« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

遊牧民キャンプジュニアコース②~最終日~

ザザザーッ
テントの中まで浸水するのでは!?と思うほど、豪雨で幕を開けたキャンプ最終日。でも子どもたちが起きだすころには、雨もやみ、富士山も姿を現しました。

川遊びを楽しみにしていた子どもたちも多かったけれど、昨晩の雨で増水していたため、陸上カヌーに変更!? いえいえ、ホールアース周辺へお散歩に出かけました♪

トンボがいっぱい!
あ、牛だー!
カモ~!?

ホールアースの田んぼや畑をお散歩し、自分たちが食べていたお米や野菜がここでできていることを知りました。

お昼ごはんのそうめんを食べた後は、とうとうお別れの時間です。
みんなが楽しかったこと。

洞窟探検
キャンプファイヤー
動物のお世話・・・

夏休み最後、最高の思い出ができました。また会おうね♪
(ありっちょ)

              Img_0094 P8300039
P8300003







              P1150064P1150077               Img_0109
  

    

| | コメント (9)

2008年8月29日 (金)

遊牧民キャンプジュニアコース②

遊牧民キャンプジュニアコース②の2日目です。

雨の予報も何のその。元気なみんなの頭上には朝から青空
が広がりました!これにはスタッフもびっくり(笑)。
おっきな富士山も姿を見せて、ワクワク感たっぷりの一日
がスタートしました。

だんだん慣れてきた動物の世話と食事の準備をテキパキと
こなして、お待ちかね「洞窟探険」のスタートです。鬼の
伝説が残る富士山の洞窟。興味もあるけど、ちょっぴりコ
ワイ気持ちも出てきましたね。

みんなスタッフの注意をよく聞いて、見事無事に洞窟内に
到着!生まれて初めての“まっ暗闇”を体験したり、鬼の
お話に耳を傾けたり、天井から降ってくる水の音を聞いた
り・・・。ドキドキの時間を過ごしました。

洞窟の後は大草原の真ん中で、お弁当&野遊び。大きな空
とひろーい原っぱがみんなを包み込んでくれました。帰り
道の途中では、富士山の水が流れだす「陣馬の滝」に立ち
寄って、冷たい水をゲット。ひんやりと喉を潤しました。

夕食はホールアースキャンプ名物「手づかみカレー」。
小麦粉を練ったインドのパン“チャパティ”といっしょに
手づかみでカレーを食べました。火おこしや小麦粉練りも
楽しかったね。

最後の夜。夕食後はキャンプファイアーで大盛り上がり。
キャンプ長ジミーを中心に、たくさん歌って、たくさん踊っ
て、たくさん笑いました。

いよいよ明日は最終日。思い出づくりのラストスパートだ!

(やまっち)

P8290013_2 Img_0001_2 Img_0052_3

Img_0060 P1150038 Img_0072_2

Img_0068 P8290087 P1150050 

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

富士山冒険学校 最終日

今日は子どもたちが去っていくのを分かっていたかの様に雨がずっと降っていました。
朝からテントの片付けと自分たちの荷物をまとめる子どもたち。
「やっと家に帰れる!」、「まだキャンプに残りたい!」、「いつまでも冒険学校にいたい!」
の声がポツポツと聞こえてきました。

今日は子どもたちがゆっくりとした時間を過ごし、14日間の冒険をふりかえる日でした。「またいつか出会える日まで」と言いながら子どもたちは去ってしまいました。
キャンプサイトに取り残されたスタッフは去っていく子どもたちの後ろ姿を見ながら、ぽっかり心の中に穴が空いたような気分・・・でも同じ地球にいるからこそ又会える!

このキャンプに参加することが出来たのは富士山の大自然があるから、子どもたちがいたから、子どもたちと共に過ごしたスタッフがいたから、そして特に、両親のおかげだから!感謝の気持ちを忘れずに!Muchas gracias y nos vemos pronto!(スペイン語で「どうもありがとう、また会いましょう!」)

今度一段と成長したみんなに会えるのが楽しみだ!地球のどこかでまた会おうぜ!!! (さやか)

Img_0206_4

| | コメント (8)

遊牧民キャンプジュニアコース②1日目

2008年ラストサマーキャンプの遊牧民ジュニアキャンプ②が
スタートしました!

キャンプ長は日本とアイルランドのダブルであるジミー、
そしてやまっち、ありっちょ、ぐっち、しょうへい、
かをりんの愉快な仲間達が33名(男子27・女子6)の元気な子を
迎えました。

おとなりの富士宮市の小学校は昨日が2学期始業式。
夏休みの宿題も終わらせて?このキャンプに参加して、
最後まで遊びまくるみんなはすごい!!

その熱意に応えて、このキャンプではおもいっきり
あそびまくるぞぉー!!!

天気が雨でも関係ない。雨も自然。それを楽しもぉ~。

お昼の富士宮焼きそばを食べた後はみんなで自己紹介。
それぞれキャンプネーム(この3日間で呼ばれたい名前)を
宣言して、1つの仲間の和ができました。

次はホールアースを探検。
ロバのメイやヤギのキンタに夢中になる子ども達。
川に下りると、霧がたっていて幻想的でした。
水に触れるとチョー冷たい。向かい岸の崖からは富士山の
湧き水が流れていました。
今日の雨で水が多くて、流れも急。カヌーは難しいなぁ。

今日水辺で遊ぶだけにするか、3日目に川遊び&カヌーを
やるかをみんなに聞くと、3日目に再チャレンジという
意見が多く、1日目と3日目のプログラムを入れ替える事に
決まりました。
3日目のお天気をみんなで願おう!!!

小雨が降り続くなか、アボハウスでアイスブレイクも兼ねての
ゲームをして、その後は鳥とお友達になるバードコール作り。

鳥の習性や不思議をクイズにしながら、みんなで鳥のさえずりの
音がでる道具を作り、音の鳴らし方もやまっちに教わりました。

お土産ゲット!
家に帰ってもルールを守って、鳥と仲良くなってください。

テント割りでは、男女に分かれて3~4人が1つのテントに
入るよう、それぞれで決めました。

次は長袖長ズボンになって、動物のお世話(えさやり)。
上チーム(にわとり、うさぎ、犬のサンとアモ)と
下チーム(ロバのメイ、ポニーのダン、キンタをはじめとする
ヤギ達)&食事作りに分かれて、みんなでしっかりやりました。

夕飯を食べたら、天気は回復☆。なんと星まで見えてきました。

虫探しをしたい子が多かったので、ナイトハイクにでかけました。
昆虫の鳴き声のするほうにライトをむけると、クツワムシ、
ウマオイなどの虫を見つけて、最後はみんなでセミの羽化探しを
しました。残念ながら羽化中のセミを発見することはできません
でしたが、クワガタやカマキリ、バッタ、かえる、ナメクジを
みつけ、みんな大はしゃぎでした。

初日は希望者のみお風呂に入って、テントへGO。
ぐっすり眠って、明日の洞窟探検に備えよう。

(ジミー)

1 2 3

4 5 6

7 8 9

| | コメント (6)

2008年8月27日 (水)

富士山冒険学校 13日目

今日は一日盛りだくさんでした。「命を食べる」プログラム、屋台村とキャンプファイアー!

