« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

八丈島冒険学校 6日目最終日!

「おはよー!」という声とともにいのっち即興のモーニングソングで起床。昨晩は最後の夜ということで仲間との時間がいつもより長くなってしまった子どもが多かったからか、数名をのぞいてなかなか起きてこず、寝袋が芋虫のようにモゾモゾと動いていました。ピクリとも動かない子どももいましたね(笑)。

いよいよ最終日。朝食前に荷物をまとめて車に積み込み、キャンプ最後の朝食を食べました。お腹が満たされたあとは、お借りした公民館を来たときよりもきれいにするべくみんなで大掃除! みんなの力を結集してピカピカにしました。

今日の最初の活動はクサヤ工場見学です。ここでも島のお母さんにクサヤのことをいろいろ教えていただきました。戦前から使用しているというクサヤ汁。その独特のにおいに「○☆△!!」となる子どももいましたが、試食させていただいたクサヤや干物がおいしくて、「うまい!」「意外にいける」なんて声もあがります。

クサヤ工場のお母さんたちにお礼を言ってから、今度は民芸品店へ。たくさんあるお土産に目移りしながら、それぞれの予算で思い出の品を購入しました。

お昼ごはんを植物公園で食べ、キョンという可愛い鹿やクジャクなどを見て広場で野遊び。最後にビジターセンターに立ち寄ってから空港へ向かいました。天気がよく風もそれほど強くない中、子供たちの「欠航して!」という想いは叶わず、僕らを乗せた飛行機は雲をつきぬけ羽田空港までひとっ飛び! わかっちが羽田空港でお別れのため、到着ロビーで解散式をしました。

5泊6日で何をしたか思い出しながらキャンプの思い出にひたり、思わぬサプライズにいのっちが○×△になりながらも、無事、八丈島冒険学校が終了です。

八丈島冒険学校での数々の冒険、野外生活の中で、子供たち一人ひとりが、自分の意思で挑戦する姿が見られました。それはまぎれもない事実。自分の意思で一歩を踏み出したことで、楽しかったり、悲しかったり、うれしかったり、ドキドキしたりしたと思います。これでキャンプは終わってしまうけれど、普段の生活の中でも、いろんなことに挑戦する機会はあるでしょう。壁にぶち当たったり、心配になったり、打ちのめされたりすることもあるかもしれません。でもそのときは、この八丈島冒険学校で自分が一歩を踏み出したことを思い出してください。きっと勇気をもらえるはずです。そしてその先には、もっともっと面白いことが待っているかもしれません。

集まってくれた青少年の仲間たち21人+スタッフ3人、子供を送り出してくれた家族の皆さん、八丈島でお世話になった方々に感謝します。このつながりが続くといいな~。

人生に冒険を! またどこかで会おう! (いのっち)

Imgp5405_edit

A_8B_7C_6   

| | コメント (11)

春の富士山冒険学校 5日目・6日目

5日目は、初日の作戦会議で実施が決まった「徹夜ハイク」の
決行日。そのため、ブログの更新もできませんでした。

さて、5日目の午前中はフリーチョイス(自由選択)の時間。
カヌーやクライミング、畑作業、犬たちのシャンプーなどなど、
スタッフと一緒に楽しい時間を過ごしました。

昼食後のお昼寝と夕食を経て、いよいよ徹夜ハイクへ出発!

富士山二合目あたり、シカやノウサギが暮らす森の道を歩きます。
暗闇の中で色を当てるゲームをしたり、寝転がって満天の星空を
観察したり、シカの気配に全身を研ぎ澄ませたりしながら、
キーンを冷える夜の森を、みんなで一生懸命歩きました。

4時間半後、ゴール地点に到着!!東の空は白んでいました。

車の中で仮眠をとり、今度は朝の森を散策。シカの糞や足あとを
見つけ、確かに動物が暮らす森に来たことを実感しました。

ホールアースに戻ってからは、最後の夜を盛り上げる「屋台村」
に向けて一致団結。屠畜したニワトリの命をしっかりいただく
気持ちを忘れずに、自分たちで決めたメニューを振舞いました。

明日はいよいよ最終日。時間一杯まで思いっきり楽しもうね。

P3300134_2P3310190_2P3310193







P3310198P3310013_3P3310076







上段左:自由選択でカヌー体験満喫中!
上段中:徹夜ハイク実施中!何か見つけたのかな?
上段右:徹夜ハイクでは残雪が残るルートも
下段左:動物たちが暮らす森にて
下段中:ニワトリの命をいただきました
下段右:最後の夜は屋台料理で盛り上がりました! 

| | コメント (3)

2009年3月30日 (月)

八丈島冒険学校5日目

雨(降水量)が日本で3番目に多い八丈島。
明け方からこのキャンプ初の雨に見舞われました。
幸いなことに小雨だったので、これから天候が悪化する予報を受けて、予定を変更して朝食後テント撤収をしました。
協力して荷物運びやゴミ集めをし、みんなとっても頑張ってくれました!

