« 耐寒キャンプ二日目 | トップページ | 親子のんびり熱気球キャンプ①:二日目 »

2011年4月29日 (金)

親子のんびり熱気球キャンプ①:一日目

ゴールデンウィーク恒例の「親子のんびり熱気球キャンプ」が始まりました。


まずは4月29日から5月1日までの2泊3日、9家族22名のみなさんが富士宮市柚野の里山に集結。スタッフは、キャンプ長のラガー、やまっち、かあちゃん、ガッツ、くんぺー、みかんの6名。そこに、途中でお手伝いをしてくれる特別スタッフも加わります。


春の青空が広がる最高のお天気のもと、いよいよキャンプスタート!


富士宮ヤキソバでお腹を満たし、お互いに自己紹介をした後は、ホールアース自然学校の施設案内ツアーです。眩しい新緑に包まれた階段を抜けると、たくさんの動物たちが待っていました。目の前に現れたポニーやヤギとふれあい、子どもたちは一気にヒートアップ!このままの勢いで熱気球プログラムに突入です!!


ここで、特別スタッフのジビーも合流。独特の明るい声が響き渡り、さらに雰囲気が盛り上がります。


ホールアース自然学校の熱気球プログラムは、参加者全員で協力しながら立ち上げるのが特長。一人ひとりが役割を持ち、パイロット(ラガー)からの指示に従います。


どんどん持ち上がるサイド部分をしっかり押さえて、気球が風で暴れないように固定するのがお母さんと子どもの役割。力の強いお父さんたちには、気球の頭の部分を安定させるための重要任務が割り当てられました。


それぞれが責任重大。風と熱が送り込まれる間、みんな必死の様相です。


「上がるぞー!」というラガーの声とともに、おっきな気球がすーーっと立ち上がり、一同大歓声!!!


自分たちで上げた気球に、家族ごとに乗り込む・・・。このキャンプならではの最高の時間が訪れました。


風は安定。富士山も顔を出し、遠くには駿河湾が広がります。恵まれたコンディションの中、夢のような時間は過ぎていきました。


お腹ペコペコで帰ってきたら、かあちゃん特製の夕飯がお出迎え。ペロリとたいらげ、星空観察。大満足の初日が終わりました。


(やまっち)


Imgp0892_2 Imgp1065 Imgp1081

Imgp1001 Imgp1072 Imgp1101


|

« 耐寒キャンプ二日目 | トップページ | 親子のんびり熱気球キャンプ①:二日目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。