« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

野力100倍キャンプ5月:2日目(最終日)

さぁ今日は早朝から昨日作ったMy釣竿で魚釣り。果たして何匹つれるのか!?
それぞれ思い思いの場所に散らばり、釣りがスタート! エサは昨日穴掘りを頑張っていた二人が捕まえてくれたミミズたちです。そしてスタッフが想像していた通り、スタート直後から「からまったー」「切れたー」「ミミズつかめなーい」のオンパレード(苦笑)。しかし、忍耐強く待つこと1時間強、ついに「釣れたー!!!」という力強い声が! 結局朝はアブラハヤ4匹を釣り上げることができました。よかったー。

朝食を食べ、みんなで野遊びをしたあとは、それぞれ自由タイム。昨日に引き続き穴掘りに没頭する二人組みと、清流芝川でカヌーに乗ったり滝に突っ込んだりダイブしたりする子どもたち、そして釣りを続行する子どもたちにわかれて活動しました。

穴掘りチームは階段やドロ団子まで作って要塞作り。釣りのほうは、アブラハヤとカジカがそれぞれ1匹ずつ釣れ、昼食では実際にさばいててんぷらにして食べました。最後まで釣っていた男の子が「こんなにおいしい魚が釣れるのかー!!」と大興奮。昼食作りのときは大きな薪や堅い薪を斧やナタで割るチームも登場。何度も渾身の力を込め、叩き割っていました。

みんなで協力して作った昼ごはんを食べる頃には、天気が崩れ始め雨に。でもここまで天気がもってよかった!最後はみんなで感想を言い合い、野力手帳をもらい、一本開きで終了です。

自然の中の不便な暮らしは大変ですが、逆に何でもできるチャンスが転がっているということでもあります。いつもは当たり前のものが当たり前でない状況になったとき、普段の生活がいろんな場面で誰かに支えられて成り立っていることもわかります。キャンプに参加してくれたみんなには、これからも想像力や創造力をたくましく持って、どんな状況が来ても笑い飛ばしていける力を持ち続けてほしいなと思います。

またホールアース自然学校でキャンプしよう! じゃあね~(いのっち)

Nodi2Nodi2_1Nodi2_2Nodi2_3Nodi2_4Nodi2_5Nodi2_6Nodi2_7Nodi2_8Nodi2_9         

| | コメント (11)

2009年5月30日 (土)

野力100倍キャンプ5月:1日目

予想された天候不順を見事吹き飛ばし、青空さえ垣間見える天気の下、2009年度「野力(のぢから)100倍キャンプ』がスタートしました!

今回のテーマは「火起こし」と「釣り」です。最初のオリエンテーションの前に少しだけ犬と一緒に川で遊び、自己紹介が終わった後は野力の基本中の基本、ホールアース流火起こし(薪の作り方・組み方、火打石や紐ぎり式による火種の作り方、大きな火に育てる方法など)を実際にやってみました。火打ち石チームは見事全員着火! 難易度の高い紐ぎり式チームは3人一組で、なんと見事1組が着火に成功! みんなの力を合わせて火が大きく成長しました。やったぞ!

火が無事ついたら、今度は食料調達のため畑へ。タマネギ、キヌサヤ、ネギ、ニンニク、間引きカブなどを2日分収穫し、キャンプサイトに戻った後は釣竿作り、夕食作りと盛りだくさんのことをこなしていきます。自分たちの力で生活していくことって、結構大変だということを実感したかな? ドラム缶風呂の用意と夕食準備を並行してこなし、おいしいご飯を食べた後はあったか~い(最初はあつ~い!かも?)ドラム缶風呂に入り、疲れを癒しました。

今回の寝床は各自好きなところへ! ツリーハウス内、巨大東屋内、動物小屋の上などでそれぞれ眠りにつきました。さぁ明日は早朝から釣りです。みんな起きれるのか?! (いのっち)

Img_8203_2Img_8255_2Img_8275Img_8345Img_8392   Img_8423_4 Img_8433

| | コメント (4)

