« 八丈島冒険学校5日目 | トップページ | 水上アドベンチャーキャンプ1日目 »

2010年4月 2日 (金)

八丈島冒険学校最終日

ジミーの歌でさわやか?な朝が始まりました。

寝袋を片付け、畳の上に長テーブルを置き、
朝食のカレーサンドをいただきます!

荷物を片付け、公民館を掃除してくさや工場に出発。
今日は残念ながら前日のシケで漁がなく、生のトビウオがなかったのですが、
漬け込むくさや汁や乾燥室、梱包場所を見学させてもらいました。
くさやのニオイが刺激的で、顔をしかめる子も多かったですが、
最後に試食とジュースがサービスされ、みな夢中になっていました。

お土産屋さんでは、家族や友人の顔を思い浮かべながら、みんな
悩み楽しんでいました。お土産は喜んでもらえたかな?

その後はお天気が良かったので、フリージア祭りに参加し、
みなそれぞれ好きな色のフリージアの花をとらせてもらいました。
これもお父さん、お母さんによいお土産となりました。

お昼を食べて、いよいよ飛行場へ。
今日は3月末日で、島の中でもお別れの日。役場の方や学校の先生を見送りに
ロビーは大勢の島の人たちが集まっていました。

子供たちの「欠航して!(もう1泊したい)」という想いは叶わず、
僕らを乗せた飛行機は雲をつきぬけ羽田空港までひとっ飛び!
モノレール、電車を乗り継いで東京駅で解散式を行いました。

5泊6日、八丈島冒険学校の終了です。

八丈島冒険学校での数々の冒険、野外生活の中で、子供たち一人ひとりが、
自分の意思でチャレンジする姿が見られました。
自分の意思で一歩を踏み出したことで、楽しかったり、悲しかったり、
うれしかったり、ドキドキしたりしたと思います。

これでキャンプは終わってしまうけれど、普段の生活の中でも、
いろんなことに挑戦する機会はあるでしょう。

壁にぶち当たったり、心配になったり、打ちのめされたりすることも
あるかもしれません。
でもそのときは、この八丈島冒険学校で自分が一歩を踏み出したことを
思い出してください。きっと勇気をもらえるはずです。そしてその先には、
もっともっと面白いことが待っているかもしれません。

集まってくれたみんあと出会えたことに感謝!
(もちろん送り出してくれた家族の皆さんにも)。
このつながりが続くといいね。

小さな勇気をもって、一歩踏み出せば、それが冒険の始まりかも。
人生という大きな旅の中でまたどこかでぜひ会いましょう!

(ジミー)

Photo_16 Photo_17 Photo_18

Photo_19 Photo_20 Photo_21

Photo_22 Photo_23 Photo_24

|

« 八丈島冒険学校5日目 | トップページ | 水上アドベンチャーキャンプ1日目 »

コメント

 遅くなりましたが、大変お世話になりました。
 もえぎは、今でも「八丈島はね…、」と話しをしてくれます。
 アイスランドの噴火の映像をみると、「ジミーは行きたいのかなあ」って話していますよ。
 アシタバもフリージアも洞窟も登山も全部いい思い出になっているようです。

 家族から海を隔てた場所への大冒険。ジミー、チョッキー、ペコ、シン、どうもありがとう!

投稿: もえぎ父 | 2010年5月 4日 (火) 18時24分

この記事へのコメントは終了しました。

« 八丈島冒険学校5日目 | トップページ | 水上アドベンチャーキャンプ1日目 »