朝は「命を食べる」のプログラムで鶏の屠殺(とさつ)を行い、本当の「命をいただきます」の意味がわかる体験をしました。今まで食卓で食べてきた鶏肉、自分のお皿まで来るまでのプロセスを見ることができました。鶏のお肉は夜に屋台村の料理でおいしく食べることで、自分が普段食べている命を少しでも考えるきっかけになってほしいな~。

午後はクライマックス、屋台村のためにみんなで準備!
チームになって夜の屋台村で出す料理を作り、夕方には名古屋や富士市から来た元富士冒の参加者も現れ、夜は顔にもペイントして、相変わらずにぎやかになりました。

今回も子どもたちは25人から24人に減りました。先に家へ帰らなくてはならなかった子どもが1人、「またこのメンバーでキャンプをやろう!」とカッコ良いセリフを言って去ってしまいました。

夜はファイヤーを囲んで歌ったり、踊ったり、ゲームをしたりしました。
そして暖かい炎を見つめながら心に響く曲をギターの音色に乗せて歌い、好きな場所で寝ました。 (さやか)

Imgp2813 P1140494_2 P1140579 Img_0082 Img_6902 Imgp2889 P1140650 Img_0102 Img_0144

| | コメント (3)

2008年8月26日 (火)

富士山冒険学校 12日目

今日は富士登山日和でした。丸一日晴れ、雲海が富士山の裾野に広がり、珍しく駿河湾がはっきりと見えました。一日富士登山をずらして、すばらしい景色を味わうことが出来てとても良かったです。もう一つ加えると日の出の時間に虹が見えました。今日は晴れ男、晴れ女がたくさんいたにちがいない!

25人中の約半分が山頂を目指すことが出来ました。頂上までの最高時間、なんと4時間!下山2時間!今までの富士山冒険学校の新記録かも?!

無事下山して、夜はおいしいカレーが待っていました。
ネギの誕生日を食後に祝いました。子どもたちは暖かいメッセージの色紙をプレゼントしました。
今日は「早く寝なさい!」と言わなくてもぐっすり眠るでしょう!

子どもたちがあの雲海を見ることができて本当に良かった。雲を自分と同じ目線で見ることは普段なかなかないからね・・・ (SaYaKa)

Img_6578 Img_0146
Img_0039 Img_0030
Img_0101 Img_6613 

| | コメント (9)

富士山冒険学校12日目

富士山冒険学校12日目
富士山新五合目より。天気はなかなかよいですよ〜。今から行ってきます!

| | コメント (6)

2008年8月25日 (月)

富士山冒険学校11日目

朝3時。スタッフが一足先に起きると、外はザァザァの雨。天気予報ともにらめっこ。その結果、「むむむ・・・残念だけれど、富士登山は明日に延期!」と判断せざるを得ませんでした。子どもたちに「登山は延期! 寝てていいよ」とただ言うのも面白くないので、スタッフは森の家にちょっとしたイタズラを仕掛けて姿を消しました・・・。

そんなこんなで1日遊ぶ時間ができた11日目。富士宮市田貫湖にある「田貫湖ふれあい自然塾」で大きな部屋をかりて遊びまくり! 子どもは大きなスペースがあると自然に走り出す? 大縄跳びやフラフープ、ベーゴマ回し、野球、チーム対抗ハチマキ争奪戦・・・遊びは尽きません。

遅い昼食を食べたら、午後は27日に行う予定の屋台村(子どもたちが自分たちで屋台を出す祭りのようなもの)の計画を立てました。

今夜も富士登山に向けて早く就寝。明日こそ、無事登れますように!!! (いのっち)

Imgp2750 Img_6480 Img_6511 Img_6541 Img_6557 Img_0413

| | コメント (9)

2008年8月24日 (日)

親子遊牧民キャンプ~熱気球&野外生活体験編~

火おこし、アウトドアクッキング、屋外での宿泊など、野外生活を気軽に楽しもう!という2泊3日のキャンプ!のはずが・・・

~まずはドキドキの1日目~

野外生活に不可欠な「火おこし」の練習です。マッチを使う火おこしは余裕綽々なご様子だったので、いよいよ紐切り式の火おこしに挑戦!
エクササイズと張り切るお母さん、かなり本気のお父さん、声援だけは元気な子どもたち。
見事火おこしに成功した2グループに拍手喝采でした!

夕方からは熱気球も飛び、みんな大満足のご様子でそれぞれ好きな場所(森の家(室内)、テント、ツリーハウス)でおやすみなさーい。

1日目はおだやかに終了しました。

1_1021_2171_212







~お天気が心配された2日目~

今日は朝からどんより曇り空ですが、川遊びのはじまりはじまり~
カヌー、マスのつかみどり、飛び込み(ごく少数)など、寒さにも負けず、雨にも負けず、元気に遊びました!中でも皆さんに好評だったのは、なんとバケツリレー。ドラム缶風呂用の水を川から運ぶなんて、滅多に無いことですものね。

さて、ここからがサバイバル!?強い雨が降る中、火をおこして昼食の準備です。残念ながら期待したほどマスの収穫が無く・・・。竹筒ごはんと畑から収穫してきた野菜で遅い昼食をとりました。

あぁ、食べ物ってありがたい!火って温かい!そう思える2日目でした。

2_362_622_91








~雷雨かも?の3日目~

激しい雨音で目が覚めたご家族も多かったようです。
子どもたちが楽しみにしていた「流しそうめん」は、竹でバームクーヘン作り+おみやげ(ヘンプアクセサリー・糸つむぎ)づくりに変更となりました。
特にバームクーヘンでは大人も子どもも必死です。「焦げてる~!」「竹を回して回して~」あちこちからチェックの声が飛び交いました。

もう皆さん雨にはすっかり慣れっこになり、雨が激しくなると「ワクワクする~」という声も・・・
雨でも何でもみんなで楽しく!そんな雰囲気で最終日を終えました。

Imgp0709Imgp0753P8240172







雨に降られまくりの3日間でしたが、そのおかげで、みんなが一つになり、大家族ができあがりました。

みなさん、これに懲りず、またお会いしましょうね♪

(ありっちょ)

| | コメント (3)

富士山冒険学校10日目

ついに10日目、富士登山前のフリーの日です。そしてこの日は、これまで一緒にキャンプをしてきたスタッフのチャイ&エキーとのお別れの日でもありました。2人へプレゼントを渡して別れを惜しむ子どもたち。

今日の天気はというと・・・・・・たたきつけるような大雨!「この天気じゃ洗濯しても乾かず着る服がない!」という子どもの声を聞き、急遽スタッフが全員分の洗濯物を集めて半日コインランドリー。そして子どもたちは希望に合わせて好きなことをしました。へンプアクセサリー作り、鳥を呼ぶバードコール作り、地面にたまった水の排水路作り、増水した白糸の滝&ホールアースの伝統男子寮見学ツアー(まりりんの生態、もとい生活ぶりを観察)、中高生向けゲームなどなど。

明日はいよいよ富士登山です。テントを一時離れて研修棟へ移動し、早めに就寝となりました。初日の子どもたちの希望の中でも一番多かった富士登山。明日の天気はいかに?! (いのっち)

10 10_1 10_2 10_3 10_4 10_5

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

富士山冒険学校9日目

今日はずっと雨でした。
昨日の夜はみんなでお話会で「あるテーマ」で盛り上がりました。
そのテーマは後日教えます♪。
ガッツリおいしい料理を食べて樹海と洞窟探険へ出発。

青木ヶ原樹海の探険をチームに分けて行動し、チームでお互い助け合いながらある
目的地までGO!途中にはエビフライ(リスが食べ残した松ぼっくり)、変わった形の
きのこや鹿のう○ちなどを見つけてガツガツと樹海に入りました。

昼食の後は雨にもかかわらずフラウ-プで子どもたちとスタッフは大はしゃぎ!

大人も子どもに戻れたこの一瞬・・・楽しかった。

午後は午前と同じチームで洞窟を探しに樹海へ潜り込みました。
「ちょっとみんな、ここに入ろうよ!」、
「え~ここに入るの?」、
「痛~!洞窟のゴツゴツにやられた~」、
背中や頭をぶつけながら「洞窟痛~い!」などの意見がありました。

帰りのバスではグースカ寝て、到着したのは待ちに待っていた温泉。
たっぷり汗とあか?を取ってゆっくりお湯につかりました。

今日はテント換えの日。
換える為のルールはたった一つ「あまり交流のない子どもたちとテント換え」
いろんな組み合わせが出来て後半のキャンプはどのように盛り上がるだろう?