2009年5月 6日 (水)

本栖湖竜神キャンプ 最終日

あっという間の本栖湖竜神キャンプ最終日です。

朝ごはんを食べたら早速イカダを浮かべに行きます。
しっかり浮かぶのは昨日実証済みなので、
湖へ漕ぎ出しましょう。

リズムと力を合わせて、
「1・2・1・2」と漕いで行きます。
風で流されてしまわないためのレスキューロープ担当の子供たちも
イカダの動きとあわせて湖畔を歩きます。
少し沖へ出ても、富士五湖一透明度の
高い本栖湖だけあってしっかり湖底や
泳ぐ魚まで見えるくらいでした。

その後は子供たちの要望が強かった温水プールへゴー!
雨も寒さも関係なしのプールで
遊びまくりました。

戻るとハチがお昼の用意をしてくれていました。
遊びまくったせいか、みんなすごい量をバクバク食べていました。

雨にも負けず、風にも負けず遊び倒した3日間は、
あっという間に過ぎていき、とうとうお別れの時間。
口々に「楽しかった!」という声が聞けてうれしかったです。
また自然の中で仲間と一緒に走り回って笑い転げて、
素敵な思い出を作ろうね。

来年の本栖湖竜神キャンプもお楽しみに! またキャンプしよう!

まりりん

3_7 3_37 3_26 3_41 3_48

| | コメント (5)

親子熱気球のんびりキャンプ① 3日目

やってまいりました、最終日。

雨が降り止むことは無かったけれど、
子ども達はみんな色とりどりのカッパを着せてもらって、動物のお世話。
最初は大きくて怖かったロバやポニー。
お父さんやお母さんと一緒に、なんとか触ったりエサをあげたり…。
だけど今日はもう大丈夫、自分たちだけでしっかりお世話できました!

朝ごはんを食べてみんなで3日間の大掃除!
大人も子どもも一生懸命掃除してくれて、すっかりきれいになりました!
家族間でも、とっても打ち解けた雰囲気がって、もはや大家族状態(笑)
子ども達みんなにたくさんの親がいて、大人全員にたくさんの子がいる。
そこには泣きも笑いも、たくさんあって、
とってもあたたかな空間がありました。

雨が降って、できなかったことや残念だったこともありました。
だけど雨が降ったからこそ、わずかなスペースでできることを、
みんなで話し合って、いろんな遊びを考えながら試していきました。
“雨降って地固まる”じゃないですが、
それによって生まれた一体感もあったのかなー?なんて(笑)
子ども達にもこれから雨後のタケノコのようにすくすく育ってほしいものです。

みなさん、また夏にお会いしましょう!
(ワダキ)
P5060290Dscn1223P5060329

| | コメント (0)

2009年5月 5日 (火)

本栖湖竜神キャンプ 二日目

  本栖湖キャンプ二日目!

しかし、昨日の夜から降り始めた雨のおかげで、
予定していた竜ヶ岳登山を変更して、
早朝からイカダを本栖湖に浮かべに行きました。
「ちゃんと浮かぶかな?」
「何人乗れるかな?」
みんなドキドキしながら運びます。

しかし、予想以上の浮力で子ども7人・大人1人を
余裕で乗せることが出来ました。
少し雨が強くなってきたのでイカダはここまでで引き上げます。

朝ごはんを食べたら
ギターで歌ったり、野遊びしたり、
キャンプ場を満喫!
お昼は昨日捕ったエビと魚をから揚げに!
意外にエビも魚もおいしくてびっくり!!
食べる子供は少なかったですが(笑)

では、青木が原樹海の洞窟に出発です。
樹海にはタコの様な根っこの木やゴツゴツの岩が。
みんなの知っている森とはちょっと違います。

その森の中にドーンッと大きな穴が顔を覗かせました。
そう!この穴にみんな入るのだ。
ヘルメット・ライト・手袋を装備して気分は探検家!
狭い岩場を抜けるとそこにはタケノコの様な氷、
氷筍(ひょうじゅん)や尖ったつららばかりの神秘の世界が
現れました。
初めて見る世界にみんな大興奮の様子でした。
氷の世界のあとはあったかい温泉に直行!
よーく温まったら、戻って夕食を食べました。

この日は雨が続くのでバンガローにみんなで
寝ることに。でも寝る前にあったかくなる面白い話をしたので、
みんなぐっすりでした。

明日は、あっという間の最終日!
いよいよイカダで出航します!!