公民館に移動して体育館でシッポ取りゲームをしていると、お日様が顔をのぞかせ、予想に反してみるみる良い天気に変わりました。島の雲は速い!

昼食後、フリーチョイスとして、のんびり隊・防空壕冒険隊・チャリンコ隊に別れて、今日もおもいっきり遊びまくりまくりました!

早めの温泉後は公民館で八丈太鼓体験。黄八丈の着物で揃われた地元鴨川会の方々に、八丈言葉から太鼓の歴史、リズム、踊りまで習い、島の文化に触れることが出来ました。

夕飯はキャンプ定番のカレー☆
お腹いっぱい食べたあとは、サプライズ!!イノッチの顔が描かれたケーキが登場!感謝の気持ちを込めて、そうちゃんとろう、ぜっきーが作ってくれました。ありがとう!

楽しい時間は過ぎ去るのが早く、気がつけば今日がキャンプ最後の夜。

仲間との語らいはねむくなるまで続きました。

ジミー

A_7B_6C_5

F_6D_7E_7   

| | コメント (5)

春の富士山冒険学校 4日目

朝起きてテントから出てみると、なんと地面が真っ白け!!
今朝は久々に霜が降りた、ホールアースのキャンプサイトでした。
早起きをした子どもたちは、白い地面に一番最初に足跡をつけられたと喜んでいました。

天気は快晴で、富士山がよく見えます。
今日はこの富士山のお腹の中、洞窟の探検に出かけます。

ヘルメットをかぶって、手袋をつけて準備は万端!
やまっちの案内で洞窟へもぐっていくと、そこは氷の世界でした。
つるつるに氷が張った上に、にょきにょきと氷筍(ひょうじゅん)が出ていました。
春の富士山冒険学校だから見られたこの景色。
きっと、みんなの心の中に残ることでしょう。

氷の洞窟のあとにも、真っくら闇洞窟に、ほふく前進で進む洞窟。
全部で四つの洞窟にチャレンジしました。
体をめいいっぱい使って富士山の自然を楽しみました。

今日のお昼は、富士山を眺めながらのおにぎり弁当。
洞窟からの帰りがけには、温泉によってすっきりさっぱりしました。

ホールアースに帰ってきてからはテントのお引越しをして、洗濯をして。
その後は、のんびりしたり、ペルードッチやケイドロをして遊んだり、食事の準備を手伝ったり。
それぞれ思い思いに時間をすごしました。

今日も、夜ごはんをみんなよく食べる!
たくさん煮た「肉さと」(肉じゃがのさといも版)がなんと完売でした。
四日目の今日も、まだまだみんな元気です。


Img_0224_2P3290010_2P3290005








Img_0277_2Img_0265















  上段左:いざ、洞窟へ出発!
上段中・右:氷の洞窟でみんなでポーズ!!
  下段左:ゆったりあそぶ
  下段右:富士山見ながら、昼ごはん

(べーやん)

| | コメント (4)

2009年3月29日 (日)

八丈島冒険学校4日目

冒険学校もいよいよ架橋です!
今日は約20年の冒険学校歴史上初めて、八丈小島に行きます!
八丈小島は約40年前までは100人弱の島民の方々が生活していましたが、島にお医者さんがいないことや、ライフラインなど様々な事情もあり、島民全員で移住をされ、無人島となりました。

小島出身の船長さんの漁船に乗り、飛び魚が飛んでいるのをみたり、ジェットコースターのようなスリルを楽しんだり、波をザバーっとかぶったりとみんな夢中でした!

ついに小島上陸。静かで、波・風・鳥の鳴き声、自然な音しか聴こえません。
みんなで昔の様子をイメージしながら、集落の跡、学校の跡、神社を巡りました(子どもたちは、かつて家畜だったやぎの頭蓋骨を見つけて大興奮)。
また古道を外れて、自然トレイルで目的地にいく、アドベンチャーもしました。
帰りの船では、波が高かったこともあり、みんなぐったり。漁師さんはすごい!
温泉に入ってグッスリ眠りました。

ジミー

A_6B_5C_4

F_5E_6D_6

   

| | コメント (5)

2009年3月28日 (土)

八丈島冒険学校3日目

天気快晴!
夜は風がとても強く、寒かったのですが、みんなで立てたテントはびくともしませんでした!

今日は八丈富士登山・
お弁当を朝ごはんと一緒に協力して作りました。
山の中腹まで車で行き、登山開始。高くなるにつれて風も強くなりますが、景色はどんどんダイナミックになってきます!
各自それぞれのペースで全員山頂に到着しました!
島のほぼ全景を見ながらお昼を食べ、火口に降りて探検もしました。

午後はキャンプサイトに戻り、フリーチョイス。釣り、散策、展望台へ行く、焚き火、野遊びをそれぞれ楽しみました。
夕食後、温泉までのドライブでは、しゃべったり歌ったりと、元気いっぱい!
冒険学校後半もその元気で遊びまくろう!!