夕食前にまったりとした時間にポニョの歌と踊りまくった子達、焚き火を囲んで
ギターで歌いまくった子達、いかにキャンプを楽しくするかを話した高学年の子達。
夜は有意義な時間でした。

今日はマッコの誕生日!ショートケーキをプレゼントしました。子どもたちの目が
ギラギラと、まるで2週間何も食べていないハイエナのようにケーキを狙っていた。

子どもたちもスタッフ並みに周りの子どもたちを気にかけて観察しているなと
思ったさやかでした。

Img_6377 Img_6389 P8230050
P8230088 P8230064

   
 

| | コメント (5)

2008年8月22日 (金)

富士山冒険学校8日目

昨日から引き続き徹夜ハイク中!

最初はみんなお菓子を食べたり、
おしゃべりしたり、
大声で歌ったり・・・
体力満点!

しかし、

午前2時
うつむき加減…
「ねっ、眠い…」
さあ、みんなで気合を入れなおして
「ファイトッ!!!」
P8220028

午前3時
かなり眠い…
頭はボーっと
見えないモノも見えてくる!?
P8220030


午前4時半
空が明るくなってきた!!
ゴールは近い!!
一気にテンションアップ!!
P8220065

午前5時
やったー!
リタイアもなく全員無事ゴール!
ホントにくたくた。
だけど、みんな良くがんばった!
そして、お休み…
P8220083

ところが、元気いっぱいなみんなは
午前10時には起きて遊び開始!
薪割りしたり、
湖で泳いだり、
缶けりしたり、
かなり元気ですっ!!

今日、実は一週間みんなと一緒にすごした
仲間が一人、用事により帰る日なのです。

ホントに楽しかった一週間。

抱き合って、胴上げして、写真撮って…
寂しいけれど、これでお別れじゃないよ!
また、必ず会おうね!
P8220104

みんなで励ましあって歩きぬいた徹夜ハイク、
ともに過ごした仲間との別れ

みんな、体も心もたくましくなった一日でした。

明日は洞窟探検!
わくわくの未知の世界に突入します!!

(まりりん)

| | コメント (8)

2008年8月21日 (木)

富士山冒険学校7日目

待ちに待った(?)
今日は徹夜ハイクの日

出発は21時!
それまでにしなくてはいけないこと

それは、お昼ね!

明るくて、みんなでワイワイしたいけど、
ちょっとでも寝ておきましょう~

でも、ただ寝るんじゃつまらない。
みんなお気に入りの場所を探します。

見晴らしのいい展望デッキだったり、
木の上にあるツリーハウスだったり、
木の間のハンモックだったり、
動物小屋の屋根裏ってのもアリ!

しっかり(?)眠ったその後は・・・

4日目に作った和紙が完成したので、
夕食前に思い思いの場所へ手紙を書きました。
みんなの作った和紙はちゃんと届くかなぁ~?(笑)

そう、思っているうちに
いよいよ出発の時間。

真っ暗闇、精進湖付近の登山道に22時すぎに到着。

ここからは西湖に向け、眠い目をこすり、
この真っ暗闇の樹海をみんなで突き進みます!

あっ!もうすぐ24時。

続きは明日のブログで!

(まりりん)

Img_0676 Img_0683  

Img_0693 P8210007 P8210014

| | コメント (4)

2008年8月20日 (水)

富士山冒険学校6日目

今日は昼食と夕食をグループに別れ
自分たちで作る「サバイバル」の日

働かざるもの食うべからず!
ということで、まずはさまざまな作業をして、
買い物に使えるポイントを貯めます。
みんな、草むしり、ごみ捨て、薪運び、
そしてガスタンク運びなど大変な仕事ほど
ポイントがもらえるようになってます。

たまったポイントでテントサイト特設のお店で食材を調達。

また、朝市やスーパーで一人300円のお小遣いを使い食材を選んだり、
ホールアースの畑で野菜ゲットや、
川ではマスの掴み取りでマスをゲットすることも出来ます。

自分たちで火起こしからはじめ、切って、炒めて・・・・
試行錯誤であっという間にお昼ごはん!

自分たちで作る食事はおいし~い!
と思ったのもつかの間、気を抜いてはいけません。
お昼は練習!夕飯が本番です!!

午後は少し川遊びなどをしたら、
3時から夕飯準備!

お昼にいろいろ失敗したグループも
夕食は挽回すべくさまざまに作戦を練っています。

徐々にグループの団結力がアップ
「これやっとくよ!」
「次これ切ろう」
「鍋、洗って片付けておくから」
などなど、団結力がスピードアップに繋がり
どんどんおいしそうなメニューが出来ていきます。

そして、夕食はなかなか豪華!
カレー、チャーハン、焼肉、オムライスなどなど
中には、ポテトを揚げたり、デザートに力を入れるグループも

まわりからは
「うまっ!」
「そっち食べさせて」
なんてワイワイしながら楽しい夕食になりました。

最後には、「ご飯食べるのって大変だね」
なんて声も・・・・
当たり前に食べてるご飯も
いろいろな苦労があることがわかったかな?

さぁ、どんどん、どんどん仲良くなって
大家族のようになっていく38人!

あしたは、いよいよ徹夜ハイク!
次はどんな壁を乗り越えて
成長していくのかホントに楽しみです。

(まりりん)

Img_0446s  Img_0533s  Img_0567s

Img_6193s  Img_0606s  Img_6244s_2

| | コメント (3)

2008年8月19日 (火)

富士山冒険学校 5日目

今日の予定はパラグライダー!
天気は崩れる恐れあり、ということで、動物の世話をして朝食を食べた後、すぐにパラグライダーをする場所へ行きました。

ホールアースのパラグライダーは、吹く風と人間の引っ張る力を利用します。一人を飛ばすためにみんなで力を合わせなければいけません。「位置について、よーい、ドン!」地面から足が浮いてフワッとなった瞬間、「おおおおおお~!」という感じで子どもたちの顔がはじけます。一度で飛べた子、何度も挑戦した子などいましたが、ときどき顔を見せてくれる富士山のふもとで思いきり風と遊びました。

遊び疲れた後は温泉につかり、キレイさっぱり! 夜は明日のサバイバル(子どもたちだけで食料を調達し、料理し、生活する)に向けての作戦会議を行いました。みんな自分たちの力で生き抜かなければいけません。これで、普段の生活のありがたみが少しはわかるかな?

それではまた明日!(いのっち)
Img_6000 Img_6007 Img_6008 Img_6044 Img_6055 Img_6112

| | コメント (2)

2008年8月18日 (月)

富士山冒険学校 4日目

今日は晴れのち曇りでした。
今日も子ども達は元気、元気です!

午前中は地元の名人のところまで行き、紙すき体験をしました。名人から様々な知識をたくさん得られた!・・・と思います。自然と自分と紙の関係がとても近いことを気づいてくれたかなと思います。

おいしい料理を食べた後には冷たい芝川の川へダイブに出発!
「待ってました~」の声もあれば「大丈夫かな~」の声もありましたがほぼ全員、川へダイブしました。ダイブ後のみんなの表情はとてもたくましく輝いていました。
今回のスリルな体験は子どもたち一人ひとり体と心に刻まれたかな・・・。これからこのキャンプの成長が楽しみです。

富士山冒険学校の食べっぷりは半端ではない!子どもとスタッフ合わせて38人は60玉の焼きそばをあっという間に完売してしまいました。恐るべし富士山冒険学校!

