャンプ長のみっちーです。
今回は20人の冒険好き少年少女が全国各地から集結しました。
初めて合う子たち同士はなんだかドキドキ、緊張します。
ホールアースのキャンプで最初にやることといえば、名札作り。
手作りの木の名札にそれぞれのニックネームを書いていきます。
ニックネームも多種多様で自分の名前をそのまま書く子もいれば、
なんだか暗号のような名前の子まで、いろいろ個性があっておもしろい。
Pen30753
名札が作れたら、バンダナをゲットして、いよいよおまちかねの昼食。
いくりん料理長が特製の富士宮やきそばを作って待っていてくれました。
お腹ペコペコのみんなは、山もりの焼きそばをあっという間に食べてしまいました。
Pen30767
腹ごしらえが終わったら、今度はオリエンテーションの時間。
キャンプのルールや予定を確認。盛りだくさんの内容です。
仲間、自然、食べ物、動物、いろんなものを大切にしましょう。
そして、みっちーキャンプ長から発表があった今回のテーマは、
な、なんと!「宝探し」!!
そして「冒険キング」になること!!!
5日間を通して、いろんな場所に隠されている宝箱を開けると、
そこにはホールアース特製メダルが!そして、そのメダルを
全員分20個集めると「冒険キング」の称号を得ることができるのです!
それを聞いたみんなは、ワクワク。なんだかゲームの世界のようです。
ワクワクの発表の後は、今度はドキドキ自己紹介。
それぞれ、ニックネームをみんなに披露し、今回楽しみにしていることを
発表しました。「宝永山トレッキング」「気球」「洞窟」「カヌー」どれも
大人気でした。自己紹介の後は、みんなで共通点探しゲームをしました。
自分と共通点を持つ仲間をみんな発見できました。
Pen30780
そして、いよいよ川へ。
川では、飛び込みをする子、カヌーに乗る子、タイヤチューブで流れる子、
富士山の湧き水はとっても冷たかったですが、
男の子も女の子も入り乱れて、思いっきり楽しんでいました。
体の冷えた子たちはすぐさまドラム缶風呂へ。
ほっかほかのお湯をかぶって幸せな気分になることができました。
そして、その中で二人が早くも滝の裏や岩の上に隠されていた
宝箱を発見しました!2枚のメダルをゲット!!
Pen30793 Pen30806 Pen30817 Pen30843 Pen30888 Pen49185
川の後は、動物のお世話。
まずはやぎのお世話をします。
男子は小屋の掃除や水の交換、野菜くずを餌としてあげてくれました。
女子はやぎの大好物、草を大量に刈ってきてくれました。
たくさんの子供達に最初は戸惑っていたやぎたちも、
最後はとても嬉しそうでした。
夕食は料理長いくりんが、腕によりをかけて
ホールアース農場の野菜をたっぷり使った料理を作ってくれました。
夜は、明日の記入に備えて早めにテントに入って就寝。
スタッフのみっきーやよりも途中で加わりパワーアップ!!
まだまだ冒険は始まったばかり、明日以降も全力で冒険するぞー!!!
(みっちー)

| | コメント (5)

2013年3月26日 (火)

八丈島冒険学校 1日目

夜の東京に11人の子どもと3人のスタッフが集結し
目指すのは八丈島。

今年も八丈島冒険学校が始まりました!
竹下桟橋から船に乗り込み
最初に見えてくるレインボーブリッジに
みんなテンションがみるみるうちに上がっていきます。

海に向かって叫びだしたり
写真をたくさん撮ったり
枕投げをしたり
思い思いにフェリーの時間を
過ごしていきます。

消灯時間が来ても、船へのワクワクや
キャンプへのワクワク。
新しい友達と話をするワクワク。
色んなワクワクが混じり合いながら
起きていたい気持ちが詰まってたけれども、就寝。

翌日は起床時間過ぎるまで、
しっかり熟睡で体力温存。

無事八丈島に到着しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

GW遊牧民キャンプ~なかよし動物編~ 1日目

ついにやってきたゴールデンウィーク!
今回の遊牧民キャンプはなかよし動物編!!

ホールアース自然学校に動物大好きっ子や
動物と仲良くなりたい子が集結しました。

はじめに、自分で手作りの名札に呼ばれたい
ニックネームを書いたらホールアース自然学校
オリジナルバンダナ(赤)を受け取ってすっかり
みんなはキャンプモード。

Imgp4169

腹が減ってはキャンプが出来ぬ、ということで、
さっそく、お昼ごはん。メニューはと言うと...
定番の「富士宮やきそば!」みんなペロリときれいに
食べました。

Imgp7549

お昼を食べたら、はじまりの会。
みんなで自己紹介をしました。
自分の名前やニックネームはもちろん、
それぞれが好きな動物を言い合いました。
「うさぎ」「やぎ」「うま」、、、
おっホールアース自然学校にいる動物ばっかり!!
って思ってたら「ぞう」「パンダ」「ジャガー」まで!
おどろきのラインナップ!とっても個性的です。

