« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~5日目最終日

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~もついに最終日。
長いようであっという間だった5日間。
果たしてみんなは冒険キングの称号を得ることができたのでしょうか。
最終日も朝の日課はいつもと同じ動物のお世話から。
もう5日も経つと慣れたもので、みんなお仕事をてきぱきとこなします。
ところが、今日のお世話はちょっと一味違いました。
なんと、動物のお世話の中にもメダルを探すための指令が
隠されていたのです。
Pen31739 Pen31745
指令書を読み解き必死に次の指令書を探すみんな。
1個は「ヤギ小屋」に1個は「アモ(犬)」首輪に隠されていました。
そして、次に食堂3人娘にヒントを貰い。
玉ねぎの中に隠されていた最終ヒントをゲット!
お仕事をしてペコペコになったお腹を満たして、
朝食後は自分たちの荷物とテントのお片づけ。
早く終われば終わるほどフリーチョイスの時間が長くなります。
遊びの時間がかかっているとなると、みんな本気です。
中には前日から完璧に荷物を片付けている子もいました。
片付けをさっさと終わらせたみんなには最後の大仕事が
まっていました。午前中に見つけた最終ヒントを元に
最後のメダルをゲットすること。実は、4日間集め続けた
メダルは目標の20個に一歩届かない19個でした。
最終日にどうにか目標を達成するために必死です。
最終ヒントを元にあんま~から直接メダルのありか
を示す指令書をもらいました。
Pen49859
指令書にはみっちーがメダルの有りかを知っているとの情報が、、、
みんなはみっちーをみつけましたが、必死に逃げるみっちー、
中々苦戦しましたが、どうにかみっちーを捉えることに成功!
みっちーからメダルのありかを聞き出すことができました。
Pen31791 Pen31792 Pen31793
そして、遂に目標であったメダル20個を達成!!
どうにかみんな冒険キングの称号を得ることができました。
Pen31845 Pen31846
メダルと20個ゲットして安心したみんなは、
いよいよフリーチョイスの時間へ。
メンバーを集めて野球やサッカーラグビーなどの
球技をしたり、ギターを弾きながら歌をうたったり、
今回大人気だった綱渡りをしたりして過ごしました。
Pen31858
フリーチョイスでたっぷり遊んだ後は昼食をとり、
午後はいよいよお別れの会。
みんなそれぞれこの5日間の感想を言い合いました。
「メダルを集めるのが楽しかった。」「川(カヌー)が楽しかった」
「達成感があった」「気球から見た景色が忘れられない」など
みんなそれぞれに大切なモノを見つけてくれたようでした。
スタッフもそれぞれ子供たちへのメッセージ、
そして、最後にキャンプ長から素敵なプレゼントが。
なんと皆が集めたメダルをスタッフがバッジにかえてくれていたのでした。
さらに、無事冒険キングの称号を得た証に冒険キング認定証が
子供たちに配られ、みんなとても嬉しそうでした。
Pen31926
全力で冒険した5日間。
夏休み最初の思い出がみんなにとって一生の思い出に
なってくれればいいなあと祈っているキャンプ長でした。
Pen49951
本当によく頑張った!!
(みっちー)

| | コメント (8)

2013年7月29日 (月)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~4日目

キャンプ4日目、今日は洞窟探検の日です。
昨日まで10個集めた冒険キングへのメダル、今日は何個見つけることができるでしょうか。
出発前から雨がポツポツ降ってきましたが、子ども達はものともせず、
「今日は何個隠れてる?」「洞窟にあるんでしょ?」「俺が絶対ゲットしてやるぜ!!」「私が取りたい!」とメダル獲得への意欲で胸を大きく膨らませていました。
そして、いよいよ探検は、樹海でのミッションから始まりました。
午前中のお題は、「樹海の中に隠された宝箱をGetせよ!」
スタッフを含めた4つの班に分かれ、みっちー隊長から宝の地図とコンパスを受け取り、森の中を探検しました。
地図には「木の根元」「3つの穴」「くるくるの木」「鹿の食べた木」と4つの宝箱のありかが書き込まれています。
しかもその内3つにはダミーが入っているのです。
道がはっきりしない森の中での宝さがしは、チームワークとひらめきが肝心で、子ども達は、どの宝箱にメダルが入っているのか、どのポイントから探そうか、とあれこれと相談しながら、冒険を進めていきました。
宝箱を見つけて手を触れたら他の宝箱を取ることはできないとあって、何度も作戦会議をひらいて話し合った班、ひとつの宝に向かってガンガン進んだ班等いろいろありましたが、無事、4つの班が制限時間内にそれぞれ1つの宝箱を見つけることができました!
その結果は、、、同行したスタッフ曰く「何もないはずのところで神がかった勘を発揮した」班が見事本物をGet!
ダミーを取ってしまった班は肩を落としてしまいましたが、次の洞窟での発見に意欲を募らせました。
Pen31508 Pen31516 Pen31537
ランチ休憩をはさんだ後の午後のミッションは、
「3つの洞窟で6つの○○(お菓子)を見つけた時、宝の眠る洞窟への地図が手に入る」というもの。
まずは、みんなで1つの洞窟に練習を兼ねて入って盛り上がった後、午前中と同じ班に分かれ冒険し、難易度の高い洞窟を次々と制覇しました。
そして、4つの班の4つ地図の欠片を合わせたところ、宝の地図が完成!
それを元に、みんなで第5の洞窟へと入っていきました。そして、洞窟の奥の奥、狭い狭い小部屋から各班の代表者4人が宝箱をGet!
4つの宝箱には、苦労した甲斐あって、それぞれ2つずつのメダルが!残ったみんなも凱旋の道を作って代表者達を迎え、発見を喜び合いました。
楽しかった~♪普段大人しい子も賑やかな子も、みんな大興奮で目をキラキラさせ、笑っていたのが印象的でした。
Pen31584 Pen31551 Pen31618
そんな興奮を抱えたまま、帰り道は温泉に寄り汗を流し(男子は湯船におしりを浮かべるという仕様もない遊びをしていたとか!)、夕食はホールアースキャンプ名物「手づかみカレー」で、世界の価値観の違いを体感。全員が「美味しい、美味しい」と言って、きれいに完食していました。
夕食後は夜のお楽しみ、キャンプファイヤー!!
みっちーのギターに合わせ、前日も大盛り上がりで歌っていたアンパンマンやドラえもんの主題歌を大合唱したり、この4日間で印象的だったこと、一番笑ったことなどを語り合いました。ここでも子ども達からどんどん発言があり、嬉しい驚きがたくさんありました。
Pen49791
さあ、残り半日!残るメダルもあと1つ!
子ども達は全てのメダルを見つけて「冒険キング」になれるでしょうか!?
キャンプはいよいよ最終日を迎えます!!
(より)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年7月28日 (日)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~3日目