夜もまだまだ続く、午前中体をたっぷり使ったにも関わらず肝試しに出発しています。
今日はみんなぐっすり寝れるかな?!?!!?

ダイブをする時に周りの子ども達とスタッフの応援の声が印象的でした。今日は富士山冒険学校が一つになれた気がしたな… さやかの独り言でした。

Img_5939_2 Img_5940_2 Img_5974
Img_5980 Img_5985_2
Img_5988 Img_5992

| | コメント (7)

2008年8月17日 (日)

富士山冒険学校 3日目

今日の朝はこのキャンプで初めての動物の世話でスタート! ロバ・ポニー・ヤギ、ウサギ・ニワトリ、アイガモ、イヌ、それぞれ興味のある動物を担当しました。午前中は自由な時間(川遊び、弓矢作り、のんびり)をすごした後、地元の加工所まで歩いていき、おばさんたちにそば打ちを教えてもらいました。自分で作るそばの味は格別! だったようです。

そば打ち後は断続的な大雨となりましたが、研修棟「森の家」にて子供たちとスタッフで今後の予定を組み立てる作戦会議を実施。これで最終日28日までの見通しが立ちました。予定通り行くかな~?

夜の時間はお話会。誰でもいいから、子供やスタッフに好きなことを聞いてみよう! 話してみよう! という時間です。笑える話、恋人の話、怖い話など、いろいろ出てきました。

明日は和紙作りの名人に紙すきを教えてもらい、午後は芝川の秘境で8メートルダイブに挑戦!? 天気が不安定ですが、どうか晴れますように! (いのっち)

03 03_1 03_2  03_3 03_4 03_5 03_6

| | コメント (2)

親子遊牧民キャンプ~アドベンチャー3日目

あっという間の最終日です。

朝食前にはホールアースのキャンプサイトにいる動物の世話を
みんなでしました。

人間が食べ残したものや野菜の切りくずはヤギやウマ、ウサギ、
ニワトリ、犬などの動物たちが食べてくれます。
動物たちの糞は堆肥になって畑に入れて、またそれが人間の口に
戻ってきます。
子どもたちは動物たちの世話を通じて資源の循環を学びます。

朝食とお片付けをした後は、
フリーチョイスでいくつかのプログラムを選んで実施しました。

8mの垂直の壁登りをしたり、富士山の溶岩で染物をしたり。。。
思い思いに時間を過ごします。

お昼はお父さんたちが竹を削って作ってくれた台で
みんなで流しそうめんをしました。

「身近な家族に感謝することが平和な社会を作ることにつながるんだよ。」
そんなラガーの最後の言葉で親子キャンプのアドベンチャー編も
無事終わったのでした。

また、会いましょうね~。

(ラガー)

3_5 3_1 3
3_2 3_4 3_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

親子遊牧民キャンプ~アドベンチャー2日目

2日目は朝早く起きて冒険の準備をします。

午前中は子どもと大人と分かれての活動です。

子どもたちは朝霧高原にある洞窟を探検しました。
案内するのはジミーとのび。

牧場の脇に車を停めて歩いていくと、
そこにはぽっかりと大きな穴が・・・
入っていくと中は真っ暗な世界が広がっていました。

ライトを消して真っ暗闇を体験したり、
コウモリも見ることが出来たね!
幼稚園から小学校高学年までの子ども21人で
洞窟の中を思う存分探検しました!

一方大人は芝川の沢登りです。
案内役はラガー、じったん、あゆみ、ひっちゃです。

初めは冷たく感じた湧水も、入っているとだんだん慣れてきて
気持ちが良くなってきます。

沢の中をじゃぶじゃぶと歩いていくと、
いきなり大きな滝が現れました!

勇気ある大人は8mの滝つぼダイブを敢行!
3回飛び込んだツワモノもいました。

それぞれ思いっきり楽しんだ後は
ホールアースのキャンプサイトの川でニジマスのつかみどりをしました。
自分でつかんだマスを自分の手でさばいて塩焼きにして頬張ります。
一同「おいしい~!!」

夕方からは親子で分かれての夕食作りもしました。
お父さんチーム、お母さんチーム、子どもチームで
それぞれのことを想って協力しながら料理を作ります。
みんなで作った料理の味はまた格別です。

夕食後は恒例のキャンプファイヤー。
歌って踊ってみんなで思いっきり楽しんで、
最後は参加者の差し入れのマシュマロを焼いて・・・

そんな盛りだくさんの2日目でした。

(ラガー)

2 2_1 2_2 2_3 2_4 2_6
2_7 2_9 2_11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子遊牧民キャンプ~アドベンチャー編1日目

親子②はアドベンチャー編です。
富士山をたっぷり冒険するために39名の親子が集まりました。

今回のキャンプ長はひげのラガー。
スタッフはじったん、ジミーのお馴染みメンバーに、
ちー、ひっちゃ、サバ、あゆみ、のびの8人です。

お昼に富士宮名物の富士宮焼きそばで腹ごしらえした後に
オリエンテーションをしていると突然大雨が降ってきて
急いで森の家に避難し、早くも自然の洗礼を浴びました。

ただ、雨はすぐに止んでその後みんなで川遊びをしました。
お父さんは淵にダイブしたり、カヌーの出し入れをしたりと大活躍です!

夕食はホールアースのキャンプ恒例の手づかみカレーです。
最初は戸惑っていた参加者も、食べ始めると熱中してきれいに平らげました!

夜はキャンプサイトでナイトハイクです。
羽化中のセミをお父さんが発見!
羽が伸びるところをバッチリ見られましたね。
青白い羽化したてのセミを親子でじっくりと観察している姿が印象的でした。

子どもが寝静まった後は大人の時間で、
たくさんの親たちが参加して、わいわいと楽しい時間を過ごしました。

明日は何が待っているかな??

(ラガー)

1_6 1_1 1_3
1_4 1_5 1_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

富士山冒険学校 2日目

今日は2日目。ホールアース自然学校のすぐ近くにある興徳寺というお寺に行ってきました。興徳寺で川施餓鬼という伝統行事が行われていたので富士冒メンバー全員で参加させてもらいました。川施餓鬼は芝川で溺れて亡くなった子どもたちを供養するために行われてきた行事です。

まずは午前中。少し川で遊んだ後さっそく興徳寺へ。興徳寺に着いたらお昼ご飯に使う、おわんとはしを竹で作りました。お昼ご飯は芝川町下柚野の地域の方たちが用意してくださった流しそうめんを頂くことができました。

午後からは川施餓鬼のためのたいまつを作り。ここでも地域の方に教わりながらたいまつを作りました。その後は下柚野の子ども、地域の方々と一緒に縄跳びやゲームを楽しみました。ゲームが終わり、いよいよ川施餓鬼。まずは興徳寺の住職さんのお話しを聞き、お経を読みました。そして日が沈む頃、たいまつに火を灯し一列になり近くの橋へ。これからの川での安全と供養の念を込め、たいまつを橋の上から落とします。川の近くに住む方たちもどんどん集まり、橋の近くはたいまつの明かりでパッと明るく照らされました。

川施餓鬼が終わり、川の近くで花火をしてまたホールアースに戻ってきました。今日は暑い中たくさん遊んだからテントでぐっすりかな!?