ジミー

C_3A_5B_4 

D_4E_5F_4

| | コメント (0)

春の富士山冒険学校 3日目

三日目の今日も、子ども達はとっても早起き。
寒い朝の空気に負けず、火おこしをして暖をとりました。

初日にみんなで計画したスケジュールでは、今日の午前はみんなで遊びまくる時間。
缶けり・かくれおに・ペルードッジなどなど
ホールアースのキャンプサイトの中を駆け回り、みんなの声がひびき渡っていました。
夢中になって遊んでいたら、いつのまにかお昼の時間。
い~っぱい遊んでお腹はペコペコ。
今回集まった仲間たちは、モリモリご飯をよく食べます。


午後は、チームに分かれてみんなで料理づくり!!
食材争奪ジャンケン大会をした後に、チームごとに作戦会議。
獲得した食材で何が作れるだろうと、頭をひねって考えます。
みんなの協力があって、おいしいそうなメニューがずらりと並ぶ豪華な夕食になりました。

ロールキャベツを作った「ジミーズ」チームはサトイモをつなぎに使うという大発明。
手に入れた食材をとても上手に使っていました。

ポテトフライ・スティックサラダをつくったチーム「ポテティック」は,
味噌マヨネーズ・ツナコーンマヨネーズの2種類のソースを作りました。

出し巻きタマゴと切り干し大根の2品と、渋く和風にきめた「けむい」チーム。
焚き火の煙をたくさん浴びながら頑張りました。

「スープーズ」の作った春雨スープは、とっても具たくさん。
他のチームから余りの食材を手に入れる交渉力が光っていました。

たくさんならんだ食事はどれもとってもお~いしい!
メニューを考えるところから、食材切りの下ごしらえ、マキ割りも火おこしも調理もすべて子ども達で頑張りました。
みんなのチームワークがあって完成したからこそ、美味しく食べれたんだね。


食後は、希望者をつのって肝だめしに夜の洞窟へ出かけました。
今日はお風呂に入ってぐっすりと眠れることでしょう。

P3280010Harubou_18_2Harubou_22_3 






Harubou_91P3280031 







Harubou_106_2Harubou_107_2Harubou_108_2 







上段左:朝一番の火おこし
上段中:缶けったぞー
上段右:さやかに教わって、ペルードッチ
中段左:煙い!けど頑張る!
中段右:みんなで作った料理をみんなで配膳
下段 :おいしいご飯をいっただきまーす

(べーやん)

| | コメント (2)

2009年3月27日 (金)

八丈島冒険学校2日目

早朝5時に船は途中の三宅島に立ち寄るアナウンス。
今日は波は穏やかそう。

何人かの早起きした子どもは甲板で日の出を拝みました。

船はその後御蔵島を経由して、定刻通り9時半に到着し、ついに八丈島に上陸しました!パチパチ☆
サンドイッチで腹ごしらえをし、キャンプ場へ移動。
学年の大きい子が中心となってみんなで話し合い、テント班が決まりました。
そして班で協力してテントたてや荷物運び、お昼の買い物など手分けして、生活する場が整いました。
作戦会議では、焚き火を囲んでこのキャンプでやりたいことをあげ、登山・磯遊び・野遊び・釣り・肝だめし・八丈小島探検・洞窟探検・サイクリングなどなどやりたいことがた~くさんあることが、みんなわかりました。
お天気と相談しながら、やりはじめよう!

夕食はみんなで取った明日葉、のり、小さなカニ、島の食材も使った天ぷら丼&磯汁。明日葉の天ぷらはあっという間になくなりました(^O^)

温泉で温まり、満天の星空のもと、各自テントへ。

グッスリ休んで明日も楽しもう!!

ジミー

A_3

B_3C_2 

D_3E_3F_3   

| | コメント (0)

春の富士山冒険学校 2日目

ホールアースは今日も朝から寒かった!
けれど子どもたちは元気、みんなスタッフよりも早起き。みんなの声がスタッフの目覚まし時計。

さて今日はパラグライダーに行く日、鳥の目で世界を見てみよう…と思ったのにハプニング!!
途中から風が強くなってきてしまったため、これでは危ないっ、と早めに帰ることに、
楽しみにしていたにもかかわらず飛べなかったみんな、本当にごめんなさい!!!このリベンジはまた次の機会に。

帰ってきた後はしょんぼりしている暇もなく、火起こしや料理の手伝い、動物のお世話、野遊びなどみんな好きなことをやっていた。

夕食はホールアースのキャンプでは定番の手づかみカレー、チャパティなどを巧みに使ってみんなのお皿はきれいで真っ白。

そしてやっぱり夜は寒い、みんなで焚き火を囲んでゲーム。
遊びまくったみんなはテントでぐっすり、今日はゆっくり寝れるといいね。 Img_0114_3  Img_0033_2
Img_0116









BlogImg_0086

Img_0138

| | コメント (0)

2009年3月26日 (木)

八丈島冒険学校1日目

ホールアースに春を告げる八丈島冒険学校がついに始まりました!