まりりん

2_18 2_30 2_36

2_48 2_822_128

| | コメント (0)

親子熱気球のんびりキャンプ① 2日目

2日目の朝、目が覚めたらなんと窓の外は雨がポツリポツリ。
だけどそんなのはお構いなしに、とっても元気な子ども達。

今日は朝から動物たちのお世話に出かけました。
ウサギやニワトリ、ロバやヤギたちに朝ごはんを配達♪(笑)
動物たちがご飯を食べる姿を見ていたら、みんなのお腹もペッコペコ。

朝ごはんは昨日のカレーと、みんみん特製の天然酵母パン。
みんな酵母パワーを身に付けて!さぁ向かうは柚野の里山、竹林だー!!
無いと思っていたタケノコが、みんなで探すとあちらにもこちらにも。
大人よりも、子ども達の方が早くたくさん見つけられました。
子どもが見つけたタケノコを、お父さんとお母さんが掘る!掘る!掘る!(笑)
2時間もしないのに、掘れたタケノコは全部で23本!!
40人で食べきれるかなー?

午後には雨が激しくなったので、屋根のある場所でのプログラムに変更。
大人・子ども全員にやりたいことを聞いてみたら、
なんと、大人たちは温泉や昼寝がしたいとのご意見がちらほら(笑)
のんびりキャンプです、ゆっくりしてください☆
子どもたちは火おこしをしたり、スタッフ手作りの東屋でリレーをしたり。
さらに!
ラガーのロープワーク教室や、やまっちのバードコール教室も開講!
川遊びはできなかったけど、3時間めいっぱい遊びました。

タケノコ料理をお腹いっぱい食べて、夜はみんな輪になってお楽しみ会。
ラガーの青春時代の話やキーコの世界的な話。
さらになんといっても、やまっちの恥ずかしい話にはみんな大爆笑!!
良い子のみんな、絶対真似しないでね(笑)

こうして夜は更けていきました。
明日はとうとうキャンプ最終日、たくさんの思い出を作って帰りましょう☆
(ワダキ)
P5050138P5050221P5050264

| | コメント (2)

2009年5月 4日 (月)

本栖湖竜神キャンプ 一日目

本栖湖竜神キャンプがいよいよ始まります。
それでは、新富士駅に集合してみんなで出発~!

しかし・・・GWの富士山をあなどってはいけません。
抜け道・抜け道で進んだのですが、
最後の本栖湖に続く国道で大渋滞!
ところが、車の中ではみんな大盛り上がり!
本栖湖につく頃にはお互い名前まで覚えて、
自己紹介が必要ないくらいまでに。

ちょっとおやつを食べたら、イカダを作りましょう。
大型タイヤチューブを船の形に並べます。
タイヤの大きさも微妙に違うから配置も話し合って決めました。
そしてロープでひたすらつないでいきます。
この結び方がなかなか難しいのですが、
みんな協力しながらがんばって結びました。
最後は上に竹・木の板を並べ、
またひたすらロープで結びつけたら完成。
思っていたより立派なイカダが出来てみんな大満足の様子です。

さあ、お腹も減ってきたので夕飯の準備をしましょう。
サトイモを切って、カボチャを切って。
今日はほうとうを作りました。

お腹もいっぱいになったので、
夜の湖にエビを捕りに出掛けます。
夜行性のエビたちは夜になると活発に動き出し、
ライトを当てると目がキラキラ光るので、
そこ目掛けて網を下ろすと簡単に捕ることが出来ます。