明日からもぐっすり寝れる様にガンガン遊びたいと思います!まだ始まってから2日目だけどみんなちょっとずつ打ち解けてきた様子。明日はどんな表情が見られるかな~楽しみです。 (ねぎ)

P8160027_2 P8160008 P8160081
P8160090 Img_0251_4 Img_0324 

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

富士山冒険学校 1日目

こんにちは!
ホールアースで一番長いキャンプがいよいよ始まりました!
子ども達とスタッフを合わせて約40名。大家族でどんなキャンプになるんだろう?
ドキドキワクワクの毎日を過ごせたらいいな~

今回は国際的なキャンプ、アメリカから来た子、海外で留学し一時里帰りした子、ドイツと韓国から来たボランティアスタッフなど共通言語日本語と英語のキャンプです。
みんなで顔合わせをした後に川遊び~!の声があり、ほぼみんなで芝川の清流を泳ぎまくりました。

一汗脱いでスッキリした後にはまず自分の寝所を決め、このキャンプで一番期待していることを子どもたちに聞き、なんと富士登山が大人気!やっぱり日本一高い美しい富士山の頂上を目指している子が多いな~。
寝る前にはちょこっとフリータイムがあったので昆虫探し、久しぶりに会った友達とテントでぺチャクチャ、スタッフと話して一日目のキャンプが終了しました。

長い長い冒険の旅が続きますが、ガツガツ行きたいと思います!

初日の夜はなかなか子どもたちは寝ないだろうな~・・・とささやいてるさやかでした。

Imgp2595s Imgp2589s Img_5651s Img_5653s

| | コメント (13)

2008年8月13日 (水)

遊牧民親子キャンプ①~富士山編~最終日

Zzz…よ~く寝てたら、テントの前でコーケコッコー!!!
最終日の朝が来ました。

子供達は昨日の洞窟探検とキャンプファイアーで疲れてグッスリ!
大人も国際会議の潤滑水?でリフレッシュしています。

今日はフリーチョイス。
朝ごはんを食べたら、荷物を片付けて、使ったところはみんなで掃除。

早速片付けた子から、クライミングボードが始まりました。
テッペン目指してガンバレガンバレ!
お父さんよりも子供の方が高く上ったなんてことも?
(体重120キロのジミーは辛い…)

のんびりしたい子とお母さんは溶岩染め体験。
溶岩液で染めなくてそのまんまでもいいくらいの素晴らしい作品を
ランチョンマット&箸袋に、みなさんクレヨンで描いてくれました。

主におとうさんチームは流しそうめん台つくり。竹をスパーッと割って、
ノミで節をおとして、滑らかな樋が完成しました、パチパチパチ!

さぁ、お昼ごはん。
流しそうめんは高速で流れてくる。なんとかキャッチ!冷たくておいしいな。
そうめんだけではなく、トマトやお菓子、アメまで流れてきて、子供たちは
大喜び!!デザートのスイカも美味しくいただきました。

あっ という間のキャンプもおわりの時間が来てしまいました…。
みんなでこのキャンプをふりかえり、子は親に、親は子に、
「ありがとう」と感謝の言葉を伝え合いました。
もちろんこのキャンプのテーマである富士山&自然、動物達にも。

親子の絆、自然体験、動物とのふれあい、そして仲間との関わり。
人が成長していく過程において、家庭以外にもいろいろな領域が
存在します。

パパなりたての私にとって、みなさんとのおしゃべりはとても嬉しく、
うなずく事ばかりでした。ありがとうございます!

またそんな機会を皆さんと持てることを切に願いつつ、
遊牧民親子キャンプ①富士山編のキャンプ日誌をおしまいにします。

THANK YOU FOR SHARING THE GOOD TIME, AND SEE YOU AGAIN!!

ジミー

1_3 2_3 3_4

4_5 5_3 6_4

7_5 8_3 9_3

| | コメント (4)

遊牧民親子キャンプ①~富士山編~2日目

2日目です。富士山満喫の洞窟探険へと出発です。
標高1000メートルを超えるところに位置する青木が原樹海。
この樹海の下に、それはそれは神秘的な洞窟がいくつも存在しています。

ジミー×サバ、グッチチームとじったん×ほくちゃん、イケゴリチームに別れ、
森の中へ出発です。
国立公園の特別保護地域に指定されていることだけあって、
苔が溶岩台地を覆い、力強く生きる樹木や木漏れ日の
美しい森です。

遡ること1100年前の噴火で出来たこの樹海の大地の歴史を
聞きながら、虫を見つけたり、不思議な穴を発見したりと、
子供たちはすっかり探偵になっていましたね。

夏の蒸し暑さも吹き飛ぶ、氷の大洞窟!幼稚園のちびっこも周りの
お父さん、お母さんの暖かい目に見守られながら、しっかり自分の足で
がんばっていましたよ。
4つ足動物になりきって、しっかり身の安全を確保しながら、洞窟の冷気と
暗闇の中に進むと、それはそれはキレイな氷が!タケノコみたいに地面から
生える氷やしたたる水の音の反響に耳をかたむけましたね。
自然の雄大さ、神秘さを体中で感じた体験でした!

ブナの森ではオープンサンドでお腹を満たし、気がつけば子供たちは
ヤマブドウのツルを登ったり、倒れた木の上で「ドンジャンゲーム」。
すっかり頼もしい野生児になった「森の子」たちがいました。
その横ではお父さんたちがお昼寝♪気持ちよかったですね~

温泉で汗をながし、疲れを癒した後は、シンちゃんとラガーが作ってくれた
「手づかみカレー」でお腹を満たし、いざキャンプファイヤー!
最後の夜です。
イケゴリが用意してくれた赤々と燃える火を囲んで、スタッフも大人も子供も
歌ったり、踊ったり、本当に楽しかったですね~

とても楽しかったものだから時間が過ぎていくのが、なんだかあっという間に
感じてしまった、じったんでした。

(じったん)

1_2 2_2 3_3

4_2 5_2 6_3

7_4 8_2 9_2

| | コメント (0)

遊牧民親子キャンプ①~富士山編~1日目

さあ、いよいよ今年も親子遊牧民キャンプが始まりました!
親子遊牧民キャンプ①は富士山編ということで、富士山を満喫する3日間です。

キャンプ長は大きな体のジミー、
あごひげが生えたラガーとじったんというお馴染みのスタッフに、
研修生として、ほく・池ゴリ・サバ・ぐっちというメンバーです。

今回は日本のみならず、ドイツや香港から国際色豊かな39名の
参加者があつまりました。

オリエンテーションと自己紹介のあと、川へ直行し、親子で川遊びです。

湧き水の流れるきれいな芝川でカヌーをしたり、
大きな淵へ飛び込んだりと、大人も子どもも一緒になって楽しみました!

冷えた体をドラム缶風呂で温めた後、
ホールアースのキャンプサイトに住んでいる動物の世話をします。
犬のサンとアモは大人気!
ウサギやヤギ、ロバ、ポニー、ニワトリなどの糞は堆肥になり、
畑の野菜の栄養となってまた人間のおなかに戻ってきます。

子どもたちは動物の世話を通じて資源が循環していることを学びます。

夕食後にはナイトハイクでセミの羽化を観察しました。

子どもが寝静まった後は大人だけの時間です。
今日初めて会った参加者もすっかり打ち解けて
1日目の夜は更けていきました。

明日はいよいよ富士山の洞窟探検です!
(ラガー)

1 2 3

4 5 6

7 8 9

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

遊牧民ジュニアスペシャル最終日


今日は最終日!
朝起きて、畑で野菜収穫、アイガモの餌やり、朝食作りの3チームに分かれて一日がスタート。

キャンプの最終日と言えば…待っているのは、テントの荷物整理!きれいにした後は、さぁ
最後まで思い切り遊ぼう。

子どもたちのやりたいことを聞くと…「川遊び」「野遊び」「クライミング」と分かれました。
それぞれ自分がやりたいことを選んで遊びます。クライミングでは高く聳え立った壁を、励ま
しあいながら頑張って全員が登りきりました。川遊びでは、冷たい水もおかまいなしで今日も
飛び込み!野遊びでは、一緒に暮らしてきた動物たちに草をあげたり、キャンプ場でいろんな
生き物を見つけました。

いっぱい遊んだ後の最後の昼食は、富士宮焼きそば&スイカです!
あまりの美味しさにお替りするする人もいっぱいいました。

最後は、みんなでお別れ会。
一人ひとりがキャンプで楽しかったことを話してくれました。それぞれ、印象に残ったこと
は違うけれど、3泊4日のキャンプで自然を満喫してくれたこと、みんなの笑顔とお友達が
増えていったことがスタッフはとってもうれしかったです。

きっと、元気いっぱい遊んで汚れた服とたくさんの楽しい思い出を持って帰ってくれたのかな
。また会える日まで、みんな元気でね!!