全国津々浦々から東京駅に集まった21人のキャンプっ子。
小学校新4年生~高校新1年生、キャンプ始めて~毎年八丈島まで幅広い子どもたちです(^-^)/

スタッフはアゴもよくすべる?キャンプ長イノッチ、船が傾く大男ジミー(体重は山本山の半分)、最近まつげがりりしい?ぜっきー、学生リーダーのゆきちんです。

無事に25名、皆さるびあ丸に乗船しました。
名札に呼ばれたいキャンプネームを書いて、自己紹介もし、枕投げ・お話し・船探検・甲板で出航を眺めたり、レインボーブリッジを写真に撮ったりと、うち解けてきています。

穏やかな星空のもと、『三宅島もみたい!』『日の出は何時?』『明日の朝ごはんは?』と子どもたちの好奇心は旺盛です!

グッスリ寝て、いい夢みて、明日の上陸にそなえよう☆

ジミー

CA_2B_2 

FD_2E_2   

| | コメント (4)

春の富士山冒険学校 1日目

こんにちは!春の富士山冒険学校のキャンプ長・さやかです!
14人の子どもたちと6人のスタッフ、少人数・マンツーマンでキャンプがスタートしました。
元気有り余っている子どもたちと愉快なスタッフがそろい、楽しくなりそうなキャンプが予想されます!

今日は楽しい、そして思い出になるキャンプを作り上げるための心得を身につけ、新たな仲間とさまざまなゲームを通じて仲良くなったと思います。
夕方、子どもたちはナイフと火起こしの講習を受け、一人ひとり炎を育てるのにチャレンジ!これからのキャンプ、この身につけた技術で暖かい炎を作り上げ、寒い夜を乗り越えることと野外料理に挑戦だ~。

寝る前に子どもたちとスタッフと作戦会議を行いました。子どもたちの案としてはパラグライダー、一日遊びまくる、みんなで料理を作る、肝試し、フリーチョイス(それぞれ好きなことをやる)、樹海洞窟探険、徹夜ハイク、屋台村などなどの意見が出て、7日間のキャンプの日程がほぼ決まりました。明日から20人の冒険がいよいよ始まる!

子どもたちとスタッフが元気に遊びまわり、楽しいキャンプになるようスタッフ一同がんばります!

  P3260119 P3260089 P3260084







P3260129 P3260136P3260159





左上:ゲームを遊んでいる
中上:自己紹介のとき
右上:じゃんけん対決
左下:ナイフの使い方講習
中下:ナイフで削っている
右下:斧で巻き割りをしている

| | コメント (3)

2009年3月 1日 (日)

野力100倍キャンプ2日目(最終日)

朝見ると、寒いからかみんな寝袋の中へ頭までスッポリ。野力100倍キャンプ、2日目がスタート!

今日の動き始めは、命をいただくニワトリ選びから。その後、犬の散歩に行き、道端でフキノトウを取り、朝食準備と動物の世話にわかれました。朝食を食べた後、子供たちの希望が「フリータイム!」ということだったので、それぞれ好きなことをする時間に。川で犬と遊んだり、ツリーハウスに登ってみたり、動物に草をあげたり、軍手に雑巾を入れてボールにし、ほうきをバットにして野球をしたり。

ある程度遊んだあとは、いよいよニワトリの屠畜。ナイフを入れたい子供が一人、見事一回で頚動脈を切り、たくさんのお肉と卵をいただくことができました。チャパティというインドのパンも作ったのですが、最初塩加減を間違えてものすごくしょっぱいものが! でも砂糖を混ぜてなんとかリカバー。ニワトリのガラでダシをとったおいしいうどんスープ、チャパティと一緒に食べるお肉、気づけば完食。「いただきます」と「ごちそうさま」の意味をかみ締めながらの昼食となりました。

あっという間の2日間。野で生活するのは不便で大変だけれど、仲間と遊んだり、食事を作ったり、雑魚寝したり、笑ったり、怒ったり、悲しんだり、喜んだりを通して、今まで知らなかった世界を感じてもらえればいいなと思います。今年度3回目の野力100倍キャンプ、ご参加いただきありがとうございました。また来年度(4月以降)も、よろしくお願いします。(いのっち)

22_12_22_32_42_52_62_72_82_9         

| | コメント (2)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »