« 耐寒キャンプ1日目 | トップページ | 春の遊牧民キャンプ1日目 »

2008年1月 4日 (金)

耐寒キャンプ2日目

日の出を見るために、まだ夜の気配を色濃く残した時間帯から行動を開始しました。4時45分に起床(中にはほとんど寝ずに起きていた子も・・・)して軽くお茶漬けを食べた後、いよいよ柚野山頂上に向けて出発です!

「あっ! なんかキラキラしている!」
外に出てみると、全ては霜の世界。温度計を見ると、なんとマイナス7度でした。澄んだ夜空には星がキラキラ瞬き、流れ星を何度も見ることができました。

頂上で朝食を作る部隊が速めの行動で先に頂上を目指し、他のメンバーはコツコツと登り始めます。

登っている途中でだんだんと黒からオレンジ色に色づく空。朝を迎えようとするその瞬間は、コンピュータが人工的に決める色では表しきれない無数の色の変化があります。

登り始めて1時間、太陽が顔を見せる前に全員が無事頂上へ到着しました。焚き火を囲みながら日の出を待つこと20分。

・・・・・・「あっ! 出た!!!」

向こうの山の上から突然ポコッと出た太陽。みるみる大きくなり、その燃え上がる姿を僕らの前にあらわしてくれました。言葉少なに見守る子ども達。その胸の中で何を思っていたのでしょうか。

ご来光を拝んだ後は頂上で朝食。そして、頂上の坂を利用した滑り台遊びや丸石探し、霜柱クラッシュなど思い思いに遊びまくりました。

ホールアースに戻ったあとはゆっくりとおやつを食べて、凧作りです。それぞれのオリジナル凧を作り、キャンプサイトであげました。

あっという間の1泊2日。でも相当長い時間活動を共にする耐寒キャンプ。今年はキャンプ終了間際に体力を使い果たして動けなくなる子どももいましたね(笑)。おおいに疲れたけれど、おおいに楽しんだ2日間でした。これで新年のいいスタートダッシュが切れそうかな!?

今年もたくさんの笑顔に会えますように。
正月恒例耐寒キャンプ、これにて終了! (いのっち)

01 02 03 04 05 06 07_2 08 09 10_2 11 12

|

« 耐寒キャンプ1日目 | トップページ | 春の遊牧民キャンプ1日目 »

コメント

いのっち、ジミー、サブロー、あっこ、がっちゃんへ
たいかんキャンプ楽しかったよ。ありがとう。山のすべり台がすごく楽しかったし、たこあげもとっても楽しかったよ。日の出もすごくきれいでかんどうしたよ。きらきらしていて赤くて生まれたてってかんじだった。
ごはんもおいしかったよ。
また行くからあそんでね。  大智

ホールアースの皆様!!だいちが大変お世話になりました。
迎えに行った時の疲れっぷりったら・・・・面白かったです。沢山遊んで大満足だったのでしょう。だいちは太陽光発電だと思っていたのですが違っていたようですね。帰りは、ホールアースを出て、牛舎の前を通って、「うし・・・・うし・・・・zzzzzzzzzz」と瞬殺でした。夜7時頃までぐっすり寝て、起きて何かに取り付かれたかのようにムシャムシャと夕飯をたらふく食べ、またまた夢の中へ突入でした。
毎回、洗濯物がどれだけ汚れているのか凄く楽しみなんですが、今回は私の洗濯心を熱くさせるくらい汚れていて、なんだかとっても嬉しかったです。(変?)花粉症なので、そろそろ花粉の舞う季節なので、暫く行けなくなると思いますが、また行きたいって言っていますのでその時にはまた宜しくお願いします。
ありがとうございました。

投稿: くろだ だいち | 2008年1月10日 (木) 14時34分

だいち&お母さんへ

耐寒キャンプ参加していただき、ありがとうございました。
スタッフもキャンプが終わったときには、皆電池が切れた様でした…。
それぐらい今回のキャンプでは充実感があります。
(私も洗濯時に再認識しました←ポケットの土がキャー…)

うしのコメントは微笑ましいですね。
ご近所の牛舎の隣にはイノシシもいてみんなで会いに行きました。
(干支のねずみもどこかにいたかな?)

また私事なのですが、みんなで見た日の出は、実はその後私にとって
一層特別なものとなりました。
ここ数年入退院を繰り返してきた祖父がいるのですが、
キャンプ終了後に突然の訃報が届きました。
もう93歳と大往生でして、家族みな覚悟はできていましたが、
その命日にあのような光景の中で素晴らしいご来光が拝めることができて、感慨深かったです。
キャンプ前は天気予報が曇りで心配していたのですが、みんなのパワーと祖父のおかげもあってみたあの太陽は、ずっと語っていく思い出となりました。
ありがとうございました。

さて花粉症はとてもかわいそうですが(ジミーの大きな鼻の穴で
だいちのまわりの花粉を吸い取ってあげたいなぁ~)、
次回また大きくなった大智に会えることを楽しみにしています。

ジミー

投稿: ジミー | 2008年1月12日 (土) 13時12分

「洗濯物がどれだけ汚れているのか凄く楽しみ」でよかったです(笑)。急斜面を何度も何度も滑っていく大智がとても印象に残っています。また電池が切れるほど遊び倒しましょう! 大智、待ってるぞー

投稿: いのっち | 2008年1月12日 (土) 20時06分

この記事へのコメントは終了しました。

« 耐寒キャンプ1日目 | トップページ | 春の遊牧民キャンプ1日目 »