(シーサー)
 P1080017P8120016                            P8120051_3               P8120353_2P8120355 P8120364

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

遊牧民ジュニアスペシャルキャンプ3日目

いよいよ3日目に突入で、キャンプの仲間たちの距離もぐーんと近くなってきました。
そんな本日も快晴で遊び日和!

午前中は鱒のつかみどりに挑戦したり、冷たーい川に飛び込んだり、はたまた冷えた体を温める(?)野遊び集団が誕生したり。みんな遊びに一生懸命!
特に冷たい川の中で、マスと格闘することに、子どもたちは真剣そのものでした。石の下にもぐった鱒を捕まえようと、ぐーんと手を伸ばして・・・
「あっ、いた!」「すべってうまくつかめない~」
予想以上に子どもたちは健闘していました。

そして魚をさばくのもの自分たちで。鱒のおなかから出てきた動く心臓を子どもたちは食い入るように見つめていました。

鱒に感謝して「いただきます」「ごちそうさま」をした後は、またしても遊びです。
動物とふれあいに出かける子どもたちや、引き続き川で泳いだり飛び込んだり、そして夜にはキャンプファイアーで歌ったり踊ったり・・・くたくたになるまで遊び倒した1日でした。

たくさん食べてたくさん遊んだジュニアスペシャルキャンプ、いよいよ明日で最終日です。
(ありっちょ)


P8110040201_2194_2P8110128286_2158_2

                   

       

| | コメント (2)

2008年8月10日 (日)

遊牧民ジュニアスペシャルキャンプ二日目

今日は昨日と打って変わっていい天気!!
いよいよ、お楽しみの樹海洞窟探険へ出発だ!

溶岩の大地の上にできた樹海にはいろんな生き物が住んでいます。
リスの松ぼっくりの食べ跡や、鳥の巣を発見。そして、なんと
謎の動物の歯まで!子どもたちの発見能力はすごい!

樹海を歩いた後は、自分たちだけで来た道へ脱出にチャレンジ。
みんなに「どっちから歩いて来たでしょう?」と聞くと
指したのは、みんなバラバラの方向・・・
ヒントで道の方向だけ教え、グループに分かれて出発!!
自分たちで考えながら、岩や木の間をくぐってなんとか無事、
全員樹海を脱出することができました~。

たくさん歩いた後は、ありっちょの作ってくれたおいしい
サンドウィッチ&からあげ&とうもろこし

お腹がいっぱいになったら、次は洞窟へ。

洞窟もまずは自分たちで探します。「ここにあった~!」
「これも洞窟かなぁ」

ちょっと周りを見渡すだけで大小様々な洞窟がいっぱい。
その中でも一番大きい洞窟へ全員で入ります。
夏だけど、実は洞窟の中は結構寒い!
みんな長袖だけど、それでも涼しい!
でもそんなのお構いなくワイワイ洞窟の奥へ!!
洞窟のなかで耳を澄ますと水の音。普段体験できないような
ほんとうの真っ暗闇と静かな洞窟の姿も体験しました。

続いてグループに分かれて真っ暗闇の洞窟と狭い迷路の
様な洞窟へ。暗くても、狭くてもみんな一生懸命、楽しみ
ながら洞窟を突き進みました。

1日たっぷり遊んだ後は、帰りは疲れを癒しに温泉へ
みんなで楽しくお風呂に入って、のんびり~

昨日は初日であまりよく眠れなかった子どもたちも
今日は疲れてぐっすりです。

(まりりん)
P8100119P8100074Img_0025_2P8100077P8100085 

| | コメント (2)

2008年8月 9日 (土)

遊牧民ジュニアスペシャルキャンプ1日目

ジュニアスペシャルキャンプがはじまりました。

集まったのは、41人の仲間と10人のスタッフ。
三泊四日、どんな大冒険になるのでしょうか!?

ありっちょの作ってくれた、おいしいそうめんを
食べた後は、自己紹介やテント分け。

さぁ、川遊び!と思ったら、いきなりの雨。
急遽、森の家へ。テントのチームでゲーム大会♪

クイズや「作文ゲーム」、伝言ゲームなど、
大盛り上がり。川へ行けなかったのは残念だった
けど、キャンプの仲間の仲が深まりました。

雨がやんだので、キャンプ場へ戻る時に見えた
のは、なんと!雪のかぶった富士山。この時期
めったに見ることのできない、うっすら雪の
かぶった富士山にみんな「すごーい」「きれい
~!」

夕食を食べた後は、ナイトハイクへ。夜の動物
を見たり、セミの羽化を観察したり、カブトムシ
のメスも発見!キャンプ場の中は自然がいっぱい
です。

さぁ、明日は洞窟探検。明日はいいお天気に
なりますよーに☆

(なっち)

Photo_72_2
Photo_11Photo_10
Photo_8Photo_9
 

| | コメント (2)

2008年8月 8日 (金)

遊牧民キャンプ~アドベンチャーコース~最終日

最終日は、荷物を片付けたら最後の遊び時間! 今回も子供たちから要望を聞き、川遊び、クライミング、食事作り、バードコール作り、弓矢作り、野遊びなど、思い思いに遊びました。

キャンプ中はそれぞれの子供たちが、自分から一歩を踏み出し挑戦する場面がたくさんありました。キャンプ以外でもぜひ、この挑戦する気持ちを持ち続けてほしいなと思っています。また、本物の大自然の世界を見て感じて、そして周りにいる異年齢の仲間やおかしな(?)大人、家畜動物と一緒に生活して、子供たちの心には何が残ったでしょうか。忘れられない夏の思い出の1ページになってくれたらうれしいです。

またホールアースで遊びましょう! いつでも待ってるよ~。これにて4泊5日のアドベンチャーコース、終了です! (いのっち)

5_1 5_124 5_166  5_184 5_203 5_284

| | コメント (8)

王子の森自然学校 最終日!

王子の森自然学校、最終日の3日目!

今日もとってもいい天気。

朝は動物のお世話班と、食事作り班に分かれて

それぞれ作業をしました。作業の後の親子丼はおいしかった!

おかわりする子、続出だったね。

P8080007 P8080016 P8080027

食事の後はお片付けタイム!早く自分の荷物が片付けられた人は、

なんと、せんたくもの干しも手伝ってくれました!

ありがとう♪

全員で記念写真を撮ったあとは、このキャンプの主催者である

王子製紙の富士工場へ、工場見学に出かけました。

世界一の製紙機械が導入されている富士工場。

1万トンの紙を見て、その迫力にびっくりです!

その後、みんなで輪になって3日間を振り返りました。

ひとりずつ感想を言った後は、修了証の授与式。

修了証を持ったみんなは少し誇らしげな表情です。

そうこうしているうちに、気づくともうお別れの時間。

男子はぎりぎりまで、ゲームに夢中。

女子は別れを惜しんで、くっついて離れない子も!

P8080035 P8080040 P8080031

みんなにとって、この3日間はどうだったかな?

