« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年8月27日 (月)

親子遊牧民キャンプ③最終日

あっという間の最終日。

朝いちばんで動物の世話をして朝食をとった後に
みんなでお片付けをします。

その後はフリーチョイスで思い思いのアクティビティに参加します。
お父さんたちは親子キャンプ恒例の流しそうめんの樋づくりに勤しみます。
お馴染みクライミングも大人気。

ホールアースで取れたスイカでスイカ割りもしました。


そして今回横の富士山冒険学校でやっていて
「あれは何?」「私もやりたい!」とお母さんの要望の高かった「溶岩染め」を
Mr溶岩染めこと平野もみひげが担当しました。
こちらも大好評でした!

昼食を食べたらあっという間にお別れの時間です。

「また、絶対きます」
「富士山に登れたのが良かった!」
「今度は富士山冒険学校に参加します!」
「また来週みなさんに会えるのが楽しみです(年長:ウソ)」などなど

参加者も満足だったようです。
また、きてくださいね~。

(ラガー)

※写真は後日アップします。

| | コメント (2)

2007年8月26日 (日)

富士山冒険学校 最終日

天気◎,子ども達も◎

最終日がやって来た~!
お別れの時に大きなリュックを持った子ども達は、
「絶対来年も来る」と指きりげんまんをして誓った子、
親に会ってほっとした子、ちょっと照れくさかった子、
友だちと別れて泣いちゃった子、
うれしい顔で親にキャンプの出来事語り始めた子、
25人はいろんな想い出を持ち帰った。

13泊14日のキャンプは終わってしまったけれど、
みんなの心の中には13泊14日の経験が刻まれていると思う!

またみんなと会える日まで…

(さやか)

Img_1691 Img_1707 Img_1705  Img_1713 Img_1701 P1050792
Img_1579_4 Img_1424_4

| | コメント (37)

親子遊牧民キャンプ③2日目

今日は早起きして動物のお世話から朝が始まります。
ホールアース自然学校の遊牧民キャンプではおなじみの光景です。

朝ごはんの後はいよいよ富士山に向かって出発です。
富士宮口の新五合目は8月最後の土日とあって人、人、人!
渋滞を潜り抜けてなんとか五合目に到着し、
300年前に噴火した宝永火口に向かって出発です!

案内役はキャンプ長のラガー。

「この石は何で赤いの?」
「何で下には木が生えているのに上には生えてないの?」

始めてみる富士山の光景に子ども達は興味深々です。

下から見る宝永火口は雲の中。
しかし実際行って見ると・・・・どーーーーーーーーぉん!!

でっかい火口が私達のお出迎えをしてくれました。
富士山頂も顔を出して、最高のロケーションで昼食。

じったんが作ってくれたおにぎりを頬張りながら
火口でゆっくりして、その後温泉に寄って疲れを癒し、本校へ帰りました。

最後の夜はホールアース恒例の手づかみカレー&チャパティ。
昨日会ったとは思えないほどのチームワークでチャパティを作って
火を起こし、チャパティを焼いていました。

食事の後はお隣でやっていた富士山冒険学校の屋台村にお邪魔しました。
「たこ焼きあるよー」
「自分達で締めたニワトリの鶏がらスープだよー」
親子キャンプの子ども達には13日間キャンプ生活をしてきた冒険学校の子ども達が
とっても大きく見えました。

そして、キャンプファイヤー。
お父さんからの芸も飛び出し、わいわいと盛り上がり、
最後の夜は更けていきました。

明日はいよいよ最終日です。
早いなー。
P1010046 P1010049 P1010089 P1010101 P1080665 P1080693 P1080710 Imgp0969

(ラガー)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

富士山冒険学校13日目

昨日の富士登山の疲れもなんのその、朝早くから夜の「屋台村」
(夕食を自分達で作り、お店をだしあう)
にむけての作戦会議から朝がはじまりました。

明日に備えて、荷物の整理をした後に、鶏の命をいただく
「命を食べる」を行いました。
元気いっぱいの子供達もこの時ばかりは真剣な顔つきに。
命をいただく瞬間はみんな緊張した表情でした。
解体していく中で、鶏の体の仕組みを真近で見て、びっくり!
初めて見る鶏の体に興味津々でした。
普段、食べている食べ物が命だということ、命の大事さを
感じてもらえたのではないでしょうか。

午後からは、屋台村の準備に夢中!食材を切ったり、看板を
作ったり、各班それぞれ個性的なものができあがりました。
夕方についに屋台村オープン!!
鶏がらスープ、ドリンクバー、りんごあめ、たこ焼き、焼きおに
ぎり、流しそうめん…工夫をした様々なメニューが並びます。

「いらっしゃーい、ドリンクおいしいよー」子供達の元気な声
が響き渡ります。スタッフや親子キャンプの参加者の方など、
たくさんの人が来てくれました。

2週間前に出会った仲間、今ではまるでもっと前から一緒だった
かのように仲良くなりました。
ついに明日で富士山冒険学校は最後。最後の夜にキャンプファイ
ヤーをして、2週間のキャンプをふりかえりました。
(なっち)
  P1050407P1050429Img_1305
Img_1332Img_1313Img_1280P1050591P8250057P8250069

| | コメント (0)

2007年8月24日 (金)

富士山冒険学校 12日目

富士登山の日
今日は登山日よりの日でした。上には青空に囲まれ、舌には雲海が広がっていました。
本当に天気に恵まれ、そして今日も元気な子ども達でした。
25人中の22人が頂上まで登ることが出来ました。
(例年に比べて子ども達の上る確立が高くなりました)

朝6時から歩き始め、富士宮新五合目には17:00到着しました。日が出る時から日が落ちるまでチャレンジ精神旺盛な子ども達は歩き続けました。

・富士山に来て、頂上まで行けて良かった。(自分の体力に自信がない子ども)
・雲の中を歩いている時に「雲を食べた~い!」
・下山しているときに「46回も滑っちゃった~」
・「雲が竜に変身している」
などのコメントを歩いている時に聞きました。

(さやか)

Img_1206 Img_1208 Img_1210
Img_1227 Img_1229 Img_1238
Img_1239 Img_1248_2 P1050382
P8240011 P8240014 Img_1242

| | コメント (3)

親子遊牧民キャンプ③ 1日目

親子遊牧民キャンプ③【冒険編】が始まりました!