そんな動物好きのみんなには動物クイズ!!
ホールアース自然学校にいる動物たちの
ちょっとマニアックなクイズを出題。
みんなとっても夢中になって聞いていました。

問題:うさぎは草の他に何を食べるでしょう?
1.自分のうんち 2.自分の毛 3.自分の爪

さあ、みなさんも考えてみてください。
答えは、、、、ホールアース自然学校で確かめましょう。(笑)

Imgp4207

動物たちのことをよく知ることができたら、
いよいよ「なかよし動物タイム!」
まずは「やぎのおさんぽ」みんなでやぎを連れて、
おさんぽをしました。階段をあがる時は、やぎが
道草を食って後ろに人の大渋滞ができていました。(笑)
そのあとは、うさぎやひよことたちとのふれあいタイム。
みんなやさしくうさぎやひよこを抱き上げたり、餌を上げたり
時には追いかけまわしたりと、時間を忘れて動物たちと
仲良くなっていきました。

Imgp7615

Imgp4226

そしてそのままの流れで「たっぷり動物のお世話タイム!」
しっかりとホールアース自然学校の動物(家畜)のことを
お勉強して、いつものキャンプのお世話より丁寧に
たっぷり動物のお世話をしました。
鶏の小屋では卵をゲット。自分たちの食料にします。
そしてホールアースのアイドル犬、サン&アモのおさんぽもバージョンアップ
いつもより遠くに行きました。みんな僕が私がと争って
2匹のリードを引いていました。

Imgp7656

動物のお世話から戻ってきたら、夕飯ができていました。
メニューは採れたての鶏の卵を使った「親子丼」と「菜の花のおひたし」
とってもみんな美味しそうに味わいながらたべていました。

夕食後、少し時間があったので、
今日みんながお世話になった動物さんたちの
名前が覚えやすいように、みんなで動物さんたちの
表札をつくりました。これもとっても個性的でいろんな
カラフルな表札が出来上がりました。
明日、これをそれぞれの動物小屋の入り口に貼ります。

Imgp7689

今日は天気にも恵まれゴールデンウィーク最高の
スタートダッシュをきることができました!

明日も、もっともっと動物たちのことをよく知って、
もっともっと仲良くなろう!!いろんな企画が盛り沢山!!
おたのしみに....

キャンプ長みっちー


| | コメント (5)

2010年8月18日 (水)

富士山冒険学校 8日目

無事徹夜ハイクも終わり、
8日目の朝。
いや、昼は本栖湖キャンプ場から始まりました。

みんな徹夜ハイク到着後、爆睡スタート!
お昼が近づいてもまだまだ起きる様子がありません。
「これは、午後遊ぶ時間がなくなってしまう!!」
と判断し、スタッフが起こしました。
※その様子は↓youtubeより

みんな眠そうな目をこすり、
ペコのおいしい朝&昼ごはんを食べました。

午後からは一転、本栖湖で湖遊び!!
超炎天下の中、透明度富士五湖一のきれいな
本栖湖へみんな飛び込みました。

水温もいつもの清流芝川よりずっと高く、
学校のプールの様。

タイヤチューブでぷかぷか浮かぶ子、
ライフジャケットで泳ぎまくる子、
水中眼鏡で魚を探す子、
水上縄跳びにもチャレンジしていました。
なぜか、もぐって重い溶岩を水中から
運び出す少年も…

しかし、15時くらいから空模様が怪しくなり始め、
ポツポツと大粒の雨が、
夕立です。

ダッシュでキャンプ場へ戻り雨宿り、
蜂蜜レモンやココアを飲んで休憩後、
みんなのホールアースキャンプ場へ戻りました。

しかし、こっちでも夕立の予感。
急ピッチで動物のお世話を行いました。
もう一週間目みんな本当にテキパキこなし、
1時間かかるところを10分程度で終わらせました。
すごいコンビネーション…

夕食前にシャワーを浴びて、
ペコのおいしい夕食を食べて
今日は就寝です。

明日は徹夜ハイクの疲れを癒す
フリーの一日。
でもすでに川に行きたい。
8メートルのダイブがしたい。
との声が…

明日もみんなクタクタの予感。

(じゅんじゅん)

写真は17日川遊び・徹夜ハイク
12 13 1 2 3 5 4

↓徹夜ハイククライマックスの様子・睡魔と闘っています。
http://www.youtube.com/watch?v=txy36TJrqX4


↓徹夜ハイク後、起床の様子・爆音でみんなを起こしています。
http://www.youtube.com/watch?v=ryerd7ucjI8

写真は本栖湖遊び・夕立
1_2 2_2 3_2 4_2 5_2
   

| | コメント (2)

2010年3月21日 (日)