激動の冒険キャンプも折り返し地点。
なんだか3日目とは思えない充実ぶり。
天気も何とか持ちこたえ、行程も予定通り進んでいます。
今日の目玉はなんといっても「宝永山トレッキング」
宝永山とは、標高2693mにあたる、300年前に噴火を起こした
富士山の中腹にある富士山最大の側火山です。
今日は、その宝永山の山頂をみんなで目指しました。
朝、準備を済ませ朝食を食べ終わったメンバーは、
一気に富士山富士宮口五合目へ、
富士宮口の五合目は、世界遺産登録の影響と
日曜日ということもあって、すごい人でした。
メンバーたちはまずは高地に体を慣らし、
準備ができたら、人混みをかき分けて出発!
まずは、宝永火口を目指します。
Pen31240_3 Pen31252_3
宝永火口までの道のりで、いろんな植物や
溶岩に興味をもつ子もいました。
そして、火口目前でメンバーたちは
一列になって、目隠しをしながら火口に向かって歩きました。
火口の端まで来て目隠し開けてみると
そこには巨大な穴が!?ダイナミックな火口の全景を見て
メンバーたちは驚嘆の声を上げていました。
Pen31313_2
宝永火口でお昼ごはんを食べ
お昼すぎに山頂目指して登り始めました。
Pen31356_3 Pen31372_2
一見近そうに見えるのですが、
足元は砂利状の砂と石ころで、
登っても登っても、
まさに3歩進んで2歩下がる状態。
とっても大変でしたが、
全員が無事登頂!!
早く頂上についた子は、遅れてしまったこの元まで
わざわざ戻って、荷物を持ってあげたり、
励ましの声をかけたりと、お互いを思いやるとても
大切なモノが生まれた瞬間でした。
Pen31394_2
頂上では、ご褒美にメダルをゲット!!
集合写真を全員でとりました。
Pen31426_2
帰りはひとっ飛び、上りで1時間ほどかかった斜面を
たった15分くらいで降りて来ました。
そして、火口ではふたたびメダル探し、よりが隠したポイントは
かなり難しく、みんなとても苦戦していました。
Pen31465_2
最終的に無事五合目に戻ったメンバーたちは
バスに戻ると一瞬で眠りに落ちてしまいました。
お疲れ様。今日はとても大きなことをやり遂げました。
夜は、比較的時間に余裕があったので、
何人かのアイデアでキャンプファイヤーで歌う歌を
キャンプ長のギターに合わせて練習しました。
Pen49646
大分連帯感が生まれてきたこのメンバーたち。
明日は最大の難関「洞窟探検上級編」を実施予定です。
果たして、最大のお宝を発見することができるのか!?
(みっちー)

| | コメント (6)

2013年7月27日 (土)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~2日目

本日の起床は早朝5時。なぜなら、朝の凪の時間をねらって熱気球を飛ばすからです。
天気は曇り。熱気球体験には、ほどよい気温と風。みんなで力を合わせて気球を膨らませ、無事、空へ舞い上がらせました。順番で乗った気球に子ども達も大興奮。眼下の景色を眺めたり、友達に手を振ったり、帽子を飛ばして下の子がキャッチをしたり、人文字も作りましたよ。そして最後には、パラシュートに乗って降りてきた「指令書」を見て、メダルのありかを猛ダッシュで探しあてました。
Pen49256 Pen31007 Pen31044

その後は、軽食、朝食を残さず食べ、お昼までフリーチョイスの時間。
綱渡り、ハンモック、ヤギの散歩、池の生き物探し等、それぞれかなりの熱の入れぶり。お昼寝をしてもよかったのですが、ずっと寝ている人は誰もいませんでした。
そしてこの時間も、キャンプ長みっちーが隠したメダルを真剣に探す姿が!その気になる隠し場所とは、なんと、竹やぶ迷路の奥、ヤギのお腹の下、畑のナスの裏側、とかなりの難問でしたが、みんなで協力して見事、宝を探しあてました。

Pen49374 Pen49382 Pen31138

昼食にホールアース農場の美味しい冷やしうどんを食べた後は、フリーチョイス第2弾。
前半と後半に分かれ、クライミングウォールの高い壁を果敢に登りました。成功者は3名。なかには、ねばり強く20分も同じ場所に張り付いていた女の子もいました。
クライミングウォールをやらない時間の大人気種目は、綱渡りとハンモック。特に綱渡りは午前中と比べ、だいぶ先まで渡ることが出来るようになりました。
Pen49476 Pen31155Pen31180
Pen31183 Pen31182Pen311152_2
夕方、動物のお世話をし、夕食を食べたら、ナイトハイクへ出発!
お寺で肝試しをしました。何もなくても怖~い道のりに、スタッフの仕掛けた怖い罠。みんなキャーキャー言いながらも恐怖に打ち勝ち、ゴールにたどり着きました。

長い一日の帰宅後はもう、みんなあっという間にお休みモードになりました。
明日は宝永山へ登山だ!
おやすみなさい。
(より)

| | コメント (2)

2013年7月26日 (金)

遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~1日目

待ちに待った待望の夏休み!!
ホールアース自然学校今年最初の夏キャンプは
「遊牧民キャンプ~アドベンチャー編~」!!
川に空に山に洞窟に富士山の自然を大冒険の5日間。
こんにちは。キャンプ長のみっちーです。
今回は20人の冒険好き少年少女が全国各地から集結しました。
初めて合う子たち同士はなんだかドキドキ、緊張します。
ホールアースのキャンプで最初にやることといえば、名札作り。
手作りの木の名札にそれぞれのニックネームを書いていきます。
ニックネームも多種多様で自分の名前をそのまま書く子もいれば、
なんだか暗号のような名前の子まで、いろいろ個性があっておもしろい。
Pen30753
名札が作れたら、バンダナをゲットして、いよいよおまちかねの昼食。
いくりん料理長が特製の富士宮やきそばを作って待っていてくれました。
お腹ペコペコのみんなは、山もりの焼きそばをあっという間に食べてしまいました。
Pen30767
腹ごしらえが終わったら、今度はオリエンテーションの時間。
キャンプのルールや予定を確認。盛りだくさんの内容です。
仲間、自然、食べ物、動物、いろんなものを大切にしましょう。
そして、みっちーキャンプ長から発表があった今回のテーマは、
な、なんと!「宝探し」!!
そして「冒険キング」になること!!!
5日間を通して、いろんな場所に隠されている宝箱を開けると、
そこにはホールアース特製メダルが!そして、そのメダルを
全員分20個集めると「冒険キング」の称号を得ることができるのです!
それを聞いたみんなは、ワクワク。なんだかゲームの世界のようです。
ワクワクの発表の後は、今度はドキドキ自己紹介。
それぞれ、ニックネームをみんなに披露し、今回楽しみにしていることを
発表しました。「宝永山トレッキング」「気球」「洞窟」「カヌー」どれも
大人気でした。自己紹介の後は、みんなで共通点探しゲームをしました。
自分と共通点を持つ仲間をみんな発見できました。
Pen30780
そして、いよいよ川へ。
川では、飛び込みをする子、カヌーに乗る子、タイヤチューブで流れる子、
富士山の湧き水はとっても冷たかったですが、
男の子も女の子も入り乱れて、思いっきり楽しんでいました。
体の冷えた子たちはすぐさまドラム缶風呂へ。
ほっかほかのお湯をかぶって幸せな気分になることができました。
そして、その中で二人が早くも滝の裏や岩の上に隠されていた
宝箱を発見しました!2枚のメダルをゲット!!
Pen30793 Pen30806 Pen30817 Pen30843 Pen30888 Pen49185
川の後は、動物のお世話。
まずはやぎのお世話をします。
男子は小屋の掃除や水の交換、野菜くずを餌としてあげてくれました。
女子はやぎの大好物、草を大量に刈ってきてくれました。
たくさんの子供達に最初は戸惑っていたやぎたちも、
最後はとても嬉しそうでした。
夕食は料理長いくりんが、腕によりをかけて
ホールアース農場の野菜をたっぷり使った料理を作ってくれました。
夜は、明日の記入に備えて早めにテントに入って就寝。
スタッフのみっきーやよりも途中で加わりパワーアップ!!
まだまだ冒険は始まったばかり、明日以降も全力で冒険するぞー!!!
(みっちー)

| | コメント (5)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »