« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月31日 (月)

伊豆大島冒険学校最終日!

ついに、伊豆大島冒険学校最終日を迎えました!最終日は前日の荒天とは打って変わって気持ちの良い青空が広がっていました。

子ども達も、6時過ぎから徐々に起き始め、眠い目をこすりながらキャンプの片づけが始まりました。
キャンプの片づけをしながら、
「あー帰りたくないなー。」・「船が欠航すればいいのになー。」という声がちらほら・・・。
それでも、帰りの船の時間は刻一刻と迫ります。
みんなでキャンプの片づけを済ませてからは、お待ちかねの朝食!
食事担当のいくりんが4時半に起床して作ってくれた、その名も「余りものご飯★」!
余りものと言いつつ、とってもおいしい朝ごはんを、みんなでモリモリ食べました!
最後の朝ごはんも、お腹いっぱいでした。
朝ごはんを食べ終わってから、出発の時間まで少し時間があったので、
子ども達から、「おにごっこやろうよー!」・「ケイドロやろうよー!」の声が!
帽子を被った警察3人が、逃亡者10人をおいかけました!天気がとっても良かったので
みんな汗をかきながら、「ぜーはーぜーはー」。新小4から新高2までガチンコでした!
体力をがっつり使った遊びに限界を感じた子ども達は、次に「だるまさんが転んだ」を始めました!いや、違う!「モデルさんが転んだ!!!!」を始めました。
ルールは至って簡単!「だるまさんが転んだ!」と言って止まる瞬間に、オニの隣にいる「モデル」のポーズをして静止する!というゲームです。
いやぁ~、みんなのモデルポーズはスゴカッタですよ。
そんなこんなで、9時すぎまで遊んでから大島町社会福祉協議会ボランティアセンターへ出発!昨年10月の台風26号により被害を受けた、大島町元町地区周辺の住民の方へ、大島町社会福祉協議会が作成している新聞「かわら版」を配るというボランティアをさせて頂きました!
3グループにわかれた子ども達は、島民のボランティアの方と一緒に一件一件歩いてかわら版を配りました。
大島町社会福祉協議会の方から、「是非積極的に住民の方々に話しかけて下さい!」と言われた子ども達は、戸惑いながらも当時の様子について住民の方々と話をしていました。
さぁ、ついに帰りの船の時間が迫ってきました。昼食を済ませ、車で伊豆大島北部にある岡田港へ移動です。車の中では、キャンプ長ジミーからの差し入れの「べっこう寿司」を
頬張りつつ、一路岡田港へ。
子ども達は、ちょびっとのお土産と、持ちきれない程の「お土産話」を抱え熱海港行の高速ジェット船に乗り込みました。
熱海港に着いてから、キャンプ長ジミーから「称号」のプレゼントが!
最年長の男の子には「King of girls car★」、最年少の女の子には「油王」と言った様々な個性豊かな称号が与えられました。
今回の伊豆大島冒険学校では、いろいろな顔をした自然に触れることが出来ました。
2日目の快晴!3日目の暴風!4日目の暴風雨からの快晴!最終日も快晴でしたね。
そんな伊豆大島の気候に触れつつ、文化や島民の方々とも触れ合うことが出来ました。
椿油の搾り体験や、絞った油で髪の毛をテカテカにしたり。大島社協の方々と一緒に配ったかわら版の配布ボランティアでは島民の方々とたっくさん話をしました。伊豆大島の自然・文化・人・・・。たっくさんの事を経験する中で、子ども達は、その経験を自分自身の人生の糧にしてくれました。確実に成長しましたね。時には厳しく叱ることもあったけれども、
みんなが大好きだから叱ったんだよ。
また、大きく成長した皆とキャンプで会えることを楽しみにしています!
エリンギより(^^)!
4 58 111
136 163 175
184 197 191

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月30日 (日)

伊豆大島冒険学校4日目

今日はとうとう雨になりました。
昨年まで行っていた八丈島でも雨と強い風は当たり前。島ならではの気候です。

今朝はイクリンが大島丼と名付けた明日葉のおひたし、島海苔、くさや、ナメコダケ(何故か?)がのったどんぶりとなりました。くさやがはじめての子も多く、独特の風味を感じながらも、マヨネーズやケチャップ、さらにオーロラソースにもしてみてくさやのポテンシャルを探りました。

サイクリングを1番楽しみにしている子供たちが多かったので、作戦タイムで無理はせず、雨を楽しみながらサイクリングすることを確認しました。
水着&服&カッパ&ヘルメットを装着して出発です。元町港からサンセットパームラインを風に後押しされながらそれぞれのペースで走ります。
天気もちょうど雨がやんでくれ、気持ちの良いサイクリングとなりました!
空港のトンネルを抜け、産直店のぶらっとハウスに全員無事到着!みんなで作ったサンドイッチを食べ、お楽しみのアイスクリーム!焼きピーナッツやパッションフルーツ、明日葉味など7種類から各自選び、とっても美味しくいただきました。

戻りは同じ道を逆走。ただし今度は向かい風。行きとは一転、雨も強く降り始め、学年の小さい子には漕いでも進めないぐらいのものとなりました。自然の凄まじさに向き合いながら、自分の限界はどのあたりなのだろうとその感覚を体で学びました。
こちらから声かけをしても「まだ行く!」と頑張っていたみんな。何人かの子は途中搬送車に乗せましたが、みんながそれぞれ精一杯ものすごく頑張りました。このキャンプ一番の冒険となりました!

ゴール後はすぐ温泉に。先ほどとは真逆に自然の恵みに体を十分に温めてもらいました。

元気いっぱいとなり次は大島ふるさと体験館で、
椿油の絞り出しを行いました。
3グループに分かれて、昔ながらの製法をみんなで協力しながら体験します。種を臼と椿の幹からできた杵でつぶし、ふるいにかけて蒸します。濾し出し機より流れ出た黄色く輝く椿油にみんなは歓声。約3kgの種より800gの油が採れました。
できたての油で美味しい明日葉の炒めものを作っていただき、明日葉茶とともにほっこりさせてもらいました。

外に出ると天気がガラッと変わり、眩しい太陽が。スーパーでカレーの食材の買い物をして、夕食作り、そしておなかペコペコのなか、カレーをたっぷり食べました。
強風のためキャンプファイアは中止となりましたが、最後の夜をテントの中でおしゃべりを楽しみました。

明日はいよいよ最終日。風がやむといいなぁ~。

ジミー

4_12 4_25 4_28

4_89 4_107 4_201

4_307 4_309 4_321

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の遊牧民キャンプ~ものづくり竹編~2日目

こんにちは。キャンプ長のみかんです!
今日は夜中から雨でした。
雨の音と男子テントからの話し声で目が覚めました。
何を話していたのかと聞くと「秘密基地で仕掛けを作ってみかんを落とすこと!」と言っていました。
さすが、男子!そうでなくちゃ!
さて、雨の中動物の世話から一日が始まります。
動物は雨の日も関係ありません。私達が行かないとご飯が食べられないし、
小屋もふんだらけになってしまします。
Img01362 Img01356
そんな雨の中、子どもたちはみんな動物の世話を積極的にしていました。
なんて頼もしいんだ!
そして、朝ごはんを食べいよいよ秘密基地を作る時がやってきました。
カッパをきてドロドロになりながら竹を運び、紐を結び、骨組みを作っていきます。
お母さん方、服がドロドロになってごめんなさい!
でも、子どもたちは自分達が考えた秘密基地を試行錯誤しながら、
雨で気持ちが折れながらも、おやつで気持ちを持ち上げ、最後まで作り終えました。
Img01544
秘密基地への入り口は斜面を活かして、滑り台を作りそこから入ることに。
しかし、入り口までには簡単に入れないように落とし穴が仕掛けてありました。
私はまんまとはまってしまいました。。
そして、滑り台を滑り中に入ったかと思うと、
またまた仕掛けが・・・。
なんと上から竹が落ちて来るではありませんか!!
危ない危ない。よくここまで考えてたものです。
見張り台もあって、自分達でつくった竹の弓矢を持って敵が来ないか見張っていました。
子どもたちの発想力は豊かですね!大人が考えもつかないことをしてくれます。
子どもたちの発想力には頭が上がりません。
夜はホールアース自然学校、遊牧民キャンプ恒例の手づカレー。
みんないやいや言いながら美味しそうに食べていました。
さて、明日でキャンプも最終日、とっても濃くて楽しいキャンプになりました。
子どもも「楽しいとすぐに時間が過ぎてしまうね」と言っていました。
楽しんでもらえているようでよかった~
明日はきっと晴れ、残り一日楽しむぞ~!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

伊豆大島冒険学校3日目

明け方、島ならではのものすごい風にみまわれました。
各テントとも自分達で初日にペグを打って、地面とテントをしっかり固定できていたので、ノープロブレムでした。(みんなエライ!)

まだまだ強風のなか、みんなで協力して昼用のおにぎり作り。梅、鮭ワカメ、おかかの3種類を新聞紙に包み、三原山トレッキング(ジオツアー)に出発です。

今日は大島マラソン&ウルトラランニングのイベントがあり、道路は絶え間なくランナーがいました。中にはピカチュウ、水戸黄門、忍者、ピンクパンサーなどの恰好の人もいて、応援しながらこちらも楽しませてもらいました。

三原山展望台で友人であり、伊豆大島ジオガイドの西谷さんと合流。顔のきく西谷さんのおかげで、予定にはなかった馬牧場へ入らせてもらえ、子供たちは大興奮!かわいい与那国馬にエサをあげたり、小さい子は乗せてもらうことができました。

三原山のカルデラ内は1986年の噴火の際に流れ出た黒々しい溶岩流沿いに道があり、西谷さんのわかりやすい解説を聞きながら、溶岩流で出来たオブジェを楽しみ巡りました。
アア溶岩の上でお弁当を食べた後は、強い風に体を押してもらいながらクネクネ道を歩いて山頂へ。山体は霧に覆われていましたが、全員無事に登る事ができました!
お鉢巡りを少しして、1986年の割れ目火口沿いに下っていくと天気が回復し、見晴らしが素晴らしいトレッキングが楽しめました。
最後は植生が回復してきた樹海と呼ばれる森を歩いて、ゴールでは鳥たちの気分で、椿の花から蜜をご褒美としていただきました。

トレッキングの後は火山博物館を見学して、大島の噴火の映像や世界各地の火山について学びました。
イタリアのエトナ火山では溶岩流に鉄の棒を突き刺し、ガラス職人のように造形物(灰皿など)を作成する映像もあり、目を丸くする子もいました。

夕飯は明日葉ミートソースのスパゲッティ
。お腹いっぱい食べてぐっすり寝ました。
雨予報だけど明日も楽しもう!

ジミー

3_28 3_103 3_114

3_126 3_201 3_224

3_383 3_401 3_414

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の遊牧民キャンプ~ものづくり竹編~1日目

こんにちは。キャンプ長のみかんです。
春の遊牧民キャンプ~ものづくり竹編~1日目!今回の参加者は4人。アットホームな感じで始まりました。
Img01089 Img01095
今回のキャンプのテーマ『竹』!キャンプ中にみんなに『竹マスター』になってもらうために、
竹マスターシートを配りました。竹でごはん食器が作れたり、ごはんが炊けたりしたらホールアースオリジナルの動物シールをゲットできます。
みんな集めるぞー!と張り切ってきました。
まずはみんなで竹で何を作りたいか相談しました。
今回のキャンプで作るものは・・・
・竹で秘密基地
・竹弓矢
・竹トンボ
・竹つりざお
・竹食器
・竹炊飯
です!
何が作りたいか決まったところで、秘密基地の設計図を書きました。
その後、竹がどれだけ必要か数えて近くの里山に竹を取りにいきました。
竹は一から伐採するのではなく、私たちが冬の間竹林整備で切った竹を使用します。
里山の環境を守るために切った竹を活用します。
Img01127
そんなことも子どもたちにお話しながら竹を運びだしました。
竹を運んでいると・・・
子どもがタケノコ発見!!!
Img01170
春ですね。小さいタケノコが生えてきていました。
もう、これは取るしかありません。
スコップもなかったので、手と折れている竹で周りを掘ってタケノコを掘り出しました!
みんな一つずつ掘っていました。「タケノコとったどー」
採ってきたタケノコは夕御飯で出してもらうことにしました。
Img01174 Img01186 Img01189
私たちのご飯の先に、家畜の世話をします。
ヤギ、うさぎ、犬の世話をしました。
子犬のさとちゃんもキャンプに仲間り。みんなのアイドルです。
Img01244 Img01210
その後、夕御飯かと思いきや・・・
マイ食器、マイ箸、マイコップづくり~
みんなのこぎりやナタを持って、熱中して作っていました。
ノコギリの使い方がうまいうまい。
手を出さなくて大丈夫なくらいでした。
Img01261
自分たちの作った竹食器でご飯を食べて、
とってもおいしく感じられました。
Img01274
ご飯中に子どもが「みんなのこと大好きだからこの人数でよかった!」と言ってくれました。
うれしいですね。
ご飯のあとは明日の昼ご飯のうどんづくり。
よーくこねてふみふみ。
Img01280
みんなたのそうでした。
ある子どもが寝る前に「楽しい一日だったね!明日も楽しみだね!」と言って寝ていきました。
いいこと言う~!
私も笑いの絶えない充実した一日でした。
明日は雨模様ですが・・・。
明日も楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

伊豆大島冒険学校2日目

天気が良いので5時に起床。
日の出が迫るキャンプ場の森は、鳥たちの声に
包まれました。
温かいお茶と軽食を済まし、櫛形山の展望台までドライブ&トレッキング。赤く大きな太陽に照らされた海と裏砂漠のダイナミックな自然を満喫しました。

朝食後は役行者の伝説がある行者浜を歩いて大島公園(動物園)へ。動物好きなみんなはクジャク、カピバラ、カモシカ、ロバ等に癒やされました。

天気は最高に良く、桜は満開。日向では半袖になるくらいの陽気です。
午後は黒い砂浜である『砂の浜』で水&砂遊び。足首までのつもりが陽気に誘われ、ジミー含めて5人がカラダごと水浴びとなりました!

15時を過ぎて冷えてきたので水着温泉へGo!ジオの恵みである源泉をありがたくいただきました。

日の出を見たなら日の入りもという事で、『バームクーヘン』と呼ばれ、理科の教科書にも載っている地層切断面へいきました。夕日に照らされる崖面の露頭に地球の長い歴史を感じ、沈みゆく太陽を見届けました。

夕食後、今日の最後の大自然のプレゼントは満天の星空!北斗七星、オリオン座がいつもに増して輝いていました。

明日は三原山トレッキング。伊豆大島の中心に迫ります!

ジミー

2_8_2 2_35_2 2_79

2_164 2_183 2_208

2_289 2_321

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

伊豆大島冒険学校1日目

ホールアースでは初となる大島でのキャンプ、伊豆大島冒険学校がスタートしました。
ホールアースの様々なキャンプを経験している仲間が集まり、同窓会の雰囲気も若干漂いました。
雨模様の熱海から高速ジェット船『愛』に乗り、わずか45分で岡田港に到着です。レンタカー&キャンプ場のバスで海のふるさと村にもひとっ飛び。
挨拶をした後に、早速テント設営。大きな子がリーダーシップを発揮してくれました。
ありがとう!

スパゲティとサラダをみんなで作り、おかわり続出で美味しくいただきました。

女の子から肝試しのリクエストがあり、真っ暗なトンネル内をテントメンバーで探検!イクリンとエリンギの脅かしにもめげずに、磁石にくっ付く大きな石のゴールまで行く事ができました。

雨もあがって、明日は良い天気予報。日の出ウォッチング行ってみます。みんな起きられるかな?

ジミー

1_1 1_12 1_13

1_27 1_75 1_79

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年4月 »