参加者は12家族の36名。
スタッフのラガー、ゴルゴ、じったん、ジミー、イノッチ、タツ、
ほくちゃん(四季講座生)、がっちょん(四季講座生)と富士宮やきそばで
腹ごしらえをして、まずはホールアースの一番下まで行き、川遊び!

冷たくて気持ちいい芝川で、カヌー、飛び込み(お母さんも!)、サワガニ観察等等、
川を思いっきりエンジョイしました!

夕方からは熱気球!曇天でぱらぱらと少し雨も降る不安の中で始まりましたが、
ゴルゴの明るいトークと皆さんの祈りも通じて、次第に天候も落ち着いてきました。
全員で協力して暖かい空気を球皮に入れて、大きな大きな熱気球を空に浮かべました。

気球には子供たちから4人ずつ、大空に飛び立ち、鳥の気持ちになりながら、
大きな目で眼下のパノラマを見渡しました。
風の状態も落ち着き、2回目は家族ごとにいざ空へ。
大人が子どもに戻る一時となりました。

自然を満喫した一日となって、お腹はペコペコ。
じったんが作ってくれた肉じゃがとトン汁が胃にしみわたりました。

その後の大人による国際会議ではお父さん、お母さんとの交流がお互いに
深められ、笑顔の輪が広がりました。

明日も笑いまくりまくって、でっかい富士山を楽しもう!!!

(ジミー)

Photo Photo_2 Photo_4

Photo_5 Photo_6 Photo_7

| | コメント (0)

2007年8月23日 (木)

ジュニアキャンプ④ 3日目

あっという間にやってきた、キャンプ最終日。

朝からどんより雲で、案の定テントを出る頃には、雨がザアザア降りに・・

部屋の中で朝食を輪になって食べた後は、ちらかった荷物の整理をしました。

終われば遊べるとあって、子供たちも頭を悩ませながら荷物詰めをがんばりました。

片付けが終わったころには、雨も上がって、子供たちに希望をとり、クライミングと鳥を呼ぶための道具、バードコール作りをしました。

高い壁をスパイダーマンのように登る子供たち。頂上目指して登りきった子も結構いました。

バードコール作りは、多くの子供たちに人気のようで、知っている鳥の名前を聞くと案外知っていて、沢山出てきたのにはびっくり。中にはマニアックなものもあったりして。

バードコールに思い思いの絵を描いて、素敵なお土産ができました。

その後、外で昼食のミートソーススパゲティとスープを食べて、展望デッキに移動して、3日間の振り返りをしました。

洞窟探検が一番印象に残った子供たちが多かったみたいですが、みんなそれぞれに思い出に残る楽しいキャンプだったようです。

最後にキャンプゲームでリクエストの多かった「アブラムシ」を踊って、みんなで「ワカポンゲーム」で一つになったあとは、お土産を買って、お別れをしました。

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、この仲間と過ごした3日間は、子供たちとスタッフにとって忘れられない時間となりました。家族と離れて過ごしてちょっと大人になった子供たち、また会える日を楽しみにしているよ! (わかぽん)

Img_1610 Img_1626 P1080423 P1080432_2 Img_1675_3 Img_1705 Img_1729 Img_1741 P1080464  

| | コメント (4)

親子遊牧民キャンプ~里山編~最終日

S70819_210 S70819_215 S70819_217
Simgp0829 Simgp0877 Simgp0921

おまたせしました。親子キャンプ里山編の最終回です。
動物たちのお世話をして、3日間使ったお部屋をキレイに
皆でお方付けした後は、フリーチョイスでいろいろ挑戦しました!
必死な目をしてクライミングをする子どもに大人。
今年こそは!てっぺんまで!!と意気込むお父さん。

その横では葉っぱでバッタをつくるお母さんたち。
小さな女の子たちは石の思い思いの絵をかいて
芸術作品をもくもくと作成。この石は何に似ているかな~~

キャンプ長クマと弓矢を作った子達もいましたよ。

さて、遊びが終わり、いよいよ最後のプログラム。そば打ちです。
柚野の里山でそば打ちを体験。コネコネ上手に丸めて、打って、伸ばして
と自分たちの手で作ったお蕎麦は格別だったことでしょう。
じったんも、食べたかったな~~

本当、大人も子どもも里山満喫で笑顔のあふれる楽しい3日間でした。
みなさんの笑顔で私たちスタッフもまた新たな元気をもらうことが
できました。ありがとうございました。
また、お待ちしています!

写真CDは9月の頭になるのでもう少しお待ち下さい。  (じったん)

| | コメント (1)

2007年8月22日 (水)

ジュニアキャンプ④ 2日目

今日も快晴、暑くなりそうな気配です。

動物のお世話、食事の準備を希望者ごとに行い、
朝食後は洞窟へ出発進行。

富士山へ100回以上も登頂した伝説の修行僧、カクギョウさんのお墓も
ある人穴神社に到着し、洞窟での無事を祈りつつ、カクギョウさんの
修行にチャレンジ!

片足立ちで3分以上ビクともせずバランスを取り続ける子が10名もいて
みんなでその健闘に拍手!!

明るい森や緑の多い雑木林を歩き、途中水溜りで動物の足跡も観察しました。

歩くこと15分。ついに縄文時代の富士山の噴火(溶岩流)で形成された
新穴洞窟を発見。中からはひんやりとした風を感じることが出来ました。

ライト、軍手、帽子、長靴を装着し、いざ火山洞窟の中へ。

ゴツゴツした岩場をぬけるとそこは広いホール。ワカポンよりこの地域に
伝わる鬼の伝説の話があり、ジミー鬼とシンゴによる寸劇もあり、
暗闇の中いっそう目を輝かせる子供達。

探究心をもとに奥まで行き、最後は集合写真もとりました。

お昼は朝霧アリーナの大草原で、おにぎりとキュウリ、バナナを気持ち良く
食べました。

食事後は野遊び。どろけいをおもいっきりやった後は、だるまさんが転んだ、
追いかけっこ、一周マラソン、ごろごろ坂下り、草花装飾、アブラムシの
踊りなどを楽しみました。
牛さんゲーム(=ひるね)も意外と好評でした。

ホールアースへ戻ると何と雷ゴロゴロで、強い雨が降ってきました。
火起こしとキャンプファイアは残念ながら中止となり、恨めしそうに
雨の音を聞きながら、伝統の手づかみカレー&チャパティを森の家で
食べました。

お風呂の後はみんなの強い希望で、森の家でキャンプファイアゲームを
しました。伝言ゲーム、猛獣狩り、ぷよぷよちゃんやおもしろい歌と
踊りに会場は熱気ムンムン。
最後はみんなで手をつなぎ、大きな仲間の存在を確認しつつ、このキャンプの
イベントをワカポンが詩にして、いのっちのギターで奏でながら、みんなで
復唱しました。

どの子も今日一日を楽しみまくりまくった様子。
今晩はグッスリ寝て、明日の最終日も大きな笑顔で過ごしましょう!

(ジミー)

P1080325_2 P1080346 P1080366

P1080387 Img_1412_2 Img_1438

P1080397 Img_1528 Img_1559

| | コメント (0)

富士山冒険学校 10日目

いよいよ10日目。徹夜ハイクも終わって
朝を迎えると子供達に変化が! 
共通の目標を持ち又それを乗り越えた事
によって皆が富士冒と言う大家族になりました。
朝ごはんの後に行った、湧き水を目指した沢登りでは
高学年のお兄ちゃん、お姉ちゃんが互いに協力して
小さな子供達のサポートに周り、また小さい子供達も
まるで本物の兄妹の様にしたっていました。
その後のフリーチョイスでは弓矢作りと麻ひもミサンガ作り。
ニューヨークから参加のミサンガ名人が裏技を披露。
スタッフも思わず拍手!
夕食は定番のカレー。手づかみの食事で異常に盛り上がり
ハイテンション!!
あっと言う間に終わった10日目でした。
(ポリッピー)

Photo_27 Photo_28 Photo_29 

Photo_9 Photo_8 Photo_7   

Photo_30 Photo_31 Photo_32

Photo_14 5 6_2

Photo_34 Photo_35

Photo_37 Photo_38 3_2

| | コメント (6)

2007年8月21日 (火)

ジュニアキャンプ④

大きな荷物を背負ってホールアース自然学校に集まった、28名の元気いっぱいの子供たち。

迎えたのは、わかぽん・ジミー・かあちゃん・ひっちゃん・しょうへい・かをり・しんごの7名のスタッフ。

昼食を食べてから、これから3日間を共に過ごす仲間たちを知るべく、自己紹介ターイム!

これから始まるキャンプにドキドキしつつも、瞳を輝かせて楽しみにしていることを語る姿が印象的でした。

いよいよお待ちかねの川遊び。準備体操をして、いざ川へ!

びっしょりかいてた汗も、一気にひくほど冷た~い湧き水の注ぐ芝川で、思いっきり水遊びを堪能。

カヌーで思う方向に進めず苦戦する子もいれば、1人でスイスイ漕ぐ子もいたり。

ターザンロープからダイナミックな飛びこみをする子もいれば、石の下の生き物を夢中で探す子もいて、みんな思い思いの楽しみ方を知っていたようです。

夕方になってお腹が減ってくる頃は、動物たちもお腹がすいてくる時間。

動物のお世話と料理の手伝いに分かれて、普段の生活ではなかなかできない体験に興味津々の様子。

自分よりも大きな動物たちに最初は怖がっていた子たちも、ちゃんと動物に声をかけてあげれば大丈夫とわかってからは、すすんで小屋の掃除や水換えも行なってくれました。

子供たちの刻んでくれた味噌汁のネギは、不ぞろいだけれどとってもおいしかったよ。

夜は夜の楽しみ方で、生き物探検に出かけました。

もう辺りは秋の虫の鳴き声が。その中になにやら妙な鳴き声が・・!?

その正体を突き止めに、田んぼの中をのぞいてみると・・ なんと、アイガモたちが沢山。

そろって泳いでいる愛らしい姿に、子供たちもにっこり。

ジミーの仕掛けた昆虫トラップや、光に集まる沢山の虫たちに興奮気味の子供たちでした。

虫かごに捕まえた虫たちをみんなで観察した後は、自然にかえしてあげました。

今日もなが~い一日だったけれど、今頃はみんなどんな夢をみているのかな。

明日の洞窟探検も楽しみだー!(明日へつづく) by わかぽん

P1080218Img_1206 Img_1243_3

P1080234 P1080236 P1080274

Img_1317 Img_1355_2 

| | コメント (1)

富士山冒険学校 8日目と9日目

晴れ、子ども達とスタッフも晴れの気持ち。
朝は熱気球に出発。25人中の20人が空へ空へ舞い上がりました。残りの子ども達は「徹夜ハイクのために体を休ませたい」、「熱気球に乗ったことがある」経験者はテントでガーガー寝てました。

熱気球は立ち上げから片付けまでみんなで行いました。最初はペッチャンコになっている熱気球に空気を入れ、みんなで押さえ、風船が徐々に大きくなっていきます。みんなの協力がないと大きな風船が完成出来ません。がんばって見事に完成、そして鳥の目線で富士山を見上げる事も出来ました。