よく目を凝らして、そーっと網を入れて・・・
「捕れたぁー」
「こっちにいっぱいいるぞ!!」
「8匹目ゲット!」
夜の湖でエビ捕りをする子どもの声が響いていました。

今日の夜から天気は下り坂。もし雨なら登山は中止し、
富士山の青木ヶ原樹海の底に広がる秘密の洞窟に挑みます。

りりん

1_35_2 1_66_2 1_58_3

1_129 1_132_2 1_138 

| | コメント (0)

親子熱気球のんびりキャンプ① 1日目

「親子熱気球のんびりキャンプ①」が始まりました。

お昼に集合して、まずはいつもの「富士宮やきそば」で腹ごしらえ。
・・・かと思ったら、なんと今回はみんみん・キーコお手製のキーマカレー登場!!
大人も子どももびっくり!だけど子ども達にはちょっと辛かったかな?(汗)

おいしいご飯でおなかいっぱいになった後は、
全員でキャンプサイトに降りて、ゲーム大会をしました!
大人と子どもの真剣勝負・・・。
一列に並んで手をつないで、どちらが早くフラフープをくぐりきれるか!
お父さん・お母さんは一生懸命、子ども達も大盛り上がり。
思いきり走り回った「こおり鬼」も、
捕まったのか休んでいるのかわからない大人たちと、疲れを知らない子ども達。
みんな汗だくなりましたー!

そして次は、みんな楽しみにしていた熱気球!
広がる原っぱの真ん中で、チカラを合わせて大きな気球を膨らませます。
上手に膨らむように、ロープを持って力いっぱい支えるお父さん。
同じくバルーンを必死に抑えるお母さんと子ども達。
1度は風が強くて失敗したものの、
2度目の挑戦で大きな気球は無事空に浮かびました。
みんなであげた気球に乗って見えた風景は、どんな風景よりも素晴らしかった!

帰るころには太陽も沈んで、夜はまた美味しい料理を食べて大満足。
そんなあっという間に一日目でした☆
明日は家族の大黒柱、お父さんたちが大活躍!?
家族のために、夕飯のために。タケノコを掘りに竹林へ!
残念ながらタケノコが不作な今年、どうなるのでしょうか・・・。
(ワダキ)
P5040002_3P5040081_3Img_8736 

| | コメント (0)

GW遊牧民キャンプ わんぱく冒険隊3日目(最終日)

わんぱく冒険隊の朝は今日も早い。
動物や池の生き物観察、火おこし、おしゃべりなどなど、
にぎやかな声で最終日の幕があけました。

まずは竹を使った食器作り。
いろんな形や太さの竹を選んで、自分だけの器とお箸作りに
取り組みました。いつもはワイワイギャーギャーとわんぱくな
子どもたちも、やすりかけの時には真剣そのもの。

そしていよいよ、最後の食事は夏先取りの流しそうめん。
作りたてのマイ器とマイ箸でいざ出陣!
上流部でいち早くキャッチしようとする子もいれば、
末端部でゆっくり確実に食べようとする子も・・・
いろんな子どもたちの個性が表れた場でもありました。

焚き火の灰、田んぼの泥、汗にまみれた顔がよく似合う
30人の冒険隊。また会おう!
(ありっちょ)

P5040199P5040238_2P5040262

| | コメント (3)

親子熱気球のんびりキャンプ② 3日目

3日目
今日も朝から子供達は元気です。!

朝は、下サイトの飼い付けです。やまっちを先頭に、ロバとヤギに
餌をやります。
大きいロバ(ダン)はちょっと怖かったかな?雄ヤギ(キンタ)は立派な角
が自慢です。他のヤギたちは餌ほしさに体を乗り出しています。
動物達に餌をあげて、みんな大満足のようです。

朝食をおなかいっぱい食べ、みんなで後方付けをします。
参加者の方々は終止笑顔でした。初めのときの緊張は微塵もなく、
みんながひとつの家族になったように、笑顔で語らいあっています。