春の遊牧民キャンプ:2日目

今朝の天気は、大荒れでした。雨の予想は出来ていましたが、雷は予想外の展開。私自身、富士山頂で雷に遭遇して死ぬ思いを経験していることから、いつテントから避難しようかと冷や汗ものでした。

幸い柚野に雷雲が留まっていた時間が短く避難までには至りませんでした。「ふう~ぅ」まずはひと安心です。子供たちからは、気がつかなかった、怖かったなどと普段経験できない朝を迎えました。

9時ごろになると天気は急速に回復をして、青空も顔を覗かせるようになりました。今日の予定は、柚野山に春を見つけに行く予定でしたが、フィールドコンディション不良のため、急遽春探しの里山散策に切り替えました。

道端や田んぼの畦には、春の野草がいっぱい。子供たちからは、この草は食べられるの?質問攻めの2時間でした。ちなみに採取した野草は、タンポポ、ハルノノゲシ、ヒメオドリコソウ、カンゾウ、ヨモギ、ツクシなど等でした。

きっと子供たちは、帰宅したのち野草を採取してお母様方にプレゼントすると思いますので、しっかり受け止めてあげてください。子供たちが採取した野草は食べられるかは分かりません。(笑)

夕食は、手巻き寿司や野草のテンプラでしたが、子供たちは、自分の採取した野草に大満足の様子でした。キャンプ最後の夜は、キャンプファイヤーで締めくくります。焚き火を囲んでの想いでは生涯心に残ることでしょう。

今夜は、ゆっくりおやすみ子供たち。星空の美しさに感動していたのがとても印象的でした。 

ぴーまん                                  

P3212534 P3212569 P3212585 P3212614 P3212624 P3212633 P3212647 P3212656

| | コメント (0)

2010年3月20日 (土)

春の遊牧民キャンプ:1日目

春の遊牧民キャンプが始まりました。今回は、13名(男の子:8名、女の子5名)の参加です。まずは、みんなで自己紹介。その中で、好きな食べ物を言ってもらいましたが、な・なんと納豆が大好きな子が5人もいました。構成は小1~小3が11人ですので驚きです。

その後、テント決めをして荷物の搬入でしたが、みんなキャンプを心待ちにしていたのか、走っていく子供たちが何人もいました。

今日のメインは、竹を使っての食器作りです。竹を切って、今回のキャンプで使う箸をメインに、コップやお皿まで作ってしまう器用で好奇心旺盛な子供たちでした。

夕方には、動物のお世話をして、大人でも難しい竹筒を使ってのご飯炊きを見事にやり遂げます!夕食中は、子供たちの美味しいという声や笑顔がたえませんでした。

明日は、春を探しに柚野山(お天気の回復が早ければ)に行く予定です。そろそろ、子供たちは“おやすみ”の時間帯ですが、今夜はどんな夢を見るのでしょうか。

明日も元気にキャンプを楽しんでいこう!!

 ぴーまん

P3202443_5 P3202488_3 P3202531 P3202516 P3202452_5 P3202513_4

| | コメント (2)

2009年4月 2日 (木)

春の富士山冒険学校 7日目 最終日

今日も動物の世話と食事のお手伝いチームに分かれて朝が始まりました。
最終日、あっという間に1週間がたってしまった!
「もう終わり?」という子どもたちのコメントがぽつぽつと聞こえてきました。
長いようで短かったキャンプだったあ~。

朝食を食べた後に自分の荷物の荷造りをして自由な時間でいろんな ことしました。
冷たい芝川で釣りをしたり・・・魚は釣れなかったけどサワガニやカワゲラ、ひたすら穴掘りをしたり、友達との連絡交換、フェイスペインティング、ゴロゴロなどをして午前中の時間がたってしまいました。

昼食は相変わらず子どもたちの元気な「いっただきま~す!」の声で柚野の村に響かせました。大きな家族で一緒に元気よく「いただきます」を一斉に言うのはとても気持ちが良く心地よいですね。

最後にみんなと一緒に集まり、今までの出来事を思い出し、印象に残ったことを共有しました。子どもたちは「スタッフに落書きをしたこと」、「パラグライダーでの出来事」、「ペルードッジが楽しかった」、「ホームシックにならなかった!」、「犬が苦手だったけど触れるようになった」、「鶏の命を食べること」、「徹夜ハイクでいろんな子どもたちと話が出来た、夜の森の世界を楽しめた」、などなどのコメントをしました。

この20人の大家族で共に自然の中で冒険をしたり、遊んだり、笑ったり、いたずらしたり、時にはびっくりしたりして本当に楽しかった。
このメンバーで良かった!、この時期でよかった!、最後のキャンプ長、悔いなし!

Nos vemos en algun lugar del planeta! Y conversemos de los buenos recuerdos que tuvimnos!
このせまい地球のどこかでまた会おう!そして今回のキャンプの出来事などを語り合おうね!

P4010935

P4010129_2







P4010914_2

P4010920

P4010913

Img_0417

| | コメント (2)