まだまだ夏休みは続くけど、この3日間のこと、

たいへんだったことも、楽しかったことも

みんなと友達になったことも

ぜひ忘れずにいてね。

また会おう♪

| | コメント (0)

遊牧民キャンプ ~アドベンチャーコース~ 4日目

いよいよ4日目。
晴れた空が明るい今日のメインは「登山」です。
登るのは富士五湖の一つ精進湖のほとりにそびえ立つ「竜ヶ岳」。
富士山の噴火の溶岩流が迫ってきた時に、本栖湖に住んでいた
竜が駆け上ったという竜伝説が残る山です。

もう手馴れてきた感のある朝食の準備の手伝いをしつつ、
昼食のおにぎりをにぎって、水筒に麦茶をつめてさあ、出発!!

登山はそれぞれが自分ペースで登ります。
早く登る子、ゆっくり登る子、さまざまです。
でも、ペースや歩幅などは違っても、一歩一歩自分の足で踏みしめながら登るのはみんな一緒。
途中何度かの休憩を挟み、木陰のない笹原の登山道といった
難所を切り抜けながらみんな頂上に立った時の笑顔は最高でした。
登ったみんなの心には何が残ったのでしょうか。

帰ってきて、気がつけばもう今日が最後の夜。
ホールアースキャンプでは定番の『手づかみカレー』が待っていました。初めて食べた人、前にやったことのある人も、道具ではない、自分の体を使っての直接味わうカレーをほおばり、あっという間に売切れてしまいました。

そしていよいよキャンプファイヤー。
ギターでの歌から始まり、スタッフ、子どもたち入り乱れての出し物の連続に、笑いが絶えない時間となりました。

明日はいよいよ最後の日。
参加してくれた子どもたちの心に、とびっきりの思い出ができるようにスタッフも精一杯サポートしたいと思います。(ちょびひげ)

Img_5579 Img_0445 P8070104

| | コメント (2)

2008年8月 7日 (木)

王子の森自然学校 2日目!

王子製紙の主催するキャンプ「王子の森自然学校」。
2日目の今日は、6時起床!
でも、一部の子は、もっと早い時間から起きてたね!

今日は、やること盛りだくさんの日。
まずは、2つのチームに分かれて、ここ「柚野」という里山を
散策&和紙工房で紙すきを体験しました。
散策ではカエル、バッタ、モグラ、シデムシ、いろんな生き物を
発見したね!紙すきは、みんながまるで職人さんのように見えました。

P8070108 P8070124 P8070174

その後は、川で「アマゴ」という魚のつかみどり!
「捕まえないと、昼食がないぞー」という声のもと、みんなずぶぬれになって
魚をゲット!アマゴの塩焼きは、最高においしかった♪

それから、森歩きと滝登り。
「木を切ることって悪いこと?」そんな問いかけにみんな森を歩きながら
それぞれの意見を出してくれました。

P8070176 P8070217 P8070188

滝登りでずぶ濡れになったあとは、おまちかねの温泉♪
心も体もほっこりしました。

今日は、ほんとに体を動かしたので、みんなぐったり・・・・のはずですが
いやいやまだまだ元気いっぱい!
なので、急遽、夜は肝試しに行きました!
夜のお寺は、結構怖い!
みんなびびりながらの挑戦です!
ちょっと泣いちゃった子もいたけど、最後までみんなよく頑張りました。

さぁ、明日はあっという間の最終日。
最後まで元気いっぱい楽しもう♪ (はち)

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

遊牧民キャンプ ~アドベンチャーコース~3日目

今朝は5時起き! 天候の不安定な夕方よりも比較的落ち着いている朝方のほうが熱気球は成功するだろうという判断の元、眠い目をこすりながら2回目の挑戦にいきました。球皮を袋から出し、立ち上げからやるのがホールアース流。風の動きを見る力と全員の力が必要です。開口部、バルーンサイド、クラウン(熱気球の天井付近)に仕事を割り振り、いざ大扇風機で風を送り込みます。だんだん大きくなっていく熱気球。バーナーで火をたき、あたたかい空気を入れ始めると一気に熱気球がふくらんできます。ムクムクと球皮が起き上がり、そして、最後は見事空に向かって立ち上がりました! 最初の何人かは霞がかった空に巨大な富士山を見ることができました。

熱気球をたたみ帰るころ、8時15分を迎えました。今日みたいに暑く、セミが鳴きまくっていたであろう1945年8月6日のこの時間に、広島に原爆が投下されました。平和だからこそ、遊べる幸せ。みんなで目をつむり、黙祷をささげました。

ホールアースに戻ってきてようやく朝食。いろいろやったのに、まだ9時だ~。ご飯の後は一日中フリーチョイス。好きなことをやる時間です。早起きしたので寝る! という子、川遊びだカヌーだ! と元気モリモリの子、昼食のお手伝いをしてくれる子、クライミングに挑戦する子、虫探しに駆け回る子、ギターのメロディに乗せて歌をうたう子、自然素材でものづくりをする子、さまざまです。

夕食の後は希望者だけで肝試し。地元の雰囲気ある寺でそろーりそろーりと肝を試したのでした。

明日は本栖湖近くにある竜ヶ岳へ登山です。富士山は見えるかな~? (いのっち)

Imgp2339_2 P1040864 P8060075_3 P8060080 Img_0240 Img_0264 

| | コメント (6)

王子の森自然学校 1日目!

さぁ!ついに始まりました。

王子製紙が主催する「王子の森自然学校」1日目!

東京、神奈川、千葉に加えて地元静岡、そして兵庫、岡山まで!

元気な29名がそろいました。

まずはデッキで、「はじめまして」のご挨拶。

迎えるスタッフは、キャンプ長のラガー、ありっちょ、はち、そしてボブ。

P8060006 P8060019 P8060044

挨拶の後は、室内で、そして外で、ゲームをたくさんしました。

1人で不安そうだった子も、気づけば笑顔で手をつないでいます。

男子VS女子で綱引きもしました!勝敗は・・・・・男子が怒るからナイショ(笑)♪

どろけいをやって、走り回った後は、動物の世話。

エサやりから、ふんの掃除まで、みんなせっせと世話していたね。

P8060058 P8060062 P8060072

動物たちがおなかいっぱいになった頃、今度は自分たちの夕食づくり。

火をおこして、チャパティというパンを焼きました。

一息ついたら、「夜の虫たんけん」!

なんとびっくり。しゃがんで見える場所で、セミの羽化が見られました。

羽化したてのセミは白くて、きれい!「がんばれー」という掛け声が

あちらこちらから聞こえました。

気づくと、もう夜。

今日はぐっすり寝て、明日は川へ探検だ!!!!

P8060079 P8060085_2 P8060086_2

P8060111 P8060114

| | コメント (0)

遊牧民キャンプ~アドベンチャーコース~2日目

アドベンチャーキャンプ2日目。
全国各地から集まった子供たちが、富士山のおなかの中へ。
あまり人が足を踏み入れない場所「青木ヶ原樹海」にある
溶岩洞窟を探検です。

朝、自分オリジナルのサンドイッチを一生懸命こしらえて出発。

午前中は、いけいけコースとのんびりコースの2つに分かれて
それぞれが楽しみました。天気はあいにくの小雨だったけれど
2チームが再び合流して、互いの印象を聞いた時にはそれぞれ
が楽しそうな笑顔を覗かせていました。

そして、氷の洞窟へ。今までのうだるような暑さとは別世界が
広がっていました。1歩踏み出すごとに下がっていく気温。

苦労して歩いていった先に広がるホールでは、暗闇実験や、
地面から生える氷の筍に出会えて大満足の様子でした。

おかげで夜は夕ごはんを食べてぐっすり!!

