« 遊牧民キャンプ ジュニア③ 1日目 | トップページ | 遊牧民キャンプ ジュニア③ 3日目 »

2010年8月30日 (月)

遊牧民キャンプ ジュニア③ 2日目

いよいよ二日目の朝を迎えました。

みんなは朝日と共にウズウズ。
テントから抜け出したいのを我慢して、
スタッフの「起きていいよ」コールを待ちます。

朝一番は、動物のお世話。
まず自分たちの朝食の前に動物たちにご飯をあげます。

朝食はおいしいトマトリゾット!
大人気でおかわり殺到。
スタッフ分までおかわりが回らないくらいでした(汗)

さあ、いよいよ洞窟へ出発です。
洞窟へ向け森を歩いていると
沼地に足跡が…
犬?猫?鳥??

いやいや、鹿の足跡がありました。
もうここは人間だけの世界ではありません。
森に中に「お邪魔します」って気持ちで
みんな歩いてね。

そして、森を抜けるとそこには、
ぽっかりと洞窟が!

入り口からはスッーっと冷気が漂ってきます。
この奥はどうなってるんだろう??
みんな興味深々な様子。

洞窟探検の心得を伝授し、いざ探検へスタート
入るや「寒い」という声が。

真っ暗な中がけを降り、広い場所へ。
その場所で本当の洞窟の姿。
真っ暗闇を体験。そしてその奥の静かな
地下水のしずくの音も聴きました。
洞窟はまだ続きます。
徐々に狭くなっていく道を進むと、
最深部にはお地蔵様が。
ここは地元の人にも愛されている
場所なんです。

戻りがけにこの洞窟にまつわる
鬼の話をし、ちょっとビックリしながら
戻っていきました。
外に出るとメガネが真っ白。
温度差で曇ってしまったんです。

お昼は移動し、ひろーい原っぱ、朝霧アリーナ!
バスを降りるなり走り出す子も
それぐらい広い。
原っぱでおいしいご飯を食べたら、
自由に遊びました。
ギターで歌ったり、追いかけっこしたり、
だるまさん転んだしたり、

少し暗くなってきたので、
ホールアースへ帰ります。

夕方の動物のお世話をしたら、
夕食の準備。
ホールアースのカレーといったら
本場手づかみカレーなんですが、
そのお供「チャパティー」も手作り
鉄板でカリッと焼いて食べました。
初めてで戸惑いなかなか食べられない
子もいますが、徐々に挑戦。
口の周りがカレーまみれになる子もいました。

そして、お待ちかね
キャンプの夜はキャンプファイアー

火を囲んで、
ゲームやダンス、歌を歌いました。
もうスタッフも子ども喉ガラガラ。
明日お子さんの声が嗄れていたら
盛り上がりすぎました。すみません。

あっという間の2日目
もう残りは明日のみ
ハードな一日だったので、
みんなもう眠いでしょう。
でもきっと明日も早起きなんだろうな~
あしたもみんなで楽しもう!!

(じゅんじゅん)

1 3 4 5 6 7

|

« 遊牧民キャンプ ジュニア③ 1日目 | トップページ | 遊牧民キャンプ ジュニア③ 3日目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。