昨日はパラグライダー、風を利用して飛ぶ。今日は熱気球、凪(なぎ=風がない時間)の時間を利用して飛ぶ。2日間連続で風を読みながら飛ぶ体験が出来ました。

ホールアースに戻ったら、暑さを吹っ飛ばすために冷たい川で遊びました。
その後、徹夜ハイクのために3時間のお昼寝を…実際にその時間たっぷり寝れたのは数人だけ…

夜10時から富士山の一合目からスタート!「目指せ本栖湖」!
最初は歌いながら、おしゃべりしながら進んでいましたが少しずつ声がなくなりフラフラしながら歩くだけ。歩きながら、モウロウとしている子ども達のコメント:
・私、目の前にミルクココアがあれば一万円で買う! byすず
・どこでもドアがほしい byゆい
・もう視界がピンボケになった byハヤブサ
・虫が懐中電灯の周りを飛んでいて「僕の懐中電灯に虫除けスプレーをつければ大丈夫かも?」byみそっぱ
・肉まんレンジャーは敵が来たら肉まんに変身する。「世界の平和を守る」と言いながらシランプリして地球が壊れる byゾロ
・ポリッピーがトリッピーになったー!
などなど疲れを乗り越えるときだけしか聞けない子供のコメントを歩きながら楽しく聞いていました。

ゴールまで後もうちょっとのところで、子供¥ども達は疲れを乗り越えたのか、マヒしたのか、最後の道のりはダッシュでゴール地点まで到着!

ちなみに全員、無事ゴールイン出来ました!パチパチパチ!!!!!!!!!

本栖湖に着いたらもう寝るだけ。午前中はスタッフも含め、森の中で寝ました。
朝食後は本栖湖で足をぬらす程度のチャポチャポのはずだったけれど…思いっきりビッチョビッチョになっちゃた。

ホールアース自然学校に戻り、早めにお風呂に入り、夜はフリーチョイスの打ち合わせ。
湧き水を見つけるための川登り、子ども達企画のキモだめし、オニゴッゴ、缶けり、旗取りゲーム、ヘンプ作り、溶岩染め、パンやピザ作り、ヒモギリ式の火起こしなどでした。
明日みんなの希望した事を行い、どんな物ができるだろうか?

今日はさすがに遅くまで起きている子どもはいませんでした。
(さやか)

P1040993 P1040969 P1040975
Img_0821 P1050003 Img_0836
P8200076 P8200077 P8200078
P1050053 Img_0932 P1050103
P8200091 P1050085 P1050089
P1050112 P1050115 P1050149
P1050160 P8210122 

| | コメント (4)

2007年8月20日 (月)

親子遊牧民キャンプ~里山編~2日目

S70819_104_2 S70819_116_2 S70819_133_2
S70819_193_2 Simgp0808

2日目はいよいよ沢登り!ツルツル足下に気を使いながら冷たく
キレイな芝川を登っていきました。少し行くと広いプールがあって
みんなで水を掛け合ったり泳いだりとはしゃぎましたね。
じったんはジミーに投げ飛ばされ全身びしょびしょでしたよ。

途中の急な流れのところは頼もしいお父さんたちの人間堤防で
子どもたちは安心して皆向こう岸までたどり着けました。
大きな滝にも出会え、大自然を満喫です。

お腹がすく頃になると、いよいよマスのつかみ取り。
寒い冷たい!といいながらもおかずを獲らなくてはと
首まで水につかりながら手を岩の下に伸ばして
ヌルヌルする元気な魚を捕まえました。

とりたての魚は内臓を取り、竹串にさして焼いていただきま~す
自然からの命の恵みを全身で感じました。

夕飯は涼しい中でライトアップ流しそうめん。

そして夜は皆で肝試しに出かけました。泣いちゃった子もいたけど
無事ゴールまでたどり着けたね。よかったよかった。

子どもたちが遊びつかれて眠る頃、国際会議は深い話へと・・・
充実した夜が過ぎていきました。      

2日目も思いっきり遊びまくりましたね!    (じったん)

| | コメント (2)

親子遊牧民キャンプ~里山編~1日目

さぁ、始まりました「親子遊牧民キャンプ~里山編~」
今回のスタッフはキャンプ長クマ、ジッタン、ジミー、かぁちゃん、ロバート、かめちゃんです。

里山編ということで、田舎暮らし満載のプログラムでした。
29人の顔合わせをして、自己紹介した後は、暑さに負け何よりもまず川に
飛び込みました。
富士山の湧き水からなる清流芝川に子どもたちは大はしゃぎ!
お父さんも大はしゃぎ!お母さんはちょっと凍え気味(笑)でした。
皆でカヌーに乗ったり、ターザンしてみたりお気に入りの石も見つけました。

動物のお世話もしっかりしました。ヤギにウサギ、馬に鶏とにぎやかでしたね。

夜は火起こしチームとパン作りチームに分かれ遊牧民カレーの準備をしました。
火の番は中1のお兄さんに安心して任せ、美味しいチャパティが焼けました。

そして子どもたちはジミーと一緒に夜の虫虫探検隊に出かけ夜の生き物に出会ってきました。

そして子どもが寝静まると・・・そう、お待ち兼ねの国際会議が開催です。
かぁちゃんの美味しいおつまみに舌鼓を打ちながら、盛り上がりました。

さて、明日はいよいよ・・・・!(つづく)         (じったん)

Simg_6432 S70819_029 S70819_065

                

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

富士山冒険学校 7日目

パラグライダーの日、幸い天気が曇りで順調にパラグライダーを上げることができました。
みんなめちゃくちゃ元気、スタッフより元気。

これまでなかなか見れなかった、子供たちの表現力、仲間意識、コミュニケーション能力が発揮してきています。今までは仲良しこよしのグループで固まって遊んでいたけど、みんなで助け合ったり、「思いやり」の光景が見られるようになりました。徐々に大きな家族になって、スタッフも驚くほど子供たちの変化に圧倒しています。

やっぱり自然での体験は人と人のつながりを深めるパワーを持っているな~とつくづく思います。

パラグライダーで思いっきり走り回った後にホールアースの近くの温泉で汗を流しました。温泉はやっぱり癒されますね~。

夕食後は、全員テントを変えの相談タイム。どんなメンバーになるんだろうか。
明日、めちゃくちゃ早く起きて、熱気球だ!そして夕方から待ちに待っていた、徹夜ハイク。今日はみんなぐっすりんこん。

毎晩、夜には何人かの子供たちは絵日記のを書いています、ご覧下さい。

(さやか)

Img_0669 P1040868 Img_0713
Img_0673 Img_0675_2 Img_0714
Img_0730 Img_0767 Img_0705
Img_0713_2 Img_0694 P1040932
P1040913 P1040899 Img_0897
Img_0892 Img_0893 Img_0898
Img_0899 Img_0900 Img_0763

| | コメント (3)

2007年8月18日 (土)

富士山冒険学校 6日目

  朝7時から着々とみんなが動き始めました。
朝ごはんは10時ぐらいに食べ、まだチームワークがなかなか出来ていなかったけれど、徐々に作る時間や周りとのコミュニケーションが出来てテキパキと動くようになりました。

チームで動く、チームで目的を達成すること、家で毎日料理を作ってくれるお父さんやお母さんへの感謝などに気づいてくれたらいいなあ~。
朝食をやっと作り終わり、食べた後は昼食の準備、その後は夕食作り、今日は朝から晩まで料理を作りまくり~。今日はぐっすり眠るでしょう!

(さやか)

Img_0511 Img_0531 Img_0550
Img_0575 P1040685 P1040723 P1040725
Img_0580 Img_0592 Img_0597
P1040727 P1040764 P1040782
Img_0612 P1040701 P1040748
P1040839

| | コメント (4)

2007年8月17日 (金)

富士山冒険学校 5日目

マスのつかみ取りと自給自足の日(サバイバルの日)のスタートの日。
今日も暑い、子供達も元気。

午前中はホールアースの上流を歩き、マスがつかめるところまで行き、漁協組合の人にマスのつかみ取りを教えてもらい、何と全員マスを自分達の力でつかむ事が出来ました!パチパチパチ~。途中で少し流れの強いところでは自然に大きい子たちが小さい子たちをサポートしている姿を見て感動!

「川の中で見えるマスは釣れない、岩の間に隠れているマスを狙うのがポイントだよ」、「自分の手の温度とマスの温度を同じにすれば捕まえられるよ」と名人の二言でみんな一斉に川へ中にもぐりまくり!。最高9匹つかめた子どもには驚き!

子ども達は自分の力でマスをつかむ事で命のありがたみ、川をいつまできれいにする意味などに気づいてもらえたかな?

ホールアースに戻った後はもちろん川とカヌーで遊びまくり~
午後はクジで引いてチームを4つに分け、新しく出来た仲間達と自給自足の日の説明を聞き、明日の3食メニューや役割分担などの打ち合わせをしました。焚き火をつける人、料理を作る人、食料を調達する人、ホールアースの野菜をもらえるために作業を行う人など、やることたくさん!ちょっとドキドキ、ちょっとワクワクな気持ちでスタート!
明日はどんな料理を作るのかな?楽しみだあ~!

(さやか)

Img_0378_2 Img_0395 Img_0445_2 P8170112_4
Img_0392 Img_0432 P1040598

P1040600 P1040667 Img_0453
 

| | コメント (0)

富士山冒険学校 4日目

   暑い日々が続く中、午前中は近所にある里山に行き、竹を切りに行きました。
竹は「施餓鬼」、地域の行事に参加するために松明を作りました。(子どもの日記をご覧あれ)みんな熱心に自分の松明を作り、その後、この暑さを涼むために芝川でたっぷり遊びました。
昨日の沢登りでだいぶ子どもたちは水に慣れ、自信を持ち、思いっきり遊んでいる姿が見えるようになりました。
寝る前に何人かは熱心に絵日記などをスケッチブックに書いています。その様子を写真でご覧下さい。
毎日晴れ、毎日元気、毎日安全なキャンプが続きますように…
(さやか)
P1040509 Img_0229 P1040521
Img_0251 Img_0253 Img_0290
Img_0294 Img_0314 Img_0344
Img_0346 P1040528_2

| | コメント (3)

2007年8月15日 (水)

富士山冒険学校 3日目

あっとゆうまに三日目。
今日もカンカン照りのいいお天気。

朝からは地元の紙すき名人のもとで和紙の紙すき体験。
名人がやっているのを見ると、簡単そうに見えるけど
自分でやってみると難しい~
名人の手を借りて、一人一人自分のハガキが完成しました。
できあがりが楽しみだなぁ

午後からは、あっついので、芝川の上流で沢登り!
ライフジャケットとヘルメットをつけて、装備万全。
川の中をみんなで協力して、岩を乗り越えながら
ざぶざぶ歩くのは、気持ちいい!

ゴール地点はとーってもきれいな青い淵。
そこで、8mの岩から飛び込みにチャレンジ!!
怖くて、なかなか踏み出すのをためらうけど、
勇気を出して…えいっと飛び込めば気分は最高!
何度も飛び込んでいる子もいました。

夜もまだまだ遊びます。お楽しみの肝だめし。
こわーい話を聞いた後に3人ずつでくらーい森
やお寺の近くを歩きます。

きゃー    うわ~
 
静かな夜に響く子供達の声。
実は一番怖かったのは、一人で暗闇の中、蚊に
刺されながら、子供達を待っていたおどかし役の
スタッフだったのかもしれません…

(なっち)

P1040410P1040495sP1040418_2
Img_0065sImg_0162Img_0130

| | コメント (6)

親子遊牧民キャンプ① 3日目

親子遊牧民キャンプ①【冒険編】3日目

あっと言う間に最終日。
楽しい時間はなんて速く過ぎるんだろう。

朝はのんびりモードで動物のお世話をし、
朝食後は荷物を整理し、宿泊した森の家を
しっかり掃除しました。
妥協を許さずしっかり清掃するお父さんの
背中はかっこよく、ほかの子供と楽しみながら
指示して一緒に掃除するお母さんは素敵でした。

片付け後は、こどもっちはクライミング、
大人は流しそうめんの竹作業。

クライミングは応援する声に後押しされ、
一番上に到達した子もいるほど、みんな体力を
めいいっぱい使い、気力を振り絞って楽しみました。

流しそうめんの竹筒作りは大人達の目は真剣!
子供に戻ったように夢中になっていました。

お昼になってついに流しそうめんがスタート!
ジ~っと集中して流れるそうめんを箸でキャッチ。
段々とお菓子などもながれてくるユニークなものと
なりました。

12時なると芝川町役場より終戦日を伝える
放送がながれ、1分間全員で黙祷。
全てが失われる戦争についてそれぞれの思いを
祈りました。
家族でキャンプができる平和をとても強く感じる
事ができた瞬間でした。

お別れの時。

みんなでこのキャンプを振り返りました。

発言するお母さん、お父さんの言葉に憧れや安心の表情を
浮かべる子供。
子供の発表に成長の過程を感じる親。

緊張がちょこっとあっても、とっても温かい雰囲気が
まわりを包んでくれました。

楽しませてもらったみんなに感謝、自然に感謝。

ありがとう!

そしてまたいつか。

(ジミー)

P1080002s1 P1080031s2 Img_1826s3

P1080048s4 P1080061s5 Img_1966s6

| | コメント (3)

富士山冒険学校 2日目

さてさて、待ちに待った富士冒が始まり最初の朝がやってきました~!
やっぱり皆、ちょー早起き!かと思いきや、朝はゆっくりスタート。

午前中にはナイフの使い方講習を行い、その後になんと「そば打ち」体験!!
自分たちの手で打った蕎麦を美味しくいただきました。

午後も晴れて、気温はドンドン上昇中。ん~、川、川に入りたいー!!
ドッポーン!っとターザンで遊んだり、スイー、スイーとカヌーに乗ったり
川でひんやりしながら大ハッスル!!

熱る体がクールダウンしたところで、今度は朝に学んだナイフを使って火おこし。
チームに分かれて起こしたその火で、今夜の夕食のチャパティーを焼きました。
食後のひと時はみんなで会議。未定な予定を決定にすべく議論が繰り広げられました。

風呂も入って、今日の汗もしっかり流れたところで、お休みなさーい!
皆、いい夢見てねー
(ポリッピー)

Img_1229s Img_1263s

Img_1299s P8140031s_2

Img_1312s Img_1325s

Img_1328s

| | コメント (4)

2007年8月14日 (火)

親子遊牧民キャンプ① 2日目

親子遊牧民キャンプ①【冒険編】2日目

快晴の富士山の空の下、2日目がスタートしました。

暑い日差しに早くも川へ飛び込みたい気分でしたが、まずは
楽しみの動物のお世話。上サイトの動物(メイ・ダン・キンタ
・ニワトリとチャボ達、うさぎ達)と下サイト(ヤギチーム)、
それにサンの散歩チームに分かれて動物たちの食事と小屋の
掃除をしました。

美味しそうにムシャムシャ食べているの見ると、こちらもお腹が空いてくる…。

朝食をお腹いっぱい残さず食べて、洞窟探検へしゅっぱつ・出発。

車で30分。牛さんのニオイのする大草原に着きました。
クマが言っていた縄文時代に出来たウズラ穴洞窟はどこだろう?

洞窟のにおいのする方へと進んでいくと、こんもりとした林の茂みから
冷たい風が吹いてくる。洞窟はココだ!

全長800mにも及ぶウズラ穴では、みんなで暗闇体験や洞窟の声を聞き、
その後希望者のみでこうもりの巣穴がある最深部まで、狭くなる溶岩の
通り道を探検。
こうもりは残念ながらたくさん見られなかったけど、地底での集合写真を
撮りました。

アイスとお昼を食べた後は、芝川の沢のぼり。魚さがしやダイビング、
幻の滝など川に果敢にチャレンジしました。

温泉などでのんびりし、チャパティカレーを食べた後はお楽しみの
キャンプファイアー。歌あり踊りあり、家族対抗などで思いっきり
弾けました!

今日はゆっくり休んで、明日の最終日も笑顔いっぱいに楽しもう!!

(ジミー)

P1070736 P1070756_2P1070731

P1070798 P1070816 P1070836

P1070864 P1070890 P1070913

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

富士山冒険学校 1日目

いよいよ2週間のキャンプがやってきた!!!
25人の子ども達とキャンプの始まり始まり!!!

今日はカンカンの陽射しでとっても暑かったです。
子ども達は小学校4年生から高校3年生まで年齢層が幅広く、
最初は子ども達同士緊張をほぐすためにアイスブレイクゲームを行い、
その後、動物達の世話をしました。

夕食の後、子ども達に「この2週間の間、何がしたい?」の質問に対して
富士山の自然をたっぷり味わいたい気持ちが強く、
みんなが一番期待していることはやっぱりパラグライダー、徹夜ハイクと
富士登山(怖いけどキモ試しも…)です。

今の段階で予定は未定!子ども達と相談をしながらスケジュールを
立てている最中です。

今日はペルセウス流星群がまだ見れるとの事で、星がきれいに見えるところまで
行ったけれど、雲がかかったため星はほとんど見れずに帰ってしまった。
(・・・もうちょっと遅ければ見えてたのに・・・)。

明日はスタッフより先に目が覚めませんようにグッスリ寝てくれるといいな~!

(ペルー)
Img_1090 P8130007s
Photo_3 Photo_4
Img_1185 Photo_7
1)イエイ俺達三人組!(後ろに怪しい背後霊が…) 2)動物のお世話
3)「サン枝を取り行け! 4)夕食をみんなで作る 5)星見えないよ~
6)重いよ~!

| | コメント (4)

親子遊牧民キャンプ① 1日目

親子遊牧民キャンプ①【冒険編】が始まりました!

参加者は15家族の43名。
ホールアースのキャンプ経験がある方が7割!と
それぞれ同窓会?と思わせる懐かしい雰囲気がありました。

一方で初めての参加の方々もワクワクドキドキの中、
家族自己紹介を大きな声でしていただき、
楽しい3日間を共に過ごす大きな輪ができあがりました。

スタッフのクマ、ラガー、わかぽん、ジミー、イノッチ、バイコ、
キキ(四季講座生)、おきょう(四季講座生)も大きな輪に加わり、
まずはホールアースの一番下まで行き、川遊び!

水着で川に飛び込むお父さんと子供達、カヌーで川に漕ぎ出すお母さん&
こどもっち、サワガニ観察するみんな等等、川を思いっきりエンジョイしました!

夕方からは熱気球!富士山が雲から時々顔を出してくれる野原のもとで、
全員で協力して暖かい空気を球皮に入れて、大きな大きな熱気球を空に浮かべました。

気球には子供たちから4人ずつ、大空に飛び立ち、鳥の気持ちになりながら、
大きな目で眼下のパノラマを見渡しました。

ただし自然は刻一刻と表情を変える。凪の時間にも関わらず、風が強く吹き込み、
熱気球をあげるには難しい状況となってしまいました。

大きな気球のほっぺが風でへこまされる中、何とかこどもっちを全員上げさせたところで、
お父さん、お母さんには残念でしたが、やむなく断念!これも自然の一部です…。
子供達の大きな経験はみんなの協力でなされたもの。
風さんに気球はやられたけど、みんなの絆は風なんかには負けませんでした。

1日目の出来事を振り返ると、川、熱気球、またどんな場面でもお父さん、お母さんの
協力をとても感じます。親子の笑顔いっぱいの中、その楽しみをみんなで味わおうと
縁の下になってくれる大人の方々の行動に、スタッフとしては頭の下がる思いです。

明日も笑いまくりまくって、楽しもう!!!

(ジミー)

P1070392

P1070475_2 P1070525 P1070526

P1070645P1070650_2P1070659_2

| | コメント (0)

2007年8月12日 (日)

遊牧民キャンプアドベンチャーコース5日目・

あっという間に最終日。

今日は帰るまでフリーチョイスで自由に遊びました。


川遊びをする子
魚釣りをする子
歌を歌う子
壁を登る子
落とし穴を作ってスタッフを落そうとする子・・・


思い思いの時間を過ごします。



お昼を食べたら
みんなとさようならです。


「このメンバーで集まるのはもうないかもしれないけど、
 今回出来た仲間を大切にね。また会おう!」


と、キャンプ長のラガーの言葉でお開きです。


41人の子どもと9人のスタッフで
おもいっきりアドベンチャーしました。


(おしまい)
ラガー


写真左)スタッフと楽しい食事
写真中)釣れたよー!!
写真右)お土産何にしようかな??
写真下)みんなまた会おうね!

Img_0933Img_0894Img_0965 Img_0935 

| | コメント (12)

2007年8月11日 (土)

遊牧民キャンプ:アドベンチャーコース:4日目

  祝! 熱気球立ち上げ成功。

昨日は、色々な不運に見舞われましたが、気合で早起き(5時)して、早朝の気球に挑戦。みんなの熱い想いで成功に導きました。

キャンプも4日目となるとスタッフも含めて、50名が大家族のように思えてくるから不思議です。

少し遅めの朝食を済ませた後に、富士山を一望できる山(紅葉台)登山へ。山の涼しい風を感じながら、夏の強い日差しに負ける事無く登頂に成功しました。

子ども達の満足そうな笑顔が印象的です。

夜は、子ども達主体のキャンプファイヤーで大盛り上がり!みんな笑顔、笑顔でキャンプの締めくくりです。

今回あらためて、子ども達のパワーを感じました。たった4日間でも、精神的にも肉体的にも成長するものなんですね。

明日で、キャンプも終わりです。楽しかったキャンプの夢をみながら、みんな爆睡することでしょう。

おやすみなさい。 ぴーまん

P1040270_5 P1040307_4 P1070247_4

| | コメント (0)

2007年8月10日 (金)

遊牧民キャンプアドベンチャーコース3日目

昨晩は雨のため森でのナイトハイクは行わず、スタッフによるお話会を森の中の施設内で開催しました。子どもたちが司会をし、子どもたちが決めたテーマをスタッフがアミダクジで引いて話をするというもの。恋話やら、ハズい(恥ずかしい)話やら、いろいろな話で盛り上がりました。

雑魚寝後の本日早朝。外には素晴らしい景色が待っていました。富士山がきれいに見える場所で集合写真をパシャ!

キャンプサイトに戻ってからは、自分達の好きなことをするフリーチョイスの時間です。
子どもたちの希望とスタッフができることを出しあいながら、午前・午後とすることを決めました。川遊び・カヌー、火起こし教室、ドラム缶風呂起こし、野遊び、動物とのふれあい、クライミング、ギターで歌作り、料理の準備などなど。

夕方の動物の世話をしたら、いよいよ熱気球の立ち上げに挑戦です!
しかし・・・。1回目、収まらない風によりうまく立ち上がらず再度チャレンジ。2回目、天井部分がはずれて再チャレンジ。そして願いをこめた3回目。しかし・・・、今度は機器の調子が悪くなりタイムアップ。今日の立ち上げは中止を余儀なくされました。

みんなで話し合った結果、登山の計画(登る山)を少し変更して、明日の早朝にまた熱気球に挑戦することにしました。どうか・・・上がりますように!! (いのっち)
写真左上から
1. 盛り上がった夜のお話会 2. みんなで雑魚寝しました 3. でっかい富士山をバックに集合写真
4. 火起こし教室 5. 川遊びとカヌー 6. 8mの壁のクライミング
7. 熱気球に風を送り込みます 8. 広げると大きいね~ 9. ものすごい熱い炎
01ohanashikai_2 02zakone_2 03nishiusu 04hiokoshi 05kawa 06climbing 07kikyu 08kikyu 09kikyu

| | コメント (4)

2007年8月 9日 (木)

遊牧民キャンプアドベンチャー2日目

キャンプ2日目、子ども達は朝から元気いっぱい!

しょうへいのビリー体操で体をあたためた後
樹海洞窟探検へ出発です。

富士山を横目に見ながら子ども達を乗せた車は青木ヶ原樹海の入口につきます。
樹海の中にはたくさんの洞窟が穴を開けていて
今回はラガーチームとぴーまんチームの2チームに分かれて
違うタイプの洞窟を探検しました。


「洞窟の奥までいくぞー」


子ども達と、ほふく前進をしながら頑張って奥まで到達しました。

たっぷり洞窟を楽しんだ後は樹海の散策です。
Nの形をした木や、いろんな樹海の面白い自然に会うことができました。


今日は夕食後、夜の富士山のナイトハイクをして
そのまま森の中の施設にみんなで外泊です。

シカやほかの動物達に会えるかなー??

(ラガー)


・にょきにょき氷が生えていたよ(左)
・ほふく前進だー(中)
・樹海の溶岩はどんな味???(右)
Img_0411 Img_0416 Img_0419

| | コメント (4)

2007年8月 8日 (水)

遊牧民キャンプアドベンチャー1日目

遊牧民キャンプアドベンチャーコースが始まりました!


今回は全国から子ども41人が集まりました。
スタッフはキャンプ長のラガーを始め、ぴーまん、いのっち、かあちゃん、
しょうへい、しんご、キム、にゃんの8人です。

富士山麓のホールアース自然学校に集合して、キャンプサイトにいくと
早速いのっちがアオダイショウを捕まえて一同大盛り上がり。

自己紹介の後、暑い夏を吹き飛ばせ!と
キャンプサイトの下を流れる芝川に飛び込みます。


「冷たい~」「気持ちいい~」


子ども達の歓声が溢れます。

たっぷりと川遊びとカヌーを楽しんだ後は
ホールアースの家族の一員の動物の世話です。
ロバ・ポニー・ヤギ・ニワトリ・ウサギ・そして犬の世話をみんなで分担して行います。

夕食のための火起こしも自分たちでやります。
薪割にも試行錯誤しながら、でもみんな興味津々です。

夕食後は近くのお寺できもだめし。
ラガーのこわーい話の後にお墓まで歩きました。



明日は青木ヶ原樹海の洞窟探検の後に
富士山の巨木の森のナイトハイクをして、そのまま森の中の建物に泊まる予定です。

明日も楽しみです。

(ラガー)


Img_0181 Img_0324 Img_1777

| | コメント (2)

2007年8月 6日 (月)

遊牧民ジュニアキャンプ3

今日はいよいよ最終日。
子どもたちは朝早くから元気に走り回っていました。

テントの荷物を片付けて、よし、思いっきり遊ぶぞー!!

野原を走り回ったり、ヤギとふれあったり、ツリーハウスで
遊んだり…最後までたっぷり遊びました。

ご飯を食べた後はいよいよお別れ。つい2日前に出会った37人
の仲間。キャンプが終わる頃にはたくさんの思い出と友達が
できたね。

遊牧民ジュニア3キャンプに参加してくれたみんな、
またみんなに会えるといいね~
(なっち)


P1040144 P1040155
P1040176 P1040211

| | コメント (10)

遊牧民キャンプ③  2日目

P1040071_2  遊牧民キャンプの2日目は、朝に動物の世話。
2日目になると、子ども達も慣れた手つきで、
頼もしいかぎりです。

今回のキャンプで、目玉である洞窟探険を実施!
洞窟には昔からの言い伝えが・・・。
中には泣き出す子が出る一幕もあり、普段経験
できないお土産を持って帰る筈です。

夜には、ホールアース恒例のカレーとチャパティーで、
お腹を満たした後にキャンプフャイヤー!!
みんな我を忘れて楽しんでいました。
P1040023
たった、2日間でも子どもは大きく成長するものですね。
あらためて実感しました。

さあ!あと1日ですが、明日もめいっぱい遊ぼう!

ぴーまん

| | コメント (0)

2007年8月 4日 (土)

遊牧民ジュニアキャンプ3 1日目

はじまりました、遊牧民キャンプジュニア3コース!
37人の仲間がホールアースに集まりました。

今日は曇り空ですが、あっつくて、川遊びにはちょうどいい!
自己紹介やテントへの荷物運びをすませたら、早速川へ
じゃっぼーん!!
芝川の水は冷たくて気持ちい~
カヌーを漕いだり、冷たい水の中をじゃぶじゃぶ泳いだり、
ターザンロープにぶらーんとぶらさがったり、川を満喫しま
した。

夕方からは動物のお世話とお料理のお手伝い。ロバやポニー
にエサをあげたり、お掃除をしたり…キャンプでは動物も
仲間です。

夜はお楽しみのナイトハイク。夜の自然は不思議がいっぱい!
田んぼ道を歩いて、途中電気を消してみると、すーっと動く
光が…蛍が小さな光を輝かせて飛んでいました。
沢ガ二や蛙、イモリなどたくさんの生き物を発見しました。
夜の静寂の中、耳をすませてみると…ゲコゲコゲコ、リーリー
…生き物達の声が聞こえてきます。
普段はなかなか感じることが少ない夜の自然を体験しました。

さぁ、ぐーっすり寝て、明日も元気よく遊ぼうっ!
(なっち)
Imgp0453 Imgp0466 Imgp0473
P8040029 P8040067

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年10月 »