« 野力(のぢから)100倍キャンプ1日目 | トップページ | スノーキャンプ1日目 »

2008年9月28日 (日)

野力(のぢから)100倍キャンプ2日目

朝6時起床。寒い!! 寒いからエアコンをピッ、ではなく、寒いから火起こしを開始。しかし火口が湿気を吸っているのか火がつかない! 暖を取れないまま動物の世話へ。まずは今日命をいただくニワトリを選んでから、ヤギ、ポニー、ロバのお世話、そしてその後は朝食作り、火起こし、薪割りです。

朝食を食べて、いよいよニワトリの命をいただくときが来ました。ニワトリにナイフを入れたい子ども5人の中から2人を選定。ニワトリをはがい締めにし、ナイフで慎重に頚動脈を切ります。すんなりナイフを入れられた子、最後の一刺しがどうしてもできなかった子、足を震わせながらもナイフを入れた子。その様子を周りでじっと見つめる子、直視できなくて背中を向けている子。それぞれの心が、その場で動いていました。ニワトリの絶命を確認したあとは解体作業開始です。1羽から手羽先は2つ、ぼんじりは1個しか取れない。砂肝は何で砂肝というのか、そうしたことを一つ一つ知っていきます。皮をはぎ、食べられる内臓、卵の赤ちゃんなどを取ったら骨と肉に切り分けます。

普段見慣れている「肉」になってくると最初は直視できなかった子どもも近づいてきて一緒に作業をするようになりました。羽をむしるのも大変です。地道な作業が続きます。インドの素朴なパン、チャパティも焼いて昼食ができ上がりました。

様々な命をいただいて生きている私たち。そんなことに思いを馳せながら「いただきます!」。いつも食べている肉より硬かったけど、肉のついた骨にしゃぶりつく子もいて、気づけば食事は完売でした。

あっという間に濃密な2日間が過ぎ去り、お別れの時間。それぞれ楽しかったこと、感じたことを言い合い、野力手帳(今回はロークワープ編)を受け取ってキャンプはお開きとなりました。

野で生活すると、普段「当たり前」なことが、「当たり前」ではなくなります。そのことを知ることで想像力が育ち、普段感じていなかったことも感じられるようになると思います。

また野で遊ぼうぜ!! そしてたくましく笑って生きていこう!(いのっち)

★今回は写真CDの販売がないため、写真を多く載せています089_323

089_350

089_359089_363089_366089_373089_374_3089_386089_376089_397089_398089_396089_393             

|

« 野力(のぢから)100倍キャンプ1日目 | トップページ | スノーキャンプ1日目 »

コメント

イノッチ、スタッフの皆さん お世話になりました。

ホールアースの事は知ってるし、キャンプ歴も長い娘はホールアースのキャンプに参加したがってました。おかげさまで念願がかないました。

一泊二日の短いキャンプでしたが楽しかったようで、帰り着いた途端
洪水のように話してくれました。

息子ともホールアースのことで盛り上がってますよ。

また参加したいそうです。ありがとうございました。

投稿: 青マ | 2008年10月 1日 (水) 19時46分

青マさん

海花は、スカッとした気持ちのいい性格の持ち主ですね。寝床が他のチームと離れていて「こわ~い」と寝るとき言ってましたが寝袋に入ったら即爆睡のようでした(笑)。お兄ちゃんとも話が合ってよかった。二人で来れることは、あるのかな?? またぜひ遊びにきてほしいなと思います。待ってます!!

投稿: いのっち | 2008年10月 1日 (水) 20時58分

この記事へのコメントは終了しました。

« 野力(のぢから)100倍キャンプ1日目 | トップページ | スノーキャンプ1日目 »