・・・あっという間の3日間でした。

楽しかったこと、印象に残ったことは

『カヌーで川くだりして、滝つぼに行ったこと』
『真っ暗ななかを探検したナイトウオーク』
『熱気球で大空に上がって富士山を見たこと』』
『土だらけになって掘ったタケノコ』
『おいしかったタケノコ御飯』
『夜の国際会議?』・・・などなど

このGW、家族でとっておきの時間が過ごせたのではないでしょうか。
お別れするのは残念だけど、皆さんの笑顔が忘れられません。

今度は夏にお会いしましょう!!
(カ ピ)
31131413181

| | コメント (0)

わんぱく冒険隊2日目

わんぱく冒険隊:2日目

今日は、近所の牛を飼っている農家さんへ
タケノコ掘りに挑戦です。
夕食の食材になる為、グールプごとにみんな2~3本
一生懸命掘りまくっていました。

昼食の後、川遊びや広場での野遊びでしたが、
芝川の水はまだ冷たかったようです。

おまけに、バームクーヘン作りを体験。
自分で作ったバームクーヘンの味は
格別だったことでしょう。

最初、緊張気味であった子ども達の表情も、
キャンプ2日目となると、笑顔が多く
みられる様になりました。
しかし、笑顔の他にも色々な表情がありましたが、
子ども達が日々成長している証です。

子ども達もわんぱくですが、
ホールアースのスタッフも
わんぱくでは、負けていません。(笑)

Imgp5626

ぴーまんImgp5647Imgp5677

 

| | コメント (0)

2009年5月 3日 (日)

親子熱気球のんびりキャンプ② 2日目

2日目
午前6時半・・・今日は快晴です。富士山もその雄姿をくっきりと映し出しています。
風も無く絶好の気球日和?です。
ホールアースでは気球の準備はみんなでやります。それぞれの配置につきました。
キャンプ長のラガーから、みんなに指示がでます。気球に空気がはいっていきます。
ガスバーナーに点火し、ボーボーと勢いよく熱気が入っていきます。
いよいよ、気球本体が立ち上がってきました。もう、浮かぶ寸前です!

準備完了です。みんな興奮を隠しきれません!

今日はコンディションが良いので、何度も大空にあがりました。
中には、6回も乗った子供もいました。空から見る富士山はみんなの目には
どう映ったのでしょうか。

気球体験のあと、外で手作りサンドイッチで朝食です。
朝が早かったせいか、おなかもペコペコです。
日の光をいっぱい浴びての朝食は、とっても美味しかったです。

その後は柚野散策をしました。
木々が新緑に満ち溢れ、気持ちのよい散策となりました。

昼食後、里山クッキングの準備にかかります。
今日のメインディッシュはタケノコ御飯です。みんなでタケノコ採りです。
タケノコが採れないと、今日の御飯が・・・みんな必死?です。
タケノコ採りのあと、お父さん達には、竹林の掃除をしていただきました。
里山を守るため、とても大切なことなんです。
ご協力ありがとうございました。

夕食のタケノコ御飯・・・うまく出来たのでしょうか。
釜のフタをあけると、タケノコのいい匂いが・・・
みんな、お腹いっぱい食べました。うーん満足!

食後は焚き火広場で、火を囲んでお話会です。
ラガーが火について語りました。暖かい火が、みんなの身も心も温めました。
マシュマロ焼きは、失敗すると『真っ黒くろすけ』に・・・

その後スタッフから『とっておきのお話』を1人ずつしました。
カピはお馴染み、カピバラのお話。
ありぼーは家族の関わり方のちょっといい?話。
やまっちは、学生時代の貧乏オモシロ話。
ラガーは、日本に来た世界の人たちのオモローな話。
最後にじったんは、アメリカのインディアンの自然に関わる心温まるお話。
何だか、心が暖かくなりました。

今日は朝早くから、皆さんご苦労さまでした。
明日は最終日です。楽しい思い出は出来たでしょうか。
(カ ピ)

2621287122581







22671_221851_322081_2

| | コメント (0)