明日は天気がよければ熱気球!あがるといいなー(ちょびひげ)

Imgp2192_2 Imgp2324 P8050086_2

| | コメント (2)

2008年8月 4日 (月)

遊牧民キャンプ ~アドベンチャーコース~1日目

夏休み子どもキャンプ第3弾、遊牧民キャンプアドベンチャーコースが始まりました!
キャンプサイトの食堂に集まった38名の仲間たち。スタッフは、いのっち、ちょびひげ、ゴルゴ、しょうへい、べんぞー、じゅんぺい、ちーず、ひろです。このメンバーでこれからいったいどんな物語がつむがれるのでしょうか??

みんなで昼食をとり、早速暑さを吹っ飛ばす川遊び・カヌーです! 飛び込み台から勇気を出して飛び込んだり、カヌーに乗って水面をすべったり、沢ガニを探したり、ドラム缶風呂の用意をしたり、それぞれがそれぞれに遊びまくりました。

川ですっきりしたあとは、熱気球を上げに行きました。天気が曇りだったのでもしかしたらダメかも・・・という思いをもちつつ、かすかな希望にかけたのですが・・・。途中で雨が降ってきてバーナーチェックをした段階までで断念。またあさってくらいに再チャレンジしようと心に決めたのでした。

キャンプサイトに戻ってからはいのっちとちょびひげのトークショー、そしてちょびひげの施設内ナイトツアー、いのっちギターで歌う、夕食の準備をするなど、自由参加をしながら夜は更けていきました。外では稲光と時々雷鳴がしています。雨も激しくなってきました。みんなテントで眠れるかな~。明日は洞窟樹海探険に出発です。(いのっち)

1_151 1_158 1_282 1_297 1_323 Img_0133_2

| | コメント (3)

2008年8月 3日 (日)

遊牧民ジュニアキャンプ3日目

コケコッコー、朝ですよ~。
昨晩はみんなぐっすり眠った様子で、
みんなとても元気です!

今日のお手伝いは、田んぼにいるアイガモのえさやり、
畑での収穫、サンとアモのごはんやり、朝食&昼食の
準備をみんなで分担しました。

お腹ぺこぺこの後は、納豆ごはん&たまごでおなか
イッパイ食べました。

今日は3日目、残念ながら最終日。でも最後まで
おもいっきり遊ぶぞ!!!

でもその前に荷物の片付け。早くできれば、その分
たくさん遊べるぞ。テント内の荷物を整理して、
みんなのテントはそれぞれカラッポ。

さぁ、遊べるぞ!
やりたいことをみんなに聞いたら、川遊び(&カヌー)、
野遊び(かくれんぼ、おにごっこなど)、バードコール、
料理つくりの意見が多く、希望のものをそれぞれ
楽しみまくりまくりました。

お昼ごはんはすいとん。ホールアースでとれた野菜を
ふんだんに使い、みんなでこねたすいとんをちぎって
いれました。
(実はすいとんにはアタリとハズレがあったのだ!フフフ…)

子供達の作戦通り、ハズレの爆弾すいとん(塩大入り)が配られ、
キャンプ長のナッチはアンラッキーにも撃沈!
いたずら大作戦は大成功でした。
(ジミーはセーフ。ヒューーー)

It's about time to say Good-bye.
いよいよお別れの時間。
みんなでアボハウスに円で座り、一人一言キャンプをふりかえり、
最後はまりりんのヨイショッ!をみんなでやり、しめました。

あっという間の2泊3日ジュニアキャンプ。
みんなが笑顔ですごせたことが、スタッフは一番嬉しかったです。

キャンプが初めてだった子、遠くの友達がたくさんできた子、
次のキャンプはステップアップも可能で、もっとすごい冒険が
待ってるよ。ぜひ自分にチャレンジして、普段自然の中で
たくさん遊んでみよう。

大きくたくましくなったみんなと再会できる日を楽しみに
いています!!
でもまずはゆっくり休んでね。

(ジミー)

Imgp3245_2P8030001_2 Jr1_3day_32

Imgp3249 Imgp3252_2 Imgp3255

Imgp3260 P8030136 

| | コメント (2)

2008年8月 2日 (土)

遊牧民ジュニアキャンプ2日目

ジュニアキャンプ2日目。
やってきました火山洞窟探険!8000年前の富士山の噴火で
流れ出した溶岩が創り出した神秘の世界です。

軍手に長靴、帽子にヘッドライト!気分はインディージョーンズ!
この洞窟は神社の中にあるので皆、騒がず、ドキドキを心に秘め
ながら森の中へ足を踏み入れました。途中にはシカの足跡が残る
沼田場もありました。

洞窟は自然のままの世界で明かりは一つもありません。
手でしっかり溶岩をつかみながら、一歩一歩慎重に暗闇の中に進
んでいきました。天井の低いところや、急な段差をガンバって超えて
いくと広間が出てきました。そこで、皆でライトやモノ音を消して、
本物の洞窟の姿を見ました。ポタリポタリと水の垂れる音が暗闇に
響き渡る中、子ども達はそれぞれ何を考えていたのでしょう。

洞窟のあとは緑が広がる原っぱに出かけ、お弁当を食べ、それぞれ
思い思いに遊びました。サッカーをする子、ドロケイをする子、虫探し
をする子、お花摘みやシロツメクサの腕輪を作る子、のんびり語り
合う子、どの子も皆、富士山の自然に包まれました。

そして、夜はお楽しみの「手づかみカレー」!!スパゲッティはフォーク、
お蕎麦はお箸、お寿司は手。食べ物が変われば食べ方も変わります。
今日のメニューはカレー。カレーの本場はインド!ということで本来の
カレーの食べ方を皆で体験です。
食べ終わったお皿はカレーの油を川に流さない為、キレイに真っ白に
なるまで「キャンプ流お皿のキレイに仕方」でピカピカにしました。

最後の夜です。少し雨がパラつきましたが、皆の行いが良いんでしょう。
雨もすぐに止み、無事キャンプファイヤーが出来ました。アブラハムや
なんだか不思議なお米のダンス。猛獣狩りなど、もう、皆、踊ったり唄っ
たり、大盛り上がりでした。

いよいよ明日は最終日です。

(じったん)
5 4 3 2 1_6

| | コメント (9)

2008年8月 1日 (金)

遊牧民ジュニアキャンプ1日目

やってきました!遊牧民ジュニアキャンプ!

集まったのは39人の仲間と8人のスタッフ。2泊3日、
どんな冒険が待ちうけているでしょうか!?

まずは、じったんの作ってくれたおいしい富士宮
焼きそばで腹ごしらえ。自己紹介、テントわけが
済んだら、いよいよ川遊び!

あっついので、川に入りたくて仕方がないみんな。
川遊びがはじまると、カヌーやとびこみ、河原で
足をつけたり、大はしゃぎ!
「冷た~い!!」「カヌーもっとやりたい」
「飛び込み気持ちよかったー!!!」
元気な声が響きます。

夕方は動物のお世話と夕食の準備。動物のお世話
は餌をあげたり、お掃除をしたり、キャンプでは
動物も仲間。夕食の準備は野菜を切ったりして、
みんなの協力のおかげで、おいしいボルシチの
できあがり~♪川遊びでお腹が減ったのかおかわり
する子が続出でした。

夜も遊びは続きます。夜はナイトハイクへ出発~。
夜しか見られない自然を探しに行こう~!
キャンプ場では羽化する前のセミを発見!
夜の動物小屋にそーっとお邪魔してみると…
親子で寝ているヤギ達や木にとまって寝ている
にわとり達。夜の生き物に出会えました。

昼間、子供たちの元気な声が響いていたキャンプ場
も夜はひっそり。みんな疲れてぐっすり寝ています。

明日も元気に遊ぶぞー!!!

(なっち)

1_21_3
1_41_5 

| | コメント (8)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »