« 耐寒キャンプ 一日目 | トップページ | 春の遊牧民キャンプ:1日目 »

2010年1月 4日 (月)

耐寒キャンプ二日目

まだ空も真っ暗な中、スタッフに起された子ども達は、
眠くて、寒そうな顔をして、起きてきます。
耐寒キャンプ二日目です。
二日目の朝は、なんと朝の4時半起床。
外気温は0度で迎えました。

意外に寒くなかったのは、空に雲が覆っているおかげ。
けれども、今から朝日を見に登山をするのに、
曇っているけれども、大丈夫かな?

ティピー(インディアンテント)から出て、
温かいごはんと味噌汁を食べ、体力をつけ、
ホールアースの目の前にある柚野山のてっぺんに向かって
出発です。

暗い中、ヘッドライトの灯りを頼りに、
山を登っていきます。
足場が悪くて、こけそうになったり、
斜面が急で、息が切れたり。
「こんな大変なんて想像してなかった!!」
という子どもの声も。

そんな苦労して登った山の一番のビューポイントに、
日の出10分前に到着。
その頃には、すっかり周りは明るくなっていました。
残念ながら、富士山は雲で隠れて見えないけれど、
富士・富士宮の町並みと、駿河湾、あと伊豆半島まで一望!

問題の雲で覆われている空は、果たして晴れているでしょうか?
期待と不安の気持ちで空を仰ぐと、
丁度朝日が昇って来る方向は、雲の切れ目が!

無事雲の切れ目と切れ目の間から、
朝日を見ることができました。

その後、みんなでサンドウィッチを食べたり、
崖をソリで滑って遊んだり。
山でめいいっぱい遊んでから、下山しようとしたそのとき、
空から、白い物がちらついてきました。
なんと雪です!
雪はすぐ止んでしまいましたが、
子ども達のテンションは、最高潮!?
下山中に見つけた、氷や霜柱にも興味津々です。

下山して、ホールアースに戻ってきたら、
おやつの焼き芋とみかんを頬張り、
動物と遊んだり、のんびりお昼寝をしたりする子もいる中、
お正月遊びの定番(!?)羽付き大会の始まりです。
5点先取で、負けるとなんと、墨で顔や腕に落書きされてしまいます。

スタッフも相手が子どもであっても、
手加減なんてしません!
本気で勝負していきますが、
あれ?スタッフもみんな、顔に落書きされてます。

そんな楽しい時間を過ごしていたら、
あっという間に、お昼を食べて、お別れの時間。
1泊2日はやっぱり短い!!!

みんなキャンプで何が楽しかった?という質問に、
「たこあげ!」
「がけすべり!」
「全部が楽しかった!」という声も。

凧や羽付のお正月遊びを満喫した2日間!
みんなで、寒さの中、寒いという気持ちよりも、
楽しい思い出がいっぱいの2日間でした。

みんな、また来年もお正月遊び、たくさんしよう!

(ペコ)

 

P1040004 P1040008_2 P1040015 P1040016_3 P1040037 P1040047 P1040057 P1040061_3 P1040079 P1040080_2

|

« 耐寒キャンプ 一日目 | トップページ | 春の遊牧民キャンプ:1日目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耐寒キャンプ二日目:

« 耐寒キャンプ 一日目 | トップページ | 春の遊牧民キャンプ:1日目 »