2009年5月 2日 (土)

GW遊牧民キャンプ わんぱく冒険隊1日目

GW遊牧民キャンプわんぱく冒険隊が始まりました。

わんぱくな30人の子どもたちを迎えるのは、
キャンプ長のジミーとぴーまん、ありっちょ、ペコ、もーの
わんぱくで大きく育った大人たちです。
(ジミーは大きすぎ…ハッハッハ!大きくなれよー)

夏のような日差しの中、早速田んぼへGO!
田んぼの水は意外と温かい☆
みんなで走ったり、しっぽとりゲームをしたり、サッカー、
蛙観察などをおもいっきりやって、仲良くなりました。

後半はまだまだ遊びたい子と、田植えをしたい子に別れて行動し、
寒くなった子から、泥をよく落としてドラム缶風呂を体験しました。

その後普通のお風呂にもしっかり入って、夕飯はみんなが好きなカレー♪
元気もりもり食べました!!

食後は夜の自然の中に探検へ。
昼の時の田んぼとは違い、蛙の声の大きさにみんなびっくり!
動物は夜に行動する。
カエル、タニシ、イモリ、ミミズなどにみんなは夢中!
家に持ち帰りたい強い思いを抑えて、やっぱり生まれ育った自然に
返してあげました。

明日はたけのこほり。大きく育っているのかな?
ぐっすり寝て明日もわんぱくでいこう!

ジミー

12 3

| | コメント (0)

親子熱気球のんびりキャンプ② 1日目

お待ちかね! 親子熱気球のんびりキャンプ②がスタートしました!!
9家族24名の参加者が集い、キャンプ長のラガー、
やまっち、じったん、ありぼー、カピ、のスタッフを含め、
全体では29人!この3日間みんなで協力しあい、存分に楽しみましょう!

まずはオリエンテーション&自己紹介。
このキャンプにかける意気込みは、ただごとではないようです。
皆さん、ちょっと緊張気味でしたが、子供達は元気いっぱいです。

さあ、さっそく川遊びの始まりです。施設案内をしながら、下サイトの芝川に
降りていきます。これから何が始まるのかな?
川に出ると・・・そこには・・・

カヌーを発見です!!

美しい芝川の清流のなか、家族でカヌー体験です。水がとっても冷た~い。
中には滝つぼ体験に挑戦する方も。・・・いきなりテンションマックスです!

川遊びの後は、濡れた体を焚き火でを温めます。
杉の落ち葉は良く燃えます。ラガーいわく、これは『瞬間ボーボー』らしいです。
瞬間ボーボー(杉)は子供達に大人気でした!?

体も温まったところで、次は動物のお世話です。
今回は上サイトのニワトリ小屋とウサギ小屋です。
ニワトリ小屋では、ニワトリがえさを求めて大合唱です。(ちょっと怖いくらいの迫力)
30羽ほどいる鶏のなかに飛び込んで行く勇者は、はたしているのか?
ウサギはとってもかわいいです。抱っこもOKですよ。

その後、疲れをとるべく、近くの温泉(ユートリオ)に行きました。
お父さん、お母さんも、ほっと一息といった感じです。あ~癒される。・・・

そして、お待ちかね!夕食です。今日の献立はカレーです。
箸もスプーンも使わずに食べるのがホールアース流遊牧民カレー!?
「え?手で食べるの??」みんな、ビックリです。本場の食べ方で
味わうカレーのお味は、また格別です。
川を汚さない為、洗剤は使いません。そのため、重曹だけで汚れが落ちるまで
お皿をに舐めるようにきれいに食べるんです!きれいな川を残すため、アウトドア流
のマナーなんです。

さて、食後はいよいよ大人の時間?
カエデデッキでは、国際会議(ただの飲み会)が始まりました。
熱い討論?が続きます。夜が更け、気付けば日が変っていたりします。・・・

初日は午後からでしたが、内容は盛りだくさん。さあ、明日は何があるのかな?
(カ ピ)

159117711901







110